アルトコイン

アルトコインに関する情報を紹介しています。アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨の総称です。ビットコイン以外にも有望な仮想通貨は多く、今後市場が広がっていく可能性を秘めています。アルトコイン取引を始めたい際や理解を深めたい際にお役立てください。

アルトコインに関連するキーワード

イーサリアム モナコイン DASH ライトコイン リップル Monero イーサリアムクラシック Steem NEM Factom
>>アルトコインに関連するキーワード一覧

アルトコインのコラム一覧

ビットコインゴールド(BTG)、海外取引所の対応

ビットコインゴールド(BTG)、海外取引所の対応

10月25日にビットコインゴールド(BTG)のハードフォークが予定されています。国内取引所は対応についての発表が既にされていますが、主要な海外取引所はどのように対応するのでしょうか?


注目を集めるモナコイン、最もお得に購入できる取引所は?

注目を集めるモナコイン、最もお得に購入できる取引所は?

モナコインは10月中旬に価格が7倍以上に高騰し、大きな注目を集めました。モナコインは日本発の仮想通貨として知られ、複数の国内取引所が取り扱っています。各社の手数料などを比較して紹介します。


11月にハードフォークが予定される「SegWit2x(B2X)」とは何なのか

11月にハードフォークが予定される「SegWit2x(B2X)」とは何なのか

11月にビットコインのハードフォークが予定されています。そこで登場するキーワードがSegWit2x(B2X)です。以前からよく出てきているキーワードですが、SegWit2x(B2X)とは何なのか、なぜ11月にハードフォークするのかなどを解説します。


ビットコインゴールドとは。SegWit2x前に分裂の可能性

ビットコインゴールドとは。SegWit2x前に分裂の可能性

少し前から話題になっていましたが、ビットコインゴールドが10月末に誕生する可能性が出てきました。ビットコインゴールドはSegWit2xとは別物であり、整理して現在の状況を紹介します。


【2017年】仮想通貨ランキング。トップ10の特徴と価格推移

【2017年】仮想通貨ランキング。トップ10の特徴と価格推移

仮想通貨は1,000種類以上ありますが、時価総額によってランキング化されています。coinmarketcapというサイトで確認可能です。トップ10にランクインしている仮想通貨の特徴や価格推移を紹介します。


リップル(XRP)、インドに続きシンガポールに進出。2017年の主な動きをまとめて。

リップル(XRP)、インドに続きシンガポールに進出。2017年の主な動きをまとめて。

リップル(XRP)がシンガポールにオフィスを開設すると発表しました。9月初旬にインドへ進出しましたが、立て続けのアジア進出になります。リップルは日本での人気も高く動向に注目が集まっているため、2017年の主な動きをまとめて紹介します。


仮想通貨「MONACO(MCO)」とは。1ヶ月で20倍程の高騰

仮想通貨「MONACO(MCO)」とは。1ヶ月で20倍程の高騰

MONACOは仮想通貨デビットカードです。BTC/ETH/ERC20トークンが利用できます。ICOで20億円調達し、7月上旬に上場しました。8月に入り価格が高騰し、上場後約20倍の上昇となっています。


仮想通貨「Civic(CVC)」とは。個人認証システム

仮想通貨「Civic(CVC)」とは。個人認証システム

Civicは一言で言えば、ブロックチェーンを使った個人認証システムです。現在、さまざまなサービスを利用するにあたり、本人確認をしたりIDとパスワードを入力したりする必要がありますが、そうした状況を改善しあらゆる個人認証に適用されることを目指しています。


仮想通貨「0x(ゼロエックス/ZRX)」とは。分散型取引所?

仮想通貨「0x(ゼロエックス/ZRX)」とは。分散型取引所?

0x(ゼロエックス/ZRX)は一言で言えば分散型取引所のプロジェクトです。分散型取引所はDEX(Decentralized Exchange)と呼ばれるものですが、0xはイーサリアムトークン(ERC20)を手数料なしで交換できる点が最大の特徴です。


NEM(XEM)の国別取引量。日本円の取引量が多い

NEM(XEM)の国別取引量。日本円の取引量が多い

NEM(XEM)は国内で知名度の高い仮想通貨です。大手仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロにNEMのコア開発者が合流し、プライベートブロックチェーン「mijin」も発表されています。国別の取引量を見ても、日本円は大きなシェアを占めています。


ICOでよく耳にする「ERC20」とは?

ICOでよく耳にする「ERC20」とは?

イーサリアムブロックチェーンを利用したプロジェクトのICOが行われる際によく耳にする言葉がERC20です。ERC20はイーサリアム上で発行されるトークンの規格のようなものになります。ERC20の概要を中心に紹介します。


仮想通貨「TenX(PAY)」とは。仮想通貨デビットカード?

仮想通貨「TenX(PAY)」とは。仮想通貨デビットカード?

TenXはいわゆる仮想通貨デビットカードですが、WireXやバンドルカードのようなチャージ型にはない特徴を持っています。それがウォレットにカードが紐ついていて、購入時にウォレットから引き落としされる仕組みです。また、独自トークンのPAYを発行しており、利用額の0.1%を還元してくれます。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

以前より2017年夏頃に実施予定と言われていたイーサリアムのアップデート(メトロポリス)が9月下旬に行われることがわかりました。メトロポリスは予定されている大型アップデートの3段階目となり、スマートコントラクトの簡略化などが予定されています。


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰。ビットコインの取引量を超える

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰。ビットコインの取引量を超える

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰を続けています。8月17日までは3万円台で推移していましたが、18日に7万円程まで高騰すると、19日には10万円を突破し11万円程まで伸びました。24時間単位での取引量はビットコインを超えています。


リップル(XRP)の国別取引量。韓国の影響力が大きい?

リップル(XRP)の国別取引量。韓国の影響力が大きい?

リップルは主に銀行で採用が進む国際間の決済・送金システムです。仲介用通貨としてXRPが使われており、取引所でも売買することができます。国内の仮想通貨投資家から高い人気を誇っていますが、取引量は韓国が大半を占めています。


イーサリアム(ETH)の国別取引量。日本円での取引は小さい?

イーサリアム(ETH)の国別取引量。日本円での取引は小さい?

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。国内取引所の大半が取り扱いをしています。しかし、国別の取引量を見ると日本円での取引は小さく、韓国ウォンや米ドルでの取引が多いことがわかります。


時価総額2位のイーサリアム。最も安く購入できる取引所は?

時価総額2位のイーサリアム。最も安く購入できる取引所は?

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。国内取引所でも大抵取引することができます。今回はイーサリアムを扱う取引所の購入価格を比較してみたいと思います。


仮想通貨「OmiseGo(OMG)」とは。価格が高騰中

仮想通貨「OmiseGo(OMG)」とは。価格が高騰中

OmiseGo(OMG)はイーサリアムベースのウォレットアプリケーションです。OmiseGoを展開するOmiseは2013年に設立、タイ・バンコクに拠点を置き東南アジア向けの決済プラットフォームを開発する会社です。日本人起業家長谷川潤氏がCEOを務めています。


草コインとは。投資はハイリスク?

草コインとは。投資はハイリスク?

仮想通貨に投資をしている方なら、草コインという言葉を耳にしたことがあると思います。目的が不明確だったり、極端に価格が安かったりする仮想通貨が草コインと呼ばれることが多いです。では、投資対象としてはどうなのでしょうか?