仮想通貨の時価総額。1兆ドル達成は近いか

仮想通貨の時価総額。1兆ドル達成は近いか

2018年1月4日、仮想通貨全体の時価総額が7,500億ドルを超えました。時価総額は2017年11月から急拡大しており、2ヶ月で約4倍になっています。このペースが続けば、1兆ドルを超える日も近いかもしれません。


仮想通貨の時価総額が7,500億ドルを突破

2018年1月4日、仮想通貨全体の時価総額が7,500億ドルを超えました。時価総額は2017年11月から急拡大しており、2ヶ月で約4倍になっています。このペースが続けば、1兆ドルを超える日も近いことになりますが、どうなるのでしょうか。

時価総額拡大の要因は相場の高騰です。11月以降はビットコイン先物の上場が決まり、仮想通貨投資家が世界的に急増しました。望まれていた機関投資家の参入が本格化するとの期待が大きいでしょう。

時価総額拡大を牽引しているアルトコイン

仮想通貨の時価総額拡大を牽引しているのは、ビットコインではなくアルトコインです。現在、ビットコインの全体に占めるシェアは約33%となっており、過去最低のレベルになっています。アルトコインを見てみると、2位のリップルが約18%、3位のイーサリアムが約12%、4位のビットコインキャッシュが約5%です。

その他仮想通貨のシェアが20%以上を占める

これまでの仮想通貨時価総額のシェアは、時価総額上位の仮想通貨が9割程を占めていましたが、現在は時価総額トップ10に入らない仮想通貨のシェアが20%を超えています。つまり、リップルやイーサリアムなど主要なアルトコイン以外も高騰しているということです。2017年前半の動きに近いですが、ビットコインの次を求める動きが大きくなっていることがわかります。

投機的な市場、注意も必要

現在の仮想通貨相場は買いが買いを呼んでいる状況であり、投機的な市場と言えます。さまざまな見方があると思いますが、やや過熱気味なのは事実でしょう。このような相場がずっと続くことは考えづらいため、注意も必要です。実際、2017年前半は7月に大暴落が起き、アルトコインの多くは半年程ピーク時の価格を超えることができませんでした。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で