警視庁と仮想通貨取引所、サイバー犯罪防止で協定

警視庁と仮想通貨取引所、サイバー犯罪防止で協定

警視庁と仮想通貨取引所の10社は、サイバー犯罪に対する共同対処協定書を締結しました。匿名性が高い仮想通貨がサイバー犯罪に悪用されるのを防ぐため、情報共有を進めるための協定になります。


警視庁と仮想通貨取引所、サイバー犯罪防止で協定

TK Kurikawa / Shutterstock.com

警視庁と仮想通貨取引所の10社は、サイバー犯罪に対する共同対処協定書を締結しました。匿名性が高い仮想通貨がサイバー犯罪に悪用されるのを防ぐため、情報共有を進めるための協定になります。協定を結んだ取引所は以下の10社です。

・bitFlyer
・coincheck
・SBIバーチャル・カレンシーズ
・GMOコイン
・BITPoint
・bitbank.cc
・QUOINE
・BTCBOX
・BitTrade
・マネーパートナーズ

協定の内容

取引所がサイバー犯罪を把握した場合に警視庁へ通報すること、捜査に必要な情報を提供することなど、情報共有や被害拡大防止が主な内容になります。警視庁によると、取引所利用者の口座に不正アクセスして仮想通貨を盗む被害が急増しているといい、今回の協定によりこうした被害が少しでも減少することを期待したいです。

利用者自身ができることも

ハッキングやマネーロンダリングなどのサイバー犯罪に対処することも重要ですが、利用者としては取引所に任せるしかありません。ただ、不正アクセスのリスクは軽減することができます。どの取引所でも利用できる二段階認証を設定することです。二段階認証とはIDとパスワードの確認に追加して、さらにセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みになります。不正ログインは日々発生しており、起こり得るリスクとしては最も高いことから、設定は必須と言えるでしょう。

最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で