おすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの出来高で国内ナンバーワン。ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど6種類の取引が可能。

>>詳細はこちら

coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)はビットコイン取引量ナンバーワン。国内最多13種類の仮想通貨を取引可能。Coincheckでしか取引できない仮想通貨も多数。

>>詳細はこちら

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.cc(ビットバンク)はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコイン、ビットコインキャッシュの取引が可能。チャート分析も充実。

>>詳細はこちら

最新の投稿


ビットコインアドレスとは?送金時に必要な情報。

ビットコインアドレスとは?送金時に必要な情報。

ビットコインを送付するにはビットコインアドレスが必要です。ビットコインアドレスを指定することで送付ができます。特定の相手に送付する場合はもちろん、取引所の口座から自身のウォレットに送付する際も必要になるので、必ず覚えておくべき基本知識になります。


ビットコインの問題点まとめ。致命的な課題も。

ビットコインの問題点まとめ。致命的な課題も。

ビットコインは年々取引量が増え注目を集めています。ですが、問題点を指摘されているのも事実です。中にはビットコインの将来を揺るがしかねない問題もあり、注視することが求められます。今回はビットコインの問題点をまとめて紹介します。


アルトコインとは何か。特徴や種類を紹介。

アルトコインとは何か。特徴や種類を紹介。

アルトコインはalternative coinの略称です。直訳すると「代わりのコイン」となりますが、要はビットコイン以外の仮想通貨の総称として使われます。アルトコインのほとんどはビットコインを元にして作られており、その数は700種類以上あります。アルトコインの特徴や種類を中心に紹介します。


ビットコインのハードフォークとは

ビットコインのハードフォークとは

ビットコインの取引をしている人や関心が高い人は、「ハードフォーク」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。ハードフォークは今ビットコイン最大の関心事とも言える問題で、ビットコインコアとビットコインアンリミテッドに分裂する可能性があると言われています。


仮想通貨「Factom(ファクトム)」とは。分散型の記録管理が特徴。

仮想通貨「Factom(ファクトム)」とは。分散型の記録管理が特徴。

Factom(ファクトム)は2015年に公開された仮想通貨です。正確に言うとFactomは仮想通貨ではなく、ブロックチェーン上に記録や書類を記録して分散的に管理できる仕組みのことをいいます。このFactomを使うために必要なのが「Factoid」という仮想通貨になります。


ビットコインの指値注文・成行注文とは?

ビットコインの指値注文・成行注文とは?

株式はさまざまな注文方法があり、証券会社の多くが対応しています。実はビットコインも株式のような注文方法ができ、取引所によっては特殊な注文に対応している場合もあります。今回は基礎的な注文方法である指値注文と成行注文を中心に紹介します。


ビットコインに所得税はかかる?税金事情を解説。

ビットコインに所得税はかかる?税金事情を解説。

ビットコインで利益を上げれば当然所得税がかかります。ただ、税法上の位置付けは明確には決まっておらず、譲渡所得になるのか雑所得になるのかは申告する税務署やケースによって判断が分かれます。ビットコインの税金事情を解説します。


ビットコインATMの使い方。どんな場所にあるの?

ビットコインATMの使い方。どんな場所にあるの?

ビットコインには専用のATMがあります。日本ではあまり普及が進んでいないですが、海外では結構な数が設置されています。ビットコインのATMでは、ビットコインを購入するだけでなく、売却することもできます。使い方や日本にあるATMを紹介します。


【bitFlyer(ビットフライヤー)編】取引所でビットコインを売買

【bitFlyer(ビットフライヤー)編】取引所でビットコインを売買

ビットコインの売買をしたいけど、やり方がよくわからない人は多いと思います。そこで今回は取引所で実際に売買する方法をキャプチャ付きでわかりやすく解説します。日本最大級の取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)で行ってみます。


ビットコインの先物取引を解説。信用取引との違いは?

ビットコインの先物取引を解説。信用取引との違いは?

