仮想通貨の時価総額。1兆ドル達成は近いか

仮想通貨の時価総額。1兆ドル達成は近いか

2018年1月4日、仮想通貨全体の時価総額が7,500億ドルを超えました。時価総額は2017年11月から急拡大しており、2ヶ月で約4倍になっています。このペースが続けば、1兆ドルを超える日も近いかもしれません。


仮想通貨の時価総額が7,500億ドルを突破

2018年1月4日、仮想通貨全体の時価総額が7,500億ドルを超えました。時価総額は2017年11月から急拡大しており、2ヶ月で約4倍になっています。このペースが続けば、1兆ドルを超える日も近いことになりますが、どうなるのでしょうか。

時価総額拡大の要因は相場の高騰です。11月以降はビットコイン先物の上場が決まり、仮想通貨投資家が世界的に急増しました。望まれていた機関投資家の参入が本格化するとの期待が大きいでしょう。

時価総額拡大を牽引しているアルトコイン

仮想通貨の時価総額拡大を牽引しているのは、ビットコインではなくアルトコインです。現在、ビットコインの全体に占めるシェアは約33%となっており、過去最低のレベルになっています。アルトコインを見てみると、2位のリップルが約18%、3位のイーサリアムが約12%、4位のビットコインキャッシュが約5%です。

その他仮想通貨のシェアが20%以上を占める

これまでの仮想通貨時価総額のシェアは、時価総額上位の仮想通貨が9割程を占めていましたが、現在は時価総額トップ10に入らない仮想通貨のシェアが20%を超えています。つまり、リップルやイーサリアムなど主要なアルトコイン以外も高騰しているということです。2017年前半の動きに近いですが、ビットコインの次を求める動きが大きくなっていることがわかります。

投機的な市場、注意も必要

現在の仮想通貨相場は買いが買いを呼んでいる状況であり、投機的な市場と言えます。さまざまな見方があると思いますが、やや過熱気味なのは事実でしょう。このような相場がずっと続くことは考えづらいため、注意も必要です。実際、2017年前半は7月に大暴落が起き、アルトコインの多くは半年程ピーク時の価格を超えることができませんでした。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


【2018年1月18日】仮想通貨相場が回復。一時的?再び上昇?

【2018年1月18日】仮想通貨相場が回復。一時的?再び上昇?

1月18日の仮想通貨相場は、昨日までの暴落から一転し急回復しました。ビットコインは一時100万円を割りましたが、140万円台まで回復しています。アルトコインは下落率の大きかった種類ほど回復率も高いのが特徴です。この回復は一時的なのでしょうか、それとも再び上昇に向かうのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin