仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

BitShares(ビットシェアーズ)は2014年に公開された仮想通貨です。Invictus Innovations社によって開発され、現在はCryptonomex社が開発を行っています。ただ、Cryptonomex社が管理者ではなく、ビットコイン同様に管理者を置かない仕組みです。

目次

  • BitShares(ビットシェアーズ)の概要
  • BitShares(ビットシェアーズ)の特徴
  • BitSharesの相場や扱う取引所
  • BitSharesはRippleに近い仕組み

BitShares(ビットシェアーズ)の概要

BitShares(ビットシェアーズ)は2014年に公開された仮想通貨です。Invictus Innovations社によって開発され、現在はCryptonomex社が開発を行っています。ただ、Cryptonomex社が管理者というわけではなく、ビットコイン同様に管理者を置かない仕組みです。つまりシステム変更などを行う際は、Cryptonomex社単独で決めることはできず、保有者による合意形成が必要になります。

BitShares(ビットシェアーズ)の特徴

BitShares最大の特徴が「OpenLedger」というプラットフォームです。ここではBitSheresの売買やBitSheresとドルの交換などができます。いわば仮想通貨の取引所です。一般の取引所と違う点は、どこかの会社がOpenLedgerを運営しているわけではなく、分散型取引所という点です。マウントゴックスのような取引所の不正が起きない仕組みと言えます。

スマートコインなどの商品

OpenLedgerではBitShares(BTS)を使うことでさまざまな商品を取引できます。代表的なのがスマートコインです。スマートコインにはbitUSD、bitJPY、bitBTCなどがあります。これは現実のUSD価格やJPY価格に連動しており、BTSを担保に価値のある現物が手に入る仕組みを築いています。スマートコイン以外ではOBITSなどがあり、これを持つとBitSharesの株主となることができます。

発行総量やブロック生成間隔

BitSharesの発行総量は37億BTSです。最初に25億BTSが発行され、残りはマイニングの報酬などに使われます。BitSheresはProof of Stakeを発展させたDelegated Proof of Stakeという取引承認システムが採用されており、BTS保有者の投票によって取引の承認者が決定します。ブロック生成間隔は約3秒です。

BitSharesの相場や扱う取引所

BitSharesは仮想通貨の時価総額で20位前後に位置していることが多いです。0.5円~1円前後の価格で推移しています。BitSharesの購入はOpenLedgerで行うことが一般的ですが、世界最大のアルトコイン取引所であるPoloniex(ポロニエックス)でも購入可能です。

※6月30日更新
BitShares価格は4月~6月にかけて高騰し、6月には46円を記録しました。

BitSharesはRippleに近い仕組み

BitSharesはOpenLedgerという分散型取引所が最大の特徴になります。仮想通貨取引ができるプラットフォームという点ではRippleに近いと言えるでしょう。ただ、Rippleはゲートウェイという第三者を介している点でBitSharesとは異なります。非常に面白い仕組みであり、発展性が期待できる仮想通貨です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