仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。また、レバレッジ取引を行う場合は投資額を上回る損失が生じる可能性がございます。

Ripple(リップル)社はスタンダード・チャータード銀行(シンガポール)、アクシス銀行(インド)、RAKBANK(UAE)の3行がRippleNetを利用した国際送金を開始したと発表しました。

目次

  • Ripple(リップル)、シンガポール・インド・UAE間での国際送金を開始
  • 拡大するRippleNetの利用
  • XRP価格について
  • リップル社、XRPの今後に注目

Ripple(リップル)、シンガポール・インド・UAE間での国際送金を開始

Ripple(リップル)社はスタンダード・チャータード銀行(シンガポール)、アクシス銀行(インド)、RAKBANK(UAE)の3行がRippleNetを利用した国際送金を開始したと発表しました。発表によると、シンガポールのスタンダード・チャータード銀行はインドのアクシス銀行へ国際送金サービスを開始。年間150億ドルの送金があると見込んでいます。また、UAEのRAKBANKからインドのアクシス銀行への国際送金サービスも開始され年間126億ドルの送金が見込まれています。

Rippleグローバル戦略責任者のコメント

スタンダード・チャータード銀行、アクシス銀行、RAKBANKはスピードと透明性に対する期待など顧客の進化する要求を認識し対応しています。今回のサービスは、世界中の企業や移住労働者が世界的な商取引を加速し、資金を素早く送金することを助ける重要な一歩ですと述べています。

拡大するRippleNetの利用

リップル社は6月にSBIレミット、サイアム商業銀行と提携し、RippleNetを利用した日本-タイの即時国際送金を開始。先日はアメリカンエキスプレスがRippleNetに加入するニュースが報じられました。着実にRippleNetの利用が拡大しており、国際送金のスタンダードになっていくのではないでしょうか。

XRP価格について

XRP価格はこうしたニュースに反応したり反応しなかったりですが、アメリカンエキスプレス加入が発表された11月中旬以降、堅調な推移をしています。最近は安定して25円を超えており、次に狙うのは30円台の定着でしょうか。XRPは5月に50円程まで高騰した後、20円~30円のレンジで推移しています。

XRPを扱う取引所

XRPはcoincheckやbitbank.ccが取り扱っており、国内取引所で取引することが可能です。coincheckではXRP含め13種類の仮想通貨を取引でき、bitbank.ccでは6種類の仮想通貨を取引できます。

coincheckの詳細はこちら

bitbank.ccの詳細はこちら

リップル社、XRPの今後に注目

リップル社はスタンダード・チャータード銀行(シンガポール)、アクシス銀行(インド)、RAKBANK(UAE)の3行がRippleNetを利用した国際送金を開始したと発表しました。着実にRippleNetの利用が拡大しており、今後も急速なスピードで展開していきそうです。XRP価格にどのような影響を及ぼすかも注目されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を書いた人:編集部

編集部

ビットコインラボ編集部です。国内・海外における仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届けします。

主要仮想通貨

国内人気取引所一覧