警視庁と仮想通貨取引所、サイバー犯罪防止で協定

警視庁と仮想通貨取引所、サイバー犯罪防止で協定

警視庁と仮想通貨取引所の10社は、サイバー犯罪に対する共同対処協定書を締結しました。匿名性が高い仮想通貨がサイバー犯罪に悪用されるのを防ぐため、情報共有を進めるための協定になります。


警視庁と仮想通貨取引所、サイバー犯罪防止で協定

TK Kurikawa / Shutterstock.com

警視庁と仮想通貨取引所の10社は、サイバー犯罪に対する共同対処協定書を締結しました。匿名性が高い仮想通貨がサイバー犯罪に悪用されるのを防ぐため、情報共有を進めるための協定になります。協定を結んだ取引所は以下の10社です。

・bitFlyer
・coincheck
・SBIバーチャル・カレンシーズ
・GMOコイン
・BITPoint
・bitbank.cc
・QUOINE
・BTCBOX
・BitTrade
・マネーパートナーズ

協定の内容

取引所がサイバー犯罪を把握した場合に警視庁へ通報すること、捜査に必要な情報を提供することなど、情報共有や被害拡大防止が主な内容になります。警視庁によると、取引所利用者の口座に不正アクセスして仮想通貨を盗む被害が急増しているといい、今回の協定によりこうした被害が少しでも減少することを期待したいです。

利用者自身ができることも

ハッキングやマネーロンダリングなどのサイバー犯罪に対処することも重要ですが、利用者としては取引所に任せるしかありません。ただ、不正アクセスのリスクは軽減することができます。どの取引所でも利用できる二段階認証を設定することです。二段階認証とはIDとパスワードの確認に追加して、さらにセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みになります。不正ログインは日々発生しており、起こり得るリスクとしては最も高いことから、設定は必須と言えるでしょう。

最新の投稿


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


【2017年12月12日】ライトコインが高騰。2万円を超えて3万円に迫る

【2017年12月12日】ライトコインが高騰。2万円を超えて3万円に迫る

12月12日の仮想通貨相場はライトコインが高騰しました。前日1.8万円~1.9万円前後だった価格は2万円を突破し、一気に2.8万円台まで高騰しています。3万円に迫る勢いです。他の仮想通貨も好調な推移となっています。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin