おすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの出来高で国内ナンバーワン。ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど6種類の取引が可能。

>>詳細はこちら

coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)はビットコイン取引量ナンバーワン。国内最多13種類の仮想通貨を取引可能。Coincheckでしか取引できない仮想通貨も多数。

>>詳細はこちら

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.cc(ビットバンク)はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコイン、ビットコインキャッシュの取引が可能。チャート分析も充実。

>>詳細はこちら

最新の投稿


マネーフォワードとCAMPFIREが資本業務提携

マネーフォワードとCAMPFIREが資本業務提携

家計簿アプリなどで有名な株式会社マネーフォワードと、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営する株式会社CAMPFIREが、資本業務提携を行いました。既存サービスの拡大を目指す他、新サービスの共同開発を検討していくようです。


ビットコインでよく聞く「ハッシュ」とは

ビットコインでよく聞く「ハッシュ」とは

ビットコインにはさまざまな技術が使われていますが、「ハッシュ」はよく登場する言葉です。特にマイニングにおける説明では必ず登場します。今回はこのハッシュについて、なるべく技術的な要素を抜きに紹介します。


4つのビットコインとアルトコインの今後

4つのビットコインとアルトコインの今後

8月にビットコインからハードフォークを行いビットコインキャッシュが誕生しましたが、新たにビットコインゴールドとB2X(SegWit2x)が誕生する可能性が出てきています。これらのコインが誕生した場合、仮想通貨市場はどうなっていくのでしょうか。


【2017年10月11日】ビットコイン価格が55万を突破。アルトコイン価格も堅調。

【2017年10月11日】ビットコイン価格が55万を突破。アルトコイン価格も堅調。

10月11日の仮想通貨相場は、ビットコインが深夜に55万円まで上昇しました。また、複数のアルトコインが上昇しています。リップル、NEM、LISK、Factomなどの上昇率が高いです。NEMは韓国Metaps Plusの取引所「Coinroom」に上場することが決定しました。


11月にハードフォークが予定される「SegWit2x(B2X)」とは何なのか

11月にハードフォークが予定される「SegWit2x(B2X)」とは何なのか

11月にビットコインのハードフォークが予定されています。そこで登場するキーワードがSegWit2x(B2X)です。以前からよく出てきているキーワードですが、SegWit2x(B2X)とは何なのか、なぜ11月にハードフォークするのかなどを解説します。


COMSAトークンのICO登録方法や購入方法

COMSAトークンのICO登録方法や購入方法

2017年10月2日からCOMSAトークンのICO(トークンセール)が開始されました。ICOは11月6日まで開催されています。既に購入した方もまだ迷っている方もいるかと思いますが、参考としてCOMSAトークンのICO登録方法や購入方法を紹介します。


仮想通貨のフラッシュクラッシュとは。

仮想通貨のフラッシュクラッシュとは。

フラッシュクラッシュとは瞬間的に価格が急落することです。株式市場においても起きる現象ですが、仮想通貨の場合はサーキットブレーカー制度などがなく、流動性も低いため、顕著なフラッシュクラッシュを起こすケースがあります。


DG Lab、ビットコインのブロックチェーン上で独自仮想通貨を発行できる汎用フレームワークを開発

DG Lab、ビットコインのブロックチェーン上で独自仮想通貨を発行できる汎用フレームワークを開発

株式会社デジタルガレージ、株式会社カカクコム、株式会社クレディセゾンの3社が運営する研究開発組織「DG Lab」は、ビットコインに用いられているブロックチェーン上で独自仮想通貨を発行できる決済システムに向けた汎用フレームワークを開発しました。


【2017年10月10日】ビットコイン高騰で過去最高価格に迫る勢い。アルトコインは全面下げ

【2017年10月10日】ビットコイン高騰で過去最高価格に迫る勢い。アルトコインは全面下げ

10月10日の仮想通貨相場はビットコインの一人勝ち状態になっています。ビットコイン価格は54万円台まで上昇しました。アルトコインは全体的に下落していて、好調だったリップルも下落しています。


