おすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの出来高で国内ナンバーワン。ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど6種類の取引が可能。

>>詳細はこちら

coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)はビットコイン取引量ナンバーワン。国内最多13種類の仮想通貨を取引可能。Coincheckでしか取引できない仮想通貨も多数。

>>詳細はこちら

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.cc(ビットバンク)はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコイン、ビットコインキャッシュの取引が可能。チャート分析も充実。

>>詳細はこちら

最新の投稿


BITPointの送金方法。JPY指定もできてわかりやすい。

BITPointの送金方法。JPY指定もできてわかりやすい。

BITPointは数少ない上場企業系の仮想通貨取引所として2016年からサービス提供をしています。豊富な通貨ペアでの取引やMT4を利用した取引ができ、上級者の支持を集める取引所です。今回はそんなBITPointの送金方法を紹介します。即時処理され、JPY指定もできるようになっています。


イーサリアムの価格変動は関連プロジェクトにも注目を

イーサリアムの価格変動は関連プロジェクトにも注目を

イーサリアムはスマートコントラクトが特徴の仮想通貨です。ビットコインに次ぐ仮想通貨として地位を確立しています。イーサリアムのプラットフォームでは、Augurなど有望なプロジェクトが複数動いており、価格変動した際はそうした仮想通貨にも注目したいです。


ビットコインの各国通貨ごとの価格を比較。

ビットコインの各国通貨ごとの価格を比較。

ビットコインは各国通貨ごとに価格が異なります。BTC/JPY、BTC/USDなどそれぞれの通貨ごとの需要と供給により価格が決まるためです。価格変動のトレンドはほぼ一緒ですが、通貨ごとに結構価格差が出る特徴があります。


coincheckで投資すべき仮想通貨とは?

coincheckで投資すべき仮想通貨とは?

coincheckは国内の取引所で最多の12種類の仮想通貨を扱っています。ビットコインとイーサリアム以外の通貨は聞いたことがない場合も多いでしょう。今回はcoincheckで扱う12種類の仮想通貨を特徴別に分けて紹介します。


ビットコインはいくらから買える?適正な投資金額は?

ビットコインはいくらから買える?適正な投資金額は?

ビットコイン価格が20万円を突破、30万円を突破と価格上昇の話題が尽きませんが、価格が上昇する度に買いづらくなるなと感じる方は少なくないでしょう。ビットコインは1BTC単位で価格が語られるため、1BTC単位からしか購入できないと思っている方も多いです。ですが、ビットコインはいくらからでも購入できます。


coincheckの送金方法。ビットコイン以外も送金可能。

coincheckの送金方法。ビットコイン以外も送金可能。

coincheckは国内大手の取引所で、豊富な種類の仮想通貨を扱っています。ビットコイン以外にもイーサリアムやリップル、Augurなどの送金が可能です。coincheckの送金方法や時間、手数料などをまとめて紹介します。


LISK(LSK)価格が200円台に急騰。イーサリアムの関連買いか

LISK(LSK)価格が200円台に急騰。イーサリアムの関連買いか

5月24日、LISK(LSK)価格が200円を突破しました。19日から上昇基調になりましたが、この時点では70円台だったため、わずか数日で3倍の価格が付いたことになります。LISKはイーサリアムと同じスマートコントラクトが特徴の仮想通貨なので、イーサリアムの関連買いの可能性があるかもしれません。


ビットコインの現物取引とは?他にどんな取引がある?

ビットコインの現物取引とは?他にどんな取引がある?

ビットコインは大きく現物取引とレバレッジ取引があります。現物取引と言われると難しく感じますが、通常の取引のことを現物取引といいます。持っている資金やビットコインの範囲内で売買をします。対するレバレッジ取引は差金決済(FX)、信用、先物などの種類があり、自己資金以上の取引ができます。


ビットコイン価格は2017年予想を上回る勢い。2,000ドルを既に突破。

ビットコイン価格は2017年予想を上回る勢い。2,000ドルを既に突破。

2017年を迎える前、有識者や投資家が2017年のビットコイン価格を予想していました。さまざまな予想がありましたが、最も多かったのが2,000ドルです。しかし、ビットコイン価格は半年を迎えず2,000ドルを突破し、3,000ドルを目指す展開となっています。


ビットコインは寄付に向いている?具体的な支援方法はある?

ビットコインは寄付に向いている?具体的な支援方法はある?

