仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

以前より2017年夏頃に実施予定と言われていたイーサリアムのアップデート(メトロポリス)が9月下旬に行われることがわかりました。メトロポリスは予定されている大型アップデートの3段階目となり、スマートコントラクトの簡略化などが予定されています。

目次

  • イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)
  • イーサリアム価格への影響は?
  • イーサリアムを扱う主な取引所
  • イーサリアムのメトロポリスに注目

イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)

以前より2017年夏頃に実施予定と言われていたイーサリアムのアップデート(メトロポリス)が9月下旬に行われることがわかりました。メトロポリスは予定されている大型アップデートの3段階目となります。具体的な内容は、スマートコントラクトが簡略化され以前より簡単なプログラミングが可能になること、匿名取引を実行する技術であるzk-snarkが実装されること、マスキングのようなものを使用したセキュリティの強化などです。

イーサリアムの開発は4段階

イーサリアムには4つの開発段階があります。フロンティア、ホームステッド、メトロポリス、セレニティと名前が付けられています。いわば技術者向けのテスト版だったフロンティアから現在のホームステッドにアップデートされ、現在では数多くのプロジェクトがイーサリアムを利用して分散型アプリケーションを構築しています。そして今回紹介しているメトロポリスが9月下旬に実施され、最後のセレニティではProof of WorkからProof of Stakeへの移行が行われる予定です。

イーサリアム価格への影響は?

メトロポリスアップデートの発表が影響したか、イーサリアム価格は3.3万円台から3.8万円台まで上昇しました。イーサリアムはさまざまな問題も抱えていますが、メトロポリスはプラスのアップデートであり具体的な時期が示されたことで好材料として受け止められたのではないでしょうか。8月21日にMoneroがBithumb上場のニュースで急騰しましたが、仮想通貨市場はこうした好材料によって動きを見せるようになっており、時価総額2位のイーサリアムへの期待は大きそうです。

イーサリアムを扱う主な取引所

イーサリアムは国内で大半の取引所が取り扱いをしています。主要な取引所としては、coincheckやbitFlyer、bitbank.ccなどです。coincheckとbitFlyerでは連動して動くことも多いイーサリアムクラシックの取引もできます。coincheckはイーサリアム含めて13種類、bitFlyerは5種類、bitbank.ccは6種類の仮想通貨を取引できます。

coincheckの詳細はこちら

bitFlyerの詳細はこちら

bitbank.ccの詳細はこちら

イーサリアムのメトロポリスに注目

イーサリアムのメトロポリスアップデートが9月下旬に行われます。分散型アプリケーション構築のためのプラットフォームとしてのポジションをより確固たるものにするのではないでしょうか。価格への影響は何とも言えませんが、プラスのアップデートであり、あまりマイナスには働かないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