アルトコイン

アルトコインに関する情報を紹介しています。アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨の総称です。ビットコイン以外にも有望な仮想通貨は多く、今後市場が広がっていく可能性を秘めています。アルトコイン取引を始めたい際や理解を深めたい際にお役立てください。

アルトコインに関連するキーワード

イーサリアム モナコイン DASH ライトコイン リップル Monero イーサリアムクラシック Steem NEM Factom
>>アルトコインに関連するキーワード一覧

アルトコインのコラム一覧

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

以前より2017年夏頃に実施予定と言われていたイーサリアムのアップデート(メトロポリス)が9月下旬に行われることがわかりました。メトロポリスは予定されている大型アップデートの3段階目となり、スマートコントラクトの簡略化などが予定されています。


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰。ビットコインの取引量を超える

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰。ビットコインの取引量を超える

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が高騰を続けています。8月17日までは3万円台で推移していましたが、18日に7万円程まで高騰すると、19日には10万円を突破し11万円程まで伸びました。24時間単位での取引量はビットコインを超えています。


リップル(XRP)の国別取引量。韓国の影響力が大きい?

リップル(XRP)の国別取引量。韓国の影響力が大きい?

リップルは主に銀行で採用が進む国際間の決済・送金システムです。仲介用通貨としてXRPが使われており、取引所でも売買することができます。国内の仮想通貨投資家から高い人気を誇っていますが、取引量は韓国が大半を占めています。


イーサリアム(ETH)の国別取引量。日本円での取引は小さい?

イーサリアム(ETH)の国別取引量。日本円での取引は小さい?

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。国内取引所の大半が取り扱いをしています。しかし、国別の取引量を見ると日本円での取引は小さく、韓国ウォンや米ドルでの取引が多いことがわかります。


時価総額2位のイーサリアム。最も安く購入できる取引所は?

時価総額2位のイーサリアム。最も安く購入できる取引所は?

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。国内取引所でも大抵取引することができます。今回はイーサリアムを扱う取引所の購入価格を比較してみたいと思います。


仮想通貨「OmiseGo(OMG)」とは。価格が高騰中

仮想通貨「OmiseGo(OMG)」とは。価格が高騰中

OmiseGo(OMG)はイーサリアムベースのウォレットアプリケーションです。OmiseGoを展開するOmiseは2013年に設立、タイ・バンコクに拠点を置き東南アジア向けの決済プラットフォームを開発する会社です。日本人起業家長谷川潤氏がCEOを務めています。


草コインとは。投資はハイリスク?

草コインとは。投資はハイリスク?

仮想通貨に投資をしている方なら、草コインという言葉を耳にしたことがあると思います。目的が不明確だったり、極端に価格が安かったりする仮想通貨が草コインと呼ばれることが多いです。では、投資対象としてはどうなのでしょうか?


1円以下の価格で時価総額100位以内に入る仮想通貨一覧

1円以下の価格で時価総額100位以内に入る仮想通貨一覧

1円以下の価格で取引される仮想通貨はいくつか存在しています。価格が安くても発行総量が多ければ時価総額は高くなるため、単純に価格で比較することに意味はありませんが、印象的には今後価格上昇しそうなポテンシャルがあると感じるものです。


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)に価値はあるのか。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)に価値はあるのか。

8月2日にビットコインからハードフォークして誕生したBitcoin Cash。上場後一時は10万円近い価格を付け高騰し、時価総額ではリップルを抜いて3位になりました。ですが、いきなり誕生したこのBitcoin Cashにこれほどの価値はあるのでしょうか?


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)の表記について。BCC?BCH?

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)の表記について。BCC?BCH?

仮想通貨には通貨単位が存在します。ビットコインならBTC、イーサリアムならETHと表記され、この表記で呼ばれることも多いです。そして8月1日に誕生したBitcoin CashはBCCと表記されています。しかし、BCCは既に使われており一部では混乱を招きそうです。


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは。取引所の対応は?

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とは。取引所の対応は?

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、8月1日にビットコインからハードフォークして誕生する予定の仮想通貨です。SegWit2xやUASFとは全くの別物であり、新たなビットコインというよりは新しいアルトコインが誕生する理解が正しいでしょう。Bitcoin Cashの概要や取引所の対応を紹介します。


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が誕生。取引も開始される

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が誕生。取引も開始される

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)が誕生しました。既にBittrex、BTCBOX、Krakenなどの取引所で取引が開始されています。当初はハッシュパワーが低くブロックが生成されない状況でしたが、現在9ブロック採掘されています。


【2017年】仮想通貨ランキング。トップ10の特徴と価格推移

【2017年】仮想通貨ランキング。トップ10の特徴と価格推移

仮想通貨は1,000種類以上ありますが、時価総額によってランキング化されています。coinmarketcapというサイトで確認可能です。トップ10にランクインしている仮想通貨の特徴や価格推移を紹介します。


関心が高まるライトコイン(LTC)。好材料と懸念点

関心が高まるライトコイン(LTC)。好材料と懸念点

2017年7月に関心を高めた仮想通貨といえばライトコイン(LTC)ではないでしょうか。ビットコインの分岐問題により主要な仮想通貨が暴落する中、ほとんど下落することなく高値を維持し続けています。そんなライトコインの好材料と懸念点を紹介します。


Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)、海外取引所での扱いは?

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)、海外取引所での扱いは?

8月1日にビットコインからハードフォークし、誕生する可能性の高いBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)。国内の取引所では続々と対応が発表されています。では、主要な海外取引所での扱いはどうなっているのでしょうか?


イーサリアムへの影響は?SECがThe DAOへの声明を発表

イーサリアムへの影響は?SECがThe DAOへの声明を発表

米証券取引等監視委員会(SEC)は、The DAOは金融商品であり規制対象になる可能性があるとレポートで発表しました。The DAOは簡単に言うと、投資ファンドを分散型で行うプロジェクトです。しかし、ハッキング被害に遭いイーサリアムがハードフォークするきっかけになりました。


仮想通貨「EOS」とは。ICOの手法が話題に。

仮想通貨「EOS」とは。ICOの手法が話題に。

EOSは2017年6月末にICOが開始され、7月1日から上場を果たしています。現在は少し順位を落としていますが、上場後すぐに時価総額でトップ10入りしています。EOSが注目を集めているのは中身に加えて、ICOの手法も影響しています。


イーサリアムには4つの開発段階がある。

イーサリアムには4つの開発段階がある。

イーサリアムは誰でも自由にスマートコントラクトの記述や実行ができる分散型アプリケーション構築のためのプラットフォームです。ETHがネットワーク上の基軸通貨になります。イーサリアムには4つの開発段階があります。現在は2段階目で3段階目のアップデートを控えている状況です。


仮想通貨「Status(ステータス)」が上場。特徴や価格を紹介。

仮想通貨「Status(ステータス)」が上場。特徴や価格を紹介。

ICOで話題を集めた仮想通貨のStatus(ステータス)が上場しました。上場後高値を付け、ICOに参加した方は利益を出せたのではないでしょうか。今回はStatusのICOや上場後の価格などに加え、特徴も併せて紹介します。