おすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの出来高で国内ナンバーワン。ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど5種類の取引が可能。

>>詳細はこちら

coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)はビットコイン取引量ナンバーワン。国内最多13種類の仮想通貨を取引可能。Coincheckでしか取引できない仮想通貨も多数。

>>詳細はこちら

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.cc(ビットバンク)はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコイン、ビットコインキャッシュの取引が可能。チャート分析も充実。

>>詳細はこちら

最新の投稿


ビットコイン価格が40万円を突破。45万円を超え50万円に近づく

ビットコイン価格が40万円を突破。45万円を超え50万円に近づく

2017年8月12日、ビットコイン価格が40万円を突破しました。つい最近更新した過去最高価格をまた更新したことになります。ビットコインの価格推移や出来事をまとめて紹介します。


bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

大手取引所のbitFlyerではビットコインからハードフォークして誕生したBitcoin Cash(BCH)を取り扱っています。アルトコイン販売所とbitFlyer Lightningの2通りの売買方法があり、それぞれの特徴ややり方を紹介します。


UNICEF(ユニセフ)がイーサリアム活用へ向け実験

UNICEF(ユニセフ)がイーサリアム活用へ向け実験

UNICEF(ユニセフ)関連のUNICEF Venturesは、仮想通貨イーサリアムのスマートコントラクトを活用し、資金移動に関する実験を行うことを発表しました。寄付においては、自身の寄付金がどのように使われているのか不透明な部分がありますが、全ての活動を見ることができるようになり、透明性の高い運用が期待できます。


coincheck(コインチェック)がFintech事業者への投資を開始

coincheck(コインチェック)がFintech事業者への投資を開始

仮想通貨取引所coincheckを運営するコインチェック株式会社は、Fintech事業を開発・運営する法人・個人を対象に、投資育成を通じて支援する「Coincheck investment program」を開始したことを発表しました。1件当たり最大5,000万円程度を目安に投資を行うようです。


仮想通貨の「損切り」について。投資スタイルを決めよう

仮想通貨の「損切り」について。投資スタイルを決めよう

損切りとは名前の通り、含み損が出ている銘柄を売却して損失を確定することです。レバレッジ取引においては損切り基準を必ず決めておく必要があります。現物取引では、投資スタイルによって変わってきます。


イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始

イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始

今秋オープンする決済方法に暗号通貨イーサリアムを採用した独自のクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」を運営するbacoor株式会社は、「REAL BOOST」の受援者募集を開始したことを発表しました。受援者とは「REAL BOOST」を用いて支援を受ける人のことです。


coincheckとZaifでもBitcoin Cashへの対応が開始。価格の変化は?

coincheckとZaifでもBitcoin Cashへの対応が開始。価格の変化は?

coincheckでBitcoin Cashの送金対応が始まり、Zaifで取引が開始されました。これにより国内主要取引所はBitcoin Cashへの対応をほぼ終えたことになります。Bitcoin Cashの価格は予想通り下落しましたが、ビットコインの価格は上がっており、少し大方の予想とは違う結果となりました。


coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデートされました。元々シンプルな画面と使いやすさから好評を集めていましたが、ローソク足とBTC建チャートも加わり、さらに便利になりました。


おすすめの仮想通貨は自分で決める。人を頼るリスク

おすすめの仮想通貨は自分で決める。人を頼るリスク

仮想通貨は1,000種類以上あります。国内取引所だけでも13種類扱っており、どれに投資するかの判断は難しいものです。おすすめの仮想通貨が紹介されていることも多いですが、他人の意見や情報だけで購入を決めることは危険です。自分で考えた上で決めることが重要になります。


【2017年8月10日】Bitcoin Cashを売却、Ripple購入。お盆休みで仮想通貨相場はどうなる?

【2017年8月10日】Bitcoin Cashを売却、Ripple購入。お盆休みで仮想通貨相場はどうなる?