先物取引とは将来の売買について現時点で約束をする取引のことです。特定の期日にあらかじめ決められた価格や数量で売買します。先物取引というと金や原油などが有名ですが、実はビットコインでもできる投資方法です。信用取引との違いなどを中心に紹介します。


仮想通貨「ネム(NEM)/XEM」に注目。PoIという新たな仕組み。

仮想通貨「ネム(NEM)/XEM」に注目。PoIという新たな仕組み。

仮想通貨の種類は700種類以上あります。ネム(NEM)は時価総額トップ10に入る人気の仮想通貨ですが、取引所Zaifが運営するブロックチェーン構築プラットフォームmijinがネムの技術をもとにしている点などから日本でも注目度が高いです。PoIという新たな仕組みが特徴になります。


ビットコインは積立投資ができる。やり方や手数料を紹介。

ビットコインは積立投資ができる。やり方や手数料を紹介。

積立投資はローリスクで堅実な投資方法として知られています。純金やプラチナなどが一般的ですが、ビットコインでも積立投資に対応している取引所があります。ビットコインが長期的に上昇していく可能性が高いことを考えると選択肢の一つとして検討してもいいでしょう。やり方や手数料などを紹介します。


ビットコインの儲け方。主要な投資方法を紹介。

ビットコインの儲け方。主要な投資方法を紹介。

ビットコインは価格上昇を背景に注目度を増しています。そこで知りたいのがビットコインの儲け方です。実はビットコインは単純に売買する以外にも投資方法がたくさん存在します。今回はビットコインで儲けるための主要な投資方法を紹介します。


CAMPFIREが、仮想通貨取引所「FIREX」開設。テックビューロがシステム提供。

CAMPFIREが、仮想通貨取引所「FIREX」開設。テックビューロがシステム提供。

クラウドファンディングのプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営する株式会社CAMPFIREが、仮想通貨取引所「Zaif®」を運営するテックビューロ株式会社と提携し、仮想通貨取引所「FIREX(ファイヤーエックス)」を開設しました。


仮想通貨「Steem(スチーム)」を解説。コンテンツへの投票で報酬が貰える?

仮想通貨「Steem(スチーム)」を解説。コンテンツへの投票で報酬が貰える?

Steem(スチーム)は仮想通貨の一種で、時価総額トップ10に入ることもある人気のアルトコインです。他の仮想通貨と同様に取引所で取引することもできますが、SNSの「steemit」に登録してコンテンツに対して行動することによりSteemが受け取れる特徴を持っています。


ビットコインは為替相場の影響を受ける。その理由とは?

ビットコインは為替相場の影響を受ける。その理由とは?

ビットコインは法定通貨と違い中央管理者が存在せず、ボーダーレスで特定の国家の政府や中央銀行の干渉を受けることもないので、為替相場などに左右されないと言われています。しかし、実際は為替相場の影響を受けると言わざる負えません。その理由は何なのでしょうか?


ビットコインにかかる手数料一覧。売買も送金も格安でできる。

ビットコインにかかる手数料一覧。売買も送金も格安でできる。

ビットコインはブロックチェーン技術を使った中央集権型でない台帳管理が特徴です。ブロックチェーンのおかけで格安な手数料で売買や送金ができます。取引所を通した場合でも手数料は安く、従来の投資商品とは一線を画しています。今回は取引所を通して取引する場合にかかるビットコインの手数料一覧を紹介します。


イーサリアムクラシックとは?イーサリアムとの違いは?

イーサリアムクラシックとは?イーサリアムとの違いは?

名前からも早々できますが、イーサリアムクラシックはイーサリアムから派生した仮想通貨です。イーサリアムはビットコインに次ぐ仮想通貨として時価総額2位を長くキープしていますが、サイバー攻撃などに遭う機会も多く安全性の確保が求められてきました。そこで誕生したのがイーサリアムクラシックなのです。


中国のビットコイン規制の現状

中国のビットコイン規制の現状

ビットコインの取引量は中国が大半を占めると言われています。正確な数字はわかりませんが、中国の取引所の取引量を見ると全世界の9割近くを中国が占めている可能性もあります。しかし、中国ではビットコインの取引が規制されています。規制の現状や背景を紹介します。


ビットコインはAmazonで使える?

ビットコインはAmazonで使える?

ビットコインを使えるECサイトや実店舗は年々増加していきています。世界一のECサイトであるAmazonは、アメリカでのビットコイン決済は対応しているものの日本ではまだ対応していません。しかし、ビットコインでAmazonギフト券を購入することができるので、間接的に使うことができます。