おすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの出来高で国内ナンバーワン。ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど6種類の取引が可能。

>>詳細はこちら

coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)はビットコイン取引量ナンバーワン。国内最多13種類の仮想通貨を取引可能。Coincheckでしか取引できない仮想通貨も多数。

>>詳細はこちら

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.cc(ビットバンク)はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコイン、ビットコインキャッシュの取引が可能。チャート分析も充実。

>>詳細はこちら

最新の投稿


【ビットコイン(BTC)10月前半の展望】テクニカルの天王山

【ビットコイン(BTC)10月前半の展望】テクニカルの天王山

10月前半のビットコイン(BTC)相場展望をお届けします。上昇トレンドが継続したBTC/JPYは500,000円を目前に一服を迎えました。


【2017年10月6日】ビットコイン・アルトコインともに上昇。リップルは連日の上昇

【2017年10月6日】ビットコイン・アルトコインともに上昇。リップルは連日の上昇

10月6日の仮想通貨相場はビットコイン・アルトコインともに上昇しています。ビットコインは5%くらい上昇して49万円台、アルトコインは10%以上上昇している種類もあります。リップルも昨日に引き続き価格を上げています。


ユナイテッド株式会社が仮想通貨取引関連事業の子会社を設立

ユナイテッド株式会社が仮想通貨取引関連事業の子会社を設立

ユナイテッド株式会社が仮想通貨取引関連事業への参入準備に伴う子会社設立を発表しました。今後、仮想通貨取引所運営事業などの仮想通貨取引に関連する事業への参入を検討していくようです。


coincheck(コインチェック)のiOSアプリで貸仮想通貨が利用可能に

coincheck(コインチェック)のiOSアプリで貸仮想通貨が利用可能に

coincheck(コインチェック)のiOSアプリがアップデートされました。これまでWEBでしか利用できなかった貸仮想通貨サービスが利用可能になり、中国語表示もできるようになりました。


SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始

SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始

SBIグループの仮想通貨取引所、SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約を開始しました。具体的なサービス開始時期は明言されていないものの、金融庁登録も完了し、いよいよサービス開始が近い印象です。


ビットコインゴールドとは。SegWit2x前に分裂の可能性

ビットコインゴールドとは。SegWit2x前に分裂の可能性

少し前から話題になっていましたが、ビットコインゴールドが10月末に誕生する可能性が出てきました。ビットコインゴールドはSegWit2xとは別物であり、整理して現在の状況を紹介します。


【2017年10月5日】リップル(XRP)価格が上昇。一時26円台に

【2017年10月5日】リップル(XRP)価格が上昇。一時26円台に

10月5日の仮想通貨相場は全体的に5%~10%くらい下落しています。ただ、リップルだけ5%~10%くらい上昇していて好調です。一時26円台まで上昇しました。いよいよSWELLが間近に迫っていて、期待からの上昇かもしれません。


サイトへのアクセスと仮想通貨相場の相関

サイトへのアクセスと仮想通貨相場の相関

当サイトビットコインラボは運営開始から7、8ヶ月経過しました。通常WEBサイトはコンテンツが増加するほどアクセスも増加する傾向にありますが、当サイトに関してはあまり当てはまりません。比較的相場に左右される傾向があるようです。


仮想通貨交換業者登録11社と審査中17社、新規参入。今後の競争は?

仮想通貨交換業者登録11社と審査中17社、新規参入。今後の競争は?

9月末に金融庁から第一弾となる仮想通貨交換業者の登録状況が発表されました。11社が認可され17社が審査中の状況です。仮に全て審査が降りれば28社が仮想通貨交換業を営むことになります。今後の競争はどうなっていくのでしょうか。


仮想通貨におけるカウンターパーティーリスクとは?

仮想通貨におけるカウンターパーティーリスクとは?

