おすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの出来高で国内ナンバーワン。ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど6種類の取引が可能。

>>詳細はこちら

coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)はビットコイン取引量ナンバーワン。国内最多13種類の仮想通貨を取引可能。Coincheckでしか取引できない仮想通貨も多数。

>>詳細はこちら

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.cc(ビットバンク)はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコイン、ビットコインキャッシュの取引が可能。チャート分析も充実。

>>詳細はこちら

企画一覧

コラム一覧

最新の投稿


DMM Bitcoinがサービスを開始。1000円プレゼントキャンペーンも

DMM Bitcoinがサービスを開始。1000円プレゼントキャンペーンも

DMMグループの株式会社DMM Bitcoinは、2018年1月11日より仮想通貨取引サイト「DMM Bitcoin」の取引サービスを開始しました。取引サービススタートを記念し、1,000円をプレゼントするキャンペーンも実施されています。


【2018年1月11日】仮想通貨相場は全体的に下落。原因は?

【2018年1月11日】仮想通貨相場は全体的に下落。原因は?

1月11日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコイン、アルトコインともに10%くらいの下落です。高騰を続けていたイーサリアムも下落していて、久しぶりの全面安といった感じです。


【連載企画(Vol.7)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.7)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


2018年注目の「ライトニングネットワーク」とは

2018年注目の「ライトニングネットワーク」とは

2018年のビットコイン界隈を賑わせそうなキーワードに「ライトニングネットワーク」があります。一度は聞いたことがある言葉かもしれませんが、よく分からない方も多いでしょう。ライトニングネットワークについて解説します。


米コダックが「コダックコイン」のICOと仮想通貨マイニング開始を発表

米コダックが「コダックコイン」のICOと仮想通貨マイニング開始を発表

写真用品メーカーとして有名な米コダックが、「コダックコイン」のICOと仮想通貨マイニング開始を発表しました。コダックは2012年に破綻しましたが、法人向け商業印刷を柱にして再建し、2013年にニューヨーク証券取引所に再上場しています。


イタンジ、ビットコインで不動産売買ができる「HEYAZINE COIN」をリリース

イタンジ、ビットコインで不動産売買ができる「HEYAZINE COIN」をリリース

イタンジ株式会社は、2018年1月10日より仮想通貨ビットコインで不動産の売買ができる新サービス「HEYAZINE COIN(ヘヤジンコイン)」を開始しました。現在取り扱いの物件は7物件あり、2018年9月までに物件掲載数1000件、取引数300件を目指すようです。


【2018年1月10日】リップル(XRP)下落、イーサリアム(ETH)が上昇

【2018年1月10日】リップル(XRP)下落、イーサリアム(ETH)が上昇

1月10日の仮想通貨相場は、下落している種類が多いです。リップル(XRP)は300円を割り250円台まで下落しています。NEMも10%以上の下落です。そんな中高騰しているのがイーサリアムです。連日過去最高価格を更新していて、17万円台になりました。


1,000円を割ったモナコイン(MONA)、2018年の相場は?

1,000円を割ったモナコイン(MONA)、2018年の相場は?

2017年、国内で取引できる仮想通貨の中で最も高い上昇率を記録したのが、モナコインです。約2円から2,000円台に上昇したので、1,000倍程上昇したことになります。2018年はどのような相場になるのでしょうか。


BITPoint(ビットポイント)がライトコインとリップルの取り扱いを開始

BITPoint(ビットポイント)がライトコインとリップルの取り扱いを開始

仮想通貨取引所のBITPoint(ビットポイント)が、ライトコインとリップルの取り扱いを開始します。ライトコインは2018年1月14日(日)から、リップルは2018年2月18日(日)から取引開始予定です。


ネクストカレンシーの仮想通貨取引所「cointap(コインタップ)」が事前登録を開始

ネクストカレンシーの仮想通貨取引所「cointap(コインタップ)」が事前登録を開始

DMMグループである株式会社ネクストカレンシーは、今春公開予定の仮想通貨取引所「cointap(コインタップ)」の事前登録を開始しました。また、仮想通貨交換業者の登録申請を関東財務局へ提出し、受理されたようです。


【2018年1月9日】上昇トレンドは継続しそうな仮想通貨相場

【2018年1月9日】上昇トレンドは継続しそうな仮想通貨相場

1月6日~8日までの3連休は仮想通貨相場に大きな変化はありませんでしたが、1月9日は変動の激しい展開になっています。ビットコイン価格は一時170万円台まで下落しましたが、現在は190万円台に回復しました。アルトコインではイーサリアムが上昇していて時価総額2位に回復しました。


ニューヨーク証券取引所がビットコインETFの上場申請

ニューヨーク証券取引所がビットコインETFの上場申請

ニューヨーク証券取引所がビットコインETFの上場に向け、米証券取引委員会(SEC)に認可を申請したことがBUSINESS INSIDERの報道でわかりました。


bitFlyer(ビットフライヤー)、1月中に新規アルトコインの取り扱いを開始か

bitFlyer(ビットフライヤー)、1月中に新規アルトコインの取り扱いを開始か

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、1月中に新規アルトコインの取り扱いを開始する可能性があることがわかりました。bitFlyer社代表の加納氏がtwitterで言及しました。


ビットコイン価格が200万円に回復。潮目が変わるか

ビットコイン価格が200万円に回復。潮目が変わるか

2018年1月6日、ビットコイン価格が約2週間ぶりに200万円台に回復しました。12月からアルトコインの高騰が続き、ビットコイン価格は低調な推移をしていましたが、潮目は変わるのでしょうか?


【2018年】仮想通貨ランキング。時価総額トップ10通貨の特徴や価格推移

【2018年】仮想通貨ランキング。時価総額トップ10通貨の特徴や価格推移

仮想通貨は価格と供給量を掛けて時価総額が算出されています。2018年1月現在、仮想通貨の種類は1,400種類を超えており、時価総額のランキングは価値や将来性を判断する一つの基準となっています。2018年最新の仮想通貨ランキングを紹介します。


GMOクリック証券提供のTBS「ビジネスクリック」が新春特番。仮想通貨も大特集

GMOクリック証券提供のTBS「ビジネスクリック」が新春特番。仮想通貨も大特集

GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社が一社提供するTBSテレビの深夜・経済情報番組「ビジネスクリック」は、2018年1月5日(金)深夜1時より、新春特番「ビジネスクリック2018キックオフスぺシャル」を放送します。仮想通貨も大特集するようです。


【2017年12月】仮想通貨の価格上昇率ランキング

【2017年12月】仮想通貨の価格上昇率ランキング

2017年12月の仮想通貨相場は11月に続き高騰しました。ビットコインが100万円から一気に200万円を突破し注目を集めましたが、主役はアルトコインだったと言えるでしょう。


【2018年1月5日】リップル(XRP)とNEM(XEM)が下落。リップルのコインベース上場は実現せず

【2018年1月5日】リップル(XRP)とNEM(XEM)が下落。リップルのコインベース上場は実現せず

1月5日の仮想通貨相場は、堅調な推移をしていています。ビットコインは180万円台に回復し、アルトコインではイーサリアムやAugurが10%くらい上昇していて好調です。しかし、昨日高騰したリップル(XRP)とNEM(XEM)は下落しています。


仮想通貨の時価総額。1兆ドル達成は近いか

仮想通貨の時価総額。1兆ドル達成は近いか

2018年1月4日、仮想通貨全体の時価総額が7,500億ドルを超えました。時価総額は2017年11月から急拡大しており、2ヶ月で約4倍になっています。このペースが続けば、1兆ドルを超える日も近いかもしれません。


DMM.com、仮想通貨のマイニングに向け、マシン研究開発チームを新設

DMM.com、仮想通貨のマイニングに向け、マシン研究開発チームを新設

株式会社DMM.comは、仮想通貨のマイニングに用いるマイニングマシンの研究、開発を行う研究開発チームの「DMMマイニングラボ」を新設したことを発表しました。