単純売買だけでない。仮想通貨の特殊な投資方法

単純売買だけでない。仮想通貨の特殊な投資方法

投資は安く買って高く売ることが基本です。仮想通貨投資においてもこれが最もシンプルな方法になります。ただ、他にも特殊な投資方法が複数存在します。中には仮想通貨ならではの投資方法もありますので、挑戦してみてもいいかもしれません。


みんなのビットコインの口座開設・本人確認・入金方法。

みんなのビットコインの口座開設・本人確認・入金方法。

みんなのビットコインはFX取引大手のトレイダーズホールディングスの子会社にあたる仮想通貨取引所です。2017年3月30日よりサービスを開始しています。みんなのビットコインの口座開設・本人確認・入金方法を紹介します。


bitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行

bitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行しました。バンドルカードで有名な株式会社カンムと提携し提供します。ビットコインを円建てチャージでき、VISA加盟店で利用することができます。


【2017年10月9日】ビットコイン51万円、リップル30円突破

【2017年10月9日】ビットコイン51万円、リップル30円突破

10月9日の仮想通貨相場はビットコインとリップルが好調です。ビットコインは51万円台、リップルは30円を突破し31円まで伸びました。ビットコインとリップルは土日も落ちることなく伸び続けています。


仮想通貨のホワイトリスト。多くが認められる結果に

仮想通貨のホワイトリスト。多くが認められる結果に

2017年9月29日、金融庁から仮想通貨交換業者登録の発表がありました。第一弾として11社が認可され、各社が取り扱う仮想通貨も発表されました。これらの仮想通貨が以前から話題になっていた俗に言うホワイトリストになります。


モナコイン(MONA)価格が高騰。bitFlyer上場がきっかけか

モナコイン(MONA)価格が高騰。bitFlyer上場がきっかけか

10月7日~8日にかけてモナコイン(MONA)価格が高騰しました。Zaifでは98円、bitFlyerでは120円程を記録しています。10月初めにbitFlyerにモナコインが上場したことが影響しているかもしれません。


仮想通貨の大口取引は相対取引(販売所)が向いている理由

仮想通貨の大口取引は相対取引(販売所)が向いている理由

仮想通貨取引は大きく相対取引と取引所取引があります。相対取引は販売所、取引所取引は取引所と呼ばれています。どちらもメリット・デメリットがありますが、大口取引は相対取引(販売所)の方が向いており、使いやすいです。


メタップスの「タイムバンク」がCOMSAでICOの実施を検討

メタップスの「タイムバンク」がCOMSAでICOの実施を検討

株式会社メタップスは、時間を10秒単位で売買できる時間取引所「タイムバンク」に関して、テックビューロ株式会社が提供するICOソリューション「COMSA」を用いたICOを検討開始しました。早ければ年内、遅くとも来年夏までの実施を協議するということです。


AnyPayのICOコンサルティング、BreadとDrivezyの2社がICO実施を発表

AnyPayのICOコンサルティング、BreadとDrivezyの2社がICO実施を発表

AnyPay株式会社がICOコンサルティングを実施した仮想通貨ウォレットアプリを開発・運用するBread(ブレッド)と自動車・二輪車のシェアリングプラットフォームを提供するDrivezy(ドライブジー)の2社がICOを実施することを発表しました。


【ビットコイン(BTC)10月前半の展望】テクニカルの天王山

【ビットコイン(BTC)10月前半の展望】テクニカルの天王山

10月前半のビットコイン(BTC)相場展望をお届けします。上昇トレンドが継続したBTC/JPYは500,000円を目前に一服を迎えました。


【2017年10月6日】ビットコイン・アルトコインともに上昇。リップルは連日の上昇

【2017年10月6日】ビットコイン・アルトコインともに上昇。リップルは連日の上昇

10月6日の仮想通貨相場はビットコイン・アルトコインともに上昇しています。ビットコインは5%くらい上昇して49万円台、アルトコインは10%以上上昇している種類もあります。リップルも昨日に引き続き価格を上げています。