モナコイン(MONA)価格はなぜ高騰しているのか

モナコイン(MONA)価格はなぜ高騰しているのか

モナコイン(MONA)価格が高騰を続けています。2017年初は3円程の価格でしたが、10月に100円を突破。その後も高騰は止まることなく、12月には2,000円を突破しました。なぜこれほどまでに価格が高騰しているのでしょうか。


モナコイン(MONA)価格の高騰

モナコイン(MONA)価格が高騰を続けています。2017年初は3円程の価格でしたが、12月に入り2,000円を突破しました。実に600倍以上の価格上昇です。特に10月以降の伸びが凄まじいです。2017年前半は主要な仮想通貨で初となるSegWit導入や半減期などが価格上昇要因となり、後半はbitFlyerへの上場や海外取引所への上場期待などが価格上昇要因になったと見られています。

モナコイン価格高騰の理由

モナコイン価格高騰はさまざまな理由があると思いますが、重要な点は日本人の取引が多い点です。つまり、日本人の資金がモナコインに流れている可能性が高いということです。なぜモナコインなのかについてですが、やはり日本発の仮想通貨という点が大きいのではないでしょうか。情報も入手しやすいですし、取っ付きにくい仮想通貨の中において身近な存在と言えるでしょう。

また、モナコインはbitFlyer、Zaif、bitbank.ccなど国内の主要取引所で売買することができます。アルトコインの中ではイーサリアムの次に売買しやすい環境が整っています。当然、リップルやライトコインなども売買しやすい状況にあるわけですが、2017年前半にかけて既に高騰してしまっており、モナコインのポテンシャルが大きいのではと考えるのは自然な流れと言えるかもしれません。

今後のモナコイン相場

モナコインのポテンシャルはまだ大きいと考えています。理由は海外での取引量が少ないためです。Bittrex以外の主要な海外取引所へ上場が実現すれば取引量は拡大するでしょう。また、モナコインは実需のある仮想通貨です。秋葉原などを中心に決済利用が広がっていますし、twitterではモナコインをチップとして送金することもできます。ビットコインのように広い対象ではなく、特定のコミュニティに特化している点も強みです。

今後のモナコイン価格に注目

モナコイン価格は2,000円を突破し、2017年だけで600倍以上の価格上昇を記録しました。国内で取引できる仮想通貨では、最も高騰しています。今後の価格がどうなるかはわかりませんが、期待できる部分も多く注目を集めることは間違いないのではないでしょうか。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaifの詳細はこちら

bitbank.ccの詳細はこちら

関連するキーワード


モナコイン

関連する投稿


モナコイン(MONA)、底打ちし反転か

モナコイン(MONA)、底打ちし反転か

モナコイン(MONA)は、2017年に記録的な高騰を記録しました。年初2円台だった価格は12月に2,000円を突破しています。しかし、年末から下落が続いており、現在は300円~400円台で推移している状況です。強力なサポートラインに到達し、他の仮想通貨より早く底打ちした印象があります。


1,000円を割ったモナコイン(MONA)、2018年の相場は?

1,000円を割ったモナコイン(MONA)、2018年の相場は?

2017年、国内で取引できる仮想通貨の中で最も高い上昇率を記録したのが、モナコインです。約2円から2,000円台に上昇したので、1,000倍程上昇したことになります。2018年はどのような相場になるのでしょうか。


モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破。年初から約300倍

モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破。年初から約300倍

2017年12月5日、モナコイン(MONA)価格が1,000円を突破しました。連日高騰していましたが遂に大台を突破し、現在も1,000円を割ることなく取引されています。


モナコイン(MONA)が高騰。約1ヶ月ぶりに400円台に

モナコイン(MONA)が高騰。約1ヶ月ぶりに400円台に

2017年11月22日、モナコイン(MONA)価格が高騰しました。前日330円台だった価格は440円まで高騰。100円以上の価格上昇を記録しています。400円台を付けたのは約1ヶ月ぶりです。


モナコインの「秋葉原ジャック」。価格は再び上昇

モナコインの「秋葉原ジャック」。価格は再び上昇

10月25日~31日の間、モナコインのイベントである「秋葉原ジャック」が開催されています。秋葉原ラジオ会館と秋葉原UDXの大型ディスプレイでモナコインのプロモーション動画が放映されている他、パソコンショップアークではステッカーなどを配布しています。


最新の投稿


クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディング「Readyfor」が筑波大学・落合陽一准教授のプロジェクトにてビットコインでの寄附受付を開始

クラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社は、2月21日に開始する筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトにて、通常の円での寄附に加え、ビットコインでの寄附を受け付けることを発表しました。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で