カウンターパーティーリスクとは、取引の相手方(カウンターパーティ)が破綻するなどして、契約が履行されずに損失を被るリスクのことです。金融取引においてよく使われる言葉ですが、仮想通貨において登場回数の多いキーワードです。


bitbank.ccとBITPointが仮想通貨交換業者登録を記念しキャンペーンを開催

bitbank.ccとBITPointが仮想通貨交換業者登録を記念しキャンペーンを開催

9月29日に金融庁から第一弾となる仮想通貨交換業における登録事業者が発表されました。早速認可されたbitbank.ccとBITPointでは記念したキャンペーンが開催されます。


【2017年10月4日】仮想通貨相場は堅調な推移、今後上昇への期待も

【2017年10月4日】仮想通貨相場は堅調な推移、今後上昇への期待も

10月4日の仮想通貨相場は昨日とあまり変化ありません。ビットコインは40万円~45万円のレンジだった価格が45万円~50万円で安定してきました。堅調に推移していて今後上昇への期待が持てます。


ゴールドマンサックスが仮想通貨関連事業への参入を検討

ゴールドマンサックスが仮想通貨関連事業への参入を検討

ゴールドマンサックスが仮想通貨関連事業への参入を検討していると報じられました。まだ検討段階であり、事業プランなどは策定されていないようですが、前向きに検討している様子が伺えます。


ジビエ食肉流通トレーサビリティにmijinブロックチェーンが採用

ジビエ食肉流通トレーサビリティにmijinブロックチェーンが採用

一般社団法人日本ジビエ振興協会は、ジビエ食肉トレーサビリティシステムへ、テックビューロ株式会社のブロックチェーン製品「mijin」を採用し、2017年10月より試験運用を開始した事を発表しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)がモナコイン(MONA)の取扱いを開始。Zaifはイーサリアムの取扱いを開始

bitFlyer(ビットフライヤー)がモナコイン(MONA)の取扱いを開始。Zaifはイーサリアムの取扱いを開始

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、新たにモナコイン(MONA)の取扱いを開始しました。bitFlyerでは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、Bitcoin Cashに続いて6種類目の仮想通貨取扱いとなります。


【2017年10月3日】仮想通貨相場は小幅な値動き。COMSAトークン購入を検討

【2017年10月3日】仮想通貨相場は小幅な値動き。COMSAトークン購入を検討

10月3日の仮想通貨相場は小幅な値動きとなっています。ビットコインはやっぱり50万円手前でしばらく推移しそうな感じです。そして注目のCOMSAトークンのトークンセール(ICO)が始まりました。既にかなりの金額を集めています。


サイバーエージェントが「サイバーエージェントビットコイン」を設立。仮想通貨取引所に参入

サイバーエージェントが「サイバーエージェントビットコイン」を設立。仮想通貨取引所に参入

Amebaなどインターネット事業を中心に展開する株式会社サイバーエージェントが、仮想通貨取引事業を行う新子会社として、株式会社サイバーエージェントビットコインを2017年10月2日に設立したこと発表しました。仮想通貨取引所に新規参入することになります。


OTC取引(相対/店頭取引)とは?

OTC取引(相対/店頭取引)とは?

OTC取引とは相対や店頭取引とも呼ばれ、売り手と買い手が1対1で取引を行うことです。仮想通貨は取引所取引が一般的ですが、OTC取引ができる取引所もあります。OTC取引の概要やメリット・デメリットについて紹介します。


投機市場の必要性。ビットコイン(仮想通貨)はまだまだ小さい

投機市場の必要性。ビットコイン(仮想通貨)はまだまだ小さい

ビットコイン(仮想通貨)は投機だ、バブルだ、そんな声は毎日至るところから聞こえてきます。しかし、投機は必ずしも悪ではなく流動性を高めるために必要不可欠です。また、投機市場としてビットコイン(仮想通貨)はあまりに小さいです。


COMSAトークンのICOが開始。CAMPFIREは不参加を表明

COMSAトークンのICOが開始。CAMPFIREは不参加を表明

10月2日、COMSAトークンのICO(トークンセール)が開始されました。既に5,000万ドル相当(約60億円)以上が集まっている状況です。順調な滑り出しをしたようにも思いますが、第三弾ICOとして予定されていたCAMPFIREが不参加を表明するなど混乱も生じています。