仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

11月にビットコインのハードフォークが予定されています。そこで登場するキーワードがSegWit2x(B2X)です。以前からよく出てきているキーワードですが、SegWit2x(B2X)とは何なのか、なぜ11月にハードフォークするのかなどを解説します。

目次

  • SegWit2x(B2X)について
  • ビットコインゴールドについて
  • ハードフォーク乱発を危惧、最終的には市場が判断

SegWit2x(B2X)について


SegWit2x(B2X)を理解するには少し時を遡る必要があります。政治的な要素は抜きにして簡潔に紹介しますが、元々ビットコインは取引量の増加によりスケーラビリティ問題が発生していました。その解決策として議論されていたのが、ブロックサイズを大きくする方法とSegWit実装により取引データを圧縮する方法です。わかりやすくするために、ビッグブロック派とSegWit派に分けます。

結果として双方の意見はまとまらず、8月1日にユーザー主導でSegWitを導入しようという動き(UASF)が起きます。しかし、UASFには大きな問題もあり折衷案のような形で出されたのがSegWit2xです。SegWit2xはSegWitを実装して、6ヶ月以内にブロックサイズを引き上げる内容です。これはニューヨーク合意と呼ばれ、多くのマイナーや取引所などが賛成し採択されました。

コア開発者は賛同していない

SegWit2xにより8月の大きな混乱は避けられ、ビッグブロック派の一部であるBitcoin Cashが誕生することになりました。一見まとまったようにも見えますが、SegWit2xに対しビットコインのコア開発者は賛同していません。簡単に言えば、現在はSegWit2xとコア開発者で対立が生じており、SegWit2xによってコアを排除する動きなども見られています。状況は日々変わっていますが、SegWit2xはBitcoin Cashのようにビットコイン保有者に付与されて価値が上がっていく展開になるか微妙です。

ビットコインゴールドについて


SegWit2x(B2X)に加えて話題になっているのが、ビットコインゴールドです。香港のマイニング企業LightningASICから提案されているもので、10月25日にリリースされる予定となっています。これはSegWit2x(B2X)とは基本関係のないもので、ビットコインからハードフォークして新たなアルトコインが誕生するイメージです。ビットコイン保有量分を付与すると発表がされていますが、Bitcoin Cashと同じような展開になるかはわかりません。

ハードフォーク乱発を危惧、最終的には市場が判断

ハードフォーク乱発はあまりいい状況とは思えません。混乱はもちろんですし、ビットコイン自体の信用にも関わってきます。ビットコインゴールドなどにそれなりの価格が付けば、今後もこうしたフォークは頻発し、ビットコイン以外のアルトコインにおいても発生する可能性があります。Bitcoin Cashが時価総額3位~4位に定着しているように、上位を独占する可能性も秘めています。そうなると既存のアルトコインや新しいアルトコインに影響を与えることは必至です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