coincheck(コインチェック)、出川哲朗さんを起用したCMを開始

coincheck(コインチェック)、出川哲朗さんを起用したCMを開始

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、タレントの出川哲朗さんを起用した新CM「兄さん知らないんだ」篇を12月8日(金)よりWEBにて公開しました。12月13日(水)よりテレビにてオンエアも開始予定です。


coincheck(コインチェック)、出川哲朗さんを起用したCMを開始

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、タレントの出川哲朗さんを起用した新CM「兄さん知らないんだ」篇を12月8日(金)よりWEBにて公開しました。12月13日(水)よりTVにてオンエアも開始予定です。

CMでは、タレントの出川哲朗さんが双子の兄弟に挑戦。弟が兄を激しく責め立てるように「なぜビットコインはコインチェックがいいのか!?」を問いただし、それに対し曖昧ながらも、悠然と返答する兄との問答が描かれており、ワードとしては聞いたことあるものの、その仕組みや詳細がまだまだ浸透していない「ビットコイン」の現状を彼らが代弁しているかのような作りになっています。

こちらがそのCM。テレビで放映が開始されれば、非常に話題を集めそうです。

coincheckのCMに出演した出川哲朗さんのインタビュー動画も公開されています。

ビットコインの更なる認知度向上になりそう

仮想通貨取引所がテレビCMを行うのはまだまだ珍しいため、ビットコインの更なる認知度向上に繋がりそうです。出川哲朗さんは知名度が高いので、これまであまり関心がなかった方も興味を持つきっかけになるのではないでしょうか。

coincheckについて

coincheckは2014年から仮想通貨取引所を運営しています。CMではビットコインがメインとなっていますが、最大の特徴は種類豊富な仮想通貨を取り扱っている点です。イーサリアム、リップル、ライトコイン、DASHなどビットコイン含め13種類の仮想通貨を取引することができます。また、アプリが非常に好評で利用者数ナンバーワンです。パソコンのない環境であっても仮想通貨取引が気軽にできる取引所です。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2018年は仮想通貨取引所のテレビCMが増加しそう

coincheckが12月13日(水)よりテレビCMを開始します。既に取引所ではbitFlyerが開始していますが、今後他の取引所でも開始するのではないでしょうか。大手証券会社やFX会社の参入も続くため、可能性は高いように思います。テレビ離れが進んでいますが、一般の方に広くリーチする点においてテレビを超えるメディアはありません。テレビCMをきっかけに仮想通貨に関心を持ち、ネガティブなイメージが払拭されることを期待したいです。

関連するキーワード


coincheck

関連する投稿


coincheck(コインチェック)、新規株主としてWiL Fund I, L.P.及びWiL Fund II, L.P.が参画

coincheck(コインチェック)、新規株主としてWiL Fund I, L.P.及びWiL Fund II, L.P.が参画

大手仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)を運営するコインチェック株式会社は、新規株主としてWiL Fund I, L.P.及びWiL Fund II, L.P.が参画したことを発表しました。また、同ファンドの共同創業者兼General Partnerである西條晋一氏はアドバイザーに就任します。


仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

coincheck(コインチェック)は国内の仮想通貨取引所で利用者数が多いことで知られています。最大の魅力や特徴が、数多くの仮想通貨を取り扱っていることです。coincheckの魅力、特徴、評判などを紹介します。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


coincheck(コインチェック)がSegWit2x(B2X)への対応を発表

coincheck(コインチェック)がSegWit2x(B2X)への対応を発表

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が11月中旬に予定されるSegWit2x(B2X)の分岐に対する対応を発表しました。対応の詳細を紹介します。


coincheck(コインチェック)がビットコインゴールドの付与を発表

coincheck(コインチェック)がビットコインゴールドの付与を発表

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、10月25日にハードフォークが予定されるビットコインゴールドを付与すると発表しました。ビットコインの取引状況により付与される数量は異なりますが、基本保有しているビットコインと同数に近いビットコインゴールドが付与されます。


最新の投稿


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化。米ドルの割合が上昇

ビットコインの通貨別取引量に変化が生じています。日本円の割合が40%程に低下し、米ドルの割合が33%程に上昇しています。CBOEやCMEのビットコイン先物取引などが影響していそうです。


GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループ、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

GMOインターネットグループは、給与の一部をビットコインで受け取れる制度の導入を決定したと発表しました。この制度は、ビットコインの購入を目的とした給与控除を行うことで、給与手取り額の一部をビットコインで受け取ることができる、4,000名超の国内パートナー(従業員)を対象とした制度です。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin