SBIホールディングス、中国取引所Huobiと資本業務提携

SBIホールディングス、中国取引所Huobiと資本業務提携

SBIホールディングス株式会社は、中国を中心としたアジア地域で仮想通貨関連事業を展開するHuobi Universal Inc.およびその関係会社と、資本および業務提携を行うことについて基本合意したと発表しました。


SBIホールディングス、中国取引所Huobiと資本業務提携

SBIホールディングス株式会社は、中国を中心としたアジア地域で仮想通貨関連事業を展開するHuobi Universal Inc.およびその関係会社と、資本および業務提携を行うことについて基本合意したと発表しました。

Huobiグループは中国最大級の仮想通貨取引所「火幣」を4年以上運営しており、現在は仮想通貨取引所「Huobi.pro」を始め、シンガポール、香港、韓国、日本等の地域において同社が培った仮想通貨関連技術・ノウハウ・人材を用いて、デジタル資産取引所、情報・調査サービス事業、仮想通貨管理用のウォレット事業を展開しています。

資本および業務提携の内容

・SBIの日本およびアジアでの仮想通貨関連事業の展開に際して、Huobiグループが保有する技術・ノウハウ・人材を活用
・SBIグループによる、Huobiグループの日本企業(Huobi Technology Japan 株式会社)の持分30%、およびHuobiグループの韓国企業(HUOBI CO., Ltd)の持分10%取得
・Huobiグループによる、SBIの子会社で仮想通貨の交換および取引サービスを提供するSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社の持分30%取得

提携の目的

SBIでは投資家の多様なニーズに応えるべく、仮想通貨の取引所運営事業への参入に向け、SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社を設立したほか、香港でのDigital Asset Exchange(仮称)の開業準備を進めています。SBIバーチャル・カレンシーズでは2017年9月29日に仮想通貨交換業の登録を完了していますが、SBIグループの顧客基盤(SBI証券:400万口座超、住信SBIネット銀行:300万口座超、SBIグループFX取引口座数:100万口座超)およびそれ以外の顧客からも大幅な流入を想定し、充分な処理能力を有する体制でのサービス提供のため、システム整備およびセキュリティ対策を含む環境構築に注力しています。

これらの取組みの一環として、中国において大手仮想通貨取引所の安定的な運営実績を保有するHuobiグループ(165万口座、1日の最高取扱高:300億人民元(約5,100億円)以上)と提携した形です。

SBIグループ参入のインパクト

SBIグループは銀行、証券、保険、FXなどを手掛ける総合金融企業です。先程紹介した顧客数からもわかりますが、証券や銀行などの顧客数を合計するとかなりの数になります。このうちの1割でもSBIバーチャル・カレンシーズに口座開設をすれば、いきなり業界トップ水準です。年明けにはサービス開始を予定しているようなので、注目が集まりそうです。

最新の投稿


新たな基軸通貨へ?ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所が誕生

新たな基軸通貨へ?ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所が誕生

ビットコインキャッシュ(BCH)基軸の仮想通貨取引所「Coinex」がイギリスで誕生します。ビットコインキャッシュをサポートしているViaBTCが展開するもので、12月下旬から取引が開始される予定です。


米国・中国 (香港)、仮想通貨投資をしている割合が10%を超える。(MONEXグローバル個人投資家サーベイ)

米国・中国 (香港)、仮想通貨投資をしている割合が10%を超える。(MONEXグローバル個人投資家サーベイ)

マネックス証券株式会社は第24回となる「MONEX グローバル個人投資家サーベイ」を実施しました。「仮想通貨」への投資経験や意欲の調査では、前回よりも投資している割合が増え、米国・中国(香港)では10%を超える個人投資家が「既に投資している」と回答しました。


ガイアエクスチェンジ、仮想通貨自動両替機の取扱い開始。BTC、ETH、XRPなど複数通貨対応

ガイアエクスチェンジ、仮想通貨自動両替機の取扱い開始。BTC、ETH、XRPなど複数通貨対応

自動外貨両替機の販売・運用などを行う株式会社ガイアエクスチェンジは、仮想通貨をその場で日本円に両替できる仮想通貨自動両替機の取扱いを2018年3月10日より開始することを発表しました。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など全8種類の仮想通貨に対応します。


12月後半のビットコイン相場展望「価値とは何か」

12月後半のビットコイン相場展望「価値とは何か」

12月前半は駆け込み需要からまたしてもBTC相場史上最大の上昇幅となり、一時2,360,000円に到達。先物取引開始を受け不安感から調整に見舞われたものの、下落トレンドは続かず、現在190万円台で膠着しています。


IDOM(旧社名:ガリバーインターナショナル)がビットコイン決済を導入

IDOM(旧社名:ガリバーインターナショナル)がビットコイン決済を導入

株式会社IDOM(旧社名:ガリバーインターナショナル)が全国に24店舗を展開する輸入中古車専門店「LIBERALA」(リベラーラ)全店でビットコイン決済を導入します。12月20日(水)より開始する予定です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin