ビットコインラボ

仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

0x(ゼロエックス/ZRX)は一言で言えば分散型取引所のプロジェクトです。分散型取引所はDEX(Decentralized Exchange)と呼ばれるものですが、0xはイーサリアムトークン(ERC20)を手数料なしで交換できる点が最大の特徴です。

目次

  • 0x(ゼロエックス/ZRX)の概要
  • 0x(ゼロエックス/ZRX)の特徴
  • 0x(ゼロエックス/ZRX)の価格や扱う取引所
  • 0x(ゼロエックス/ZRX)の今後に注目

0x(ゼロエックス/ZRX)の概要

0x(ゼロエックス/ZRX)は一言で言えば分散型取引所のプロジェクトです。分散型取引所はDEX(Decentralized Exchange)と呼ばれます。噛み砕いて言えば、管理者が存在するbitFlyerやcoincheckが中央集権型取引所なのに対して、分散型取引所はブロックチェーンによってP2Pで運営元がいなくても取引を行えるイメージです。メリットとしては破綻しない、ハッキングされない、資金を自身の管理下におけるなどが挙げられます。仮想通貨取引ができるウォレットと考えるとわかりやすいかもしれません。

0x(ゼロエックス/ZRX)の特徴

分散型取引所は0x以外にもたくさんあります。0xが他と違う点はオフチェーンで処理しているためスピードが早い、イーサリアムトークン(ERC20)を手数料なしで交換できることです。ご存知の通り、イーサリアムブロックチェーンを利用したプロジェクトが急増しており、各プロジェクトはERC20の規格に沿ったトークンを発行しています。Augur、Golem、EOS、Melonなど数え切れない程ありますが、これらのトークンを手数料なしで交換できるということです。

0x(ゼロエックス/ZRX)の価格や扱う取引所

0xのトークンはZRXです。0xはプロトコル上にアプリケーションを開発することができるのですが、その際にZRXが必要になってきます。0x(ZRX)はICOを終え複数の取引所に上場しています。ICOは事前登録制でCivicアプリでの本人認証が必要だったり1人あたりの購入制限があったりと比較的ハードルが高いものでしたが、非常に人気が高く上場後10倍以上になりました。現在も上場後より高い価格水準で取引されています。国内取引所での扱いはなく、Poloniex、Liquiなどの海外取引所で取引可能です。

0x(ゼロエックス/ZRX)の今後に注目

0xはイーサリアムトークン(ERC20)を手数料なしで交換できる分散型取引所です。今後もイーサリアムトークン(ERC20)は増え続けるでしょうし、ニーズの高いプロジェクトと言えるのではないでしょうか。分散型取引所全体で見ても、ニーズが高まっていく可能性は高いです。仮想通貨がより浸透し、中央集権型取引所でハッキング被害や破綻などが問題になるほど利用者は増えるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