ビットコインは手数料が安いため、マイクロペイメント(少額決済)に向いていると言われます。ビジネス的な利用はもちろんですが、注目されている用途として寄付があります。ビットコインは国境もないので、グローバルに少額から寄付をすることができます。


イーサリアムクラシック(ETC)の価格推移。2017年で約10倍に。

イーサリアムクラシック(ETC)の価格推移。2017年で約10倍に。

イーサリアムクラシック(ETC)はイーサリアム(ETH)のハードフォークによって派生して誕生した仮想通貨です。基本的な特徴はイーサリアムと変わりません。価格もイーサリアムと似たような推移を辿る傾向があり、2017年で約10倍の上昇を記録しています。


BITPointでビットコインやイーサリアムを売買する方法。

BITPointでビットコインやイーサリアムを売買する方法。

BITPointは東証マザーズに上場するリミックスポイントの子会社として2016年に設立された仮想通貨取引所です。現物取引に加え、最大レバレッジ25倍のレバレッジ取引ができ、豊富な通貨ペアでの売買が可能になっています。今回はBITPointでビットコインやイーサリアムを売買する方法を紹介します。


Zaifの送金は早い?他の取引所へビットコインを送金した結果

Zaifの送金は早い?他の取引所へビットコインを送金した結果

Zaifは国内大手の仮想通貨取引所です。ビットコイン、NEM、モナコインを扱っており、全ての通貨が送金可能となっています。Zaifの送金は早く、すぐに処理されるのが特徴です。今回はZaifでの送金方法を紹介します。


ビットコインの普及状況。今はどの段階?

ビットコインの普及状況。今はどの段階?

ビットコインに投資をする方が増加しています。特に2017年4月以降は法律が改正されたこともあり、急増している状況です。主要な新聞やテレビでも取り上げられることが多くなってきていますが、現状のビットコイン普及状況はどの程度なのでしょうか?


JPモルガンとの連携を受け、Zcash(ZEC)価格が急騰。

JPモルガンとの連携を受け、Zcash(ZEC)価格が急騰。

2017年5月22日~24日までの間、ニューヨークで仮想通貨のカンファレンスが開催されています。主要な仮想通貨の関係者が登壇し、プレゼンが行われるということで非常に注目を集めています。この中で世界最大の銀行であるJPモルガンがZcashとの連携を発表し、Zcash価格が急騰しています。


仮想通貨「Siacoin(シアコイン)」とは。ストレージの空き容量を貸し出せる?

仮想通貨「Siacoin(シアコイン)」とは。ストレージの空き容量を貸し出せる?

Siacoin(シアコイン)は2015年に公開された仮想通貨です。通貨単位はSCと表記されます。ストレージの空き容量を貸し出し、対価としてSiacoin(SC)を受け取ることができます。貸し出す人だけでなく、利用者も従来よりも安価に使用することが可能です。


bitFlyerがイーサリアムの販売所を開設。日本円での売買が可能に。

bitFlyerがイーサリアムの販売所を開設。日本円での売買が可能に。

bitFlyerがイーサリアムの販売所を開設しました。これまではbitFlyer Lightning内でビットコイン建てでしか取引ができませんでしたが、日本円での売買が可能になりました。bitFlyerのイーサリアム販売所の使い方などを中心に紹介します。


coincheckでレバレッジ取引を実践。手順を紹介。

coincheckでレバレッジ取引を実践。手順を紹介。

大手取引所のcoincheckでは、最大5倍のレバレッジ取引ができます。日本円を証拠金にして、ロング(買い)やショート(売り)をすることが可能です。coincheckの場合、レバレッジ口座は別管理となるため、まずは振替が必要です。取引の手順を紹介します。


LCCのピーチがビットコイン決済を導入。国内航空会社で初

LCCのピーチがビットコイン決済を導入。国内航空会社で初

格安航空会社(LCC)であるPeach Aviation(ピーチ・アビエーション)は国内の航空会社として初めてビットコイン決済の導入を発表しました。航空券を購入する際の決済手段としてビットコインが使えることになります。2017年中には開始する予定です。


イーサリアム(ETH)価格が高騰中。ETF審査にも注目

イーサリアム(ETH)価格が高騰中。ETF審査にも注目

イーサリアム(ETH)価格の高騰が続いています。2017年5月4日に1ETH1万円を突破し、1万円前後で推移してきましたが、19日に高騰。22日には2万5千円を突破しました。イーサリアムETFやエンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)の動向が価格に影響を与えていそうです。