リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

2017年12月30日、リップル(XRP)価格が高騰しています。前日150円~200円で推移していた価格は200円を突破すると、一気に290円台を記録し300円に迫る高騰を見せています。下落する仮想通貨が多い中、一人勝ちの状態です。


リップル(XRP)が300円に迫る高騰

2017年12月30日、リップル(XRP)価格が高騰しています。前日150円~200円で推移していた価格は200円を突破すると、一気に290円台を記録し300円に迫る高騰を見せています。リップルは12月に入ってから高騰が続いており、価格は1ヶ月間だけで約10倍になりました。

時価総額でイーサリアムを抜き2位に

時価総額ではイーサリアムを抜き2位に浮上しました。時価総額は1,000億ドル(約11兆円)を超えました。リップルが時価総額2位になるのは2017年5月以来です。全体に占める割合は約17%となっています。5月はリップルのシェアが27%まで高まったので、上昇する余地はまだあると言えるかもしれません。

リップル高騰の要因は?

リップルはさまざまな材料が出ており、何が価格に影響しているか判断することは難しいですが、12月初旬には内外為替一元化コンソーシアムにおいて参加金融機関と韓国大手行との間で、分散台帳技術(DLT)を活用した国際送金の共同実験を開始することが発表されました。大手メディアで大きく報道されるなど、高騰のきっかけとも取れる出来事でした。12月後半にはリップル社のCEOがCNBC出演。XRPの認知度を確実に高めたと言えるでしょう。また、年明けにはアメリカ最大の仮想通貨取引所であるコインベースに上場する噂もあります。先日ビットコインキャッシュが上場した際は高騰したことから、事実であれば期待の持てる内容と言えそうです。

リップルを扱う取引所

リップルはcoincheck、GMOコイン、bitbank.ccなどの国内取引所が扱っています。coincheckとGMOコインは販売所、bitbank.ccは取引所取引で提供しています。各社のリップル取引の特徴については以下の記事を参照ください。

リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

https://bitcoinlab.jp/articles/1044

2017年12月に入りリップル(XRP)価格が高騰しています。20円~30円で推移していた価格は一時99円まで高騰。2017年前半に記録した過去最高価格を大きく更新しました。リップルは国内複数の仮想通貨取引所で取引することができますが、おすすめの取引所はあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

GMOコインの詳細はこちら

bitbank.ccの詳細はこちら

来年も飛躍が予想されるリップル、警戒も

2017年、リップル価格は1円に満たない価格から始まりました。実に数百倍の高騰を記録しているわけです。しかし、2017年5月の高騰から約半年間は、ピーク時の50円を超えることなく、20円台での推移が長く続きました。実際、長く続いた価格低迷に耐えられず売却した方も多いです。2018年も飛躍が期待されていますが、こうした可能性があることは頭に入れておくべきでしょう。

関連するキーワード


リップル

関連する投稿


スペインのサンタンデール銀行、Ripple社の技術を利用した国際送金サービスを開始

スペインのサンタンデール銀行、Ripple社の技術を利用した国際送金サービスを開始

スペインの大手銀行であるサンタンデール銀行は、Ripple社の技術を利用した国際送金サービスを開始することを発表しました。「Santander One Pay FX」と呼ばれるサービスで、スペイン、イギリス、ブラジル、ポーランドのサンタンデール銀行間で提供されます。


テンセントがリップル(XRP)に2,000億円出資と報道

テンセントがリップル(XRP)に2,000億円出資と報道

メッセンジャーアプリ「WeChat」などを展開する中国の巨大IT企業テンセントが、リップル(XRP)に2,000億円出資すると報道がありました。公式発表ではないため、確定した情報ではありませんが、注目すべき話題です。


リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップルとサウジアラビアの中央銀行が提携したことがわかりました。サウジアラビアの国内銀行がリップルのブロックチェーン技術を使用するための契約で、リップル社のソフトウェアであるxCurrentを利用した取引を可能にします。リップル社は連日提携発表をしており、世界中で利用が進んでいます。


リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

2017年12月に入りリップル(XRP)価格が高騰しています。20円~30円で推移していた価格は一時99円まで高騰。2017年前半に記録した過去最高価格を大きく更新しました。リップルは国内複数の仮想通貨取引所で取引することができますが、おすすめの取引所はあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で