8月10日は前日とあまり変化のない状況ですが、NEMにまた新しい材料が出て上昇しているのと、Augurが好調です。Bitcoin Cashはしばらく保有しておこうと思っていましたが、アルトコインが下がっていたので売却してRipple(リップル)を購入しました。


NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドがXEMやCOMSAトークンに直接投資

NTVP、フィスコ、ABBALabのファンドがXEMやCOMSAトークンに直接投資

NTVP、フィスコ、ABBALabの3社は、ビットコインやXEM(NEM)といった仮想通貨に加え、テックビューロとそのICO顧客が「COMSA」ソリューションを用いて発行するトークンに対しても直接投資を開始することを発表しました。


【マーケットコメント】BTC価格上昇の特徴とは

【マーケットコメント】BTC価格上昇の特徴とは

2回目となる現役ディーラーによるBTCレポートをお届けします。8月から価格が急上昇したBTCですが、大相場入りとなるのでしょうか。BTCは8月1日の分裂を経て再び上昇に転じました。中国のマイニングプールにより誕生したBCHの需要がそれほど伸びず、BTCに換金する動きから一気に390,000円台まで突入しました。


旺方トレーディングがビットコイン決済システムを導入。BtoBでも普及するか

旺方トレーディングがビットコイン決済システムを導入。BtoBでも普及するか

中古農機具輸出の旺方トレーディングは、海外のバイヤーとの決済にビットコインを導入すると日本経済新聞が報道しました。村式が開発した仮想通貨の取引システム「&go(アンドゴー)」を活用するようです。BtoBでの導入は珍しく、注目が集まります。


仮想通貨取引所のカスタマーサポート。電話対応もできる?

仮想通貨取引所のカスタマーサポート。電話対応もできる?

仮想通貨取引所を利用する上で気になるのがカスタマーサポートではないでしょうか。投資自体初めての方は尚更です。仮想通貨取引所のカスタマーサポートはFXなどに比べ充実しているとは言えません。FXであれば電話サポートは当たり前ですが、仮想通貨取引所で対応していることは少ないです。


イーサリアム価格が急回復。Bitcoin Cash効果?OmiseGOのAirdropにも注目

イーサリアム価格が急回復。Bitcoin Cash効果?OmiseGOのAirdropにも注目

イーサリアム価格が急回復しています。8月5日に2.5万円だった価格は9日に3.5万円を超えました。3.5万円に達したのは6月下旬以来で、高値だった水準に戻ったと言えるでしょう。Bitcoin Cash⇒ビットコイン⇒イーサリアムといった動きが考えられます。


【2017年8月9日】Ethereum(イーサリアム)などアルトコインが高騰

【2017年8月9日】Ethereum(イーサリアム)などアルトコインが高騰

8月9日は高騰を続けていたビットコインやNEMの動きが落ち着いて、Ethereum(イーサリアム)などのアルトコインが高騰しています。特にEthereum、Augur、Zcashなどの伸び率が大きいです。


仮想通貨取引所への最低入金額は?設定されている?

仮想通貨取引所への最低入金額は?設定されている?

仮想通貨を取引するには取引所に口座開設後、日本円を入金する必要があります。株式投資などではまとまった金額が必要になりますが、仮想通貨は1円単位から取引できるため、最低入金額などは設定されていません。まずは少額でリスクを抑えて投資することができます。


Wikileaks(ウィキリークス)がZcashの受け入れを開始。

Wikileaks(ウィキリークス)がZcashの受け入れを開始。

匿名により政府、企業などに関する機密情報を公開するウェブサイトであるWikileaks(ウィキリークス)が、Zcashの寄付受け入れに対応したとcoindeskが報じました。ビットコイン、ライトコインに次ぐ支払いオプションになります。


20代からの仮想通貨投資

20代からの仮想通貨投資

投資はある程度資産に余裕のある30代以降、あるいは退職金などを充てるケースが多いですが、できることなら20代から経験しておいた方がいいです。時間的なメリットがあることに加えて、失敗を取り戻せる可能性が高くなる点も大きいです。


仮想通貨の時価総額が過去最高(約1,160億ドル)を更新。各通貨のシェアは?

仮想通貨の時価総額が過去最高(約1,160億ドル)を更新。各通貨のシェアは?

仮想通貨全体の時価総額が過去最高(約1,160億ドル)を更新し、1,170億ドルまで拡大しました。8月以降急激な拡大をしており、資金流入が増加し相場が上昇していることを感じさせます。各通貨のシェアと併せて紹介します。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

人気記事ランキング


>>総合人気ランキング