【2018年1月5日】リップル(XRP)とNEM(XEM)が下落。リップルのコインベース上場は実現せず

【2018年1月5日】リップル(XRP)とNEM(XEM)が下落。リップルのコインベース上場は実現せず

1月5日の仮想通貨相場は、堅調な推移をしていています。ビットコインは180万円台に回復し、アルトコインではイーサリアムやAugurが10%くらい上昇していて好調です。しかし、昨日高騰したリップル(XRP)とNEM(XEM)は下落しています。


1月5日の状況

1月5日の仮想通貨相場は、堅調な推移をしていています。ビットコインは180万円台に回復し、アルトコインではイーサリアムやAugurが10%くらい上昇していて好調です。しかし、昨日高騰したリップル(XRP)とNEM(XEM)は10%前後下落しています。昨日の高騰でリップルは405円、NEMは249円の過去最高価格を記録しました。今後はこの価格がターゲットになってきそうです。

資産状況

資産は283万円くらいです。リップルの下落によって昨日より20万円くらい減っています。何だか資産の上下具合が凄いことになってきました。

リップル(XRP)のコインベース上場は決定せず

今日のリップル下落の原因になっていると思われるのが、アメリカの大手取引所であるコインベースに上場が決定しなかったことです。年末から年明けにコインベースに上場するのではと噂されていましたが、現実にはなりませんでした。失望売りという感じでしょうか。コインベースは現在、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュを取り扱っていて、ビットコインキャッシュ上場時に価格が高騰したことから、リップルも注目を集めていました。

新規上場は2018年も要注目

新たな取引所への上場は2018年も注目を集めることになりそうです。リップルは既に世界中の大手取引所が取り扱っていて、新規上場で大きな話題はそこまでなさそうですが、NEMなどはまだまだ取り扱っていない取引所が多いです。時価総額上位で上場している取引所が少ないアルトコインは注目かもしれません。

また次回

1月5日の仮想通貨相場は、ビットコインやイーサリアム価格が上昇していますが、昨日高騰したリップルやNEMは下落しました。リップルのコインベース上場が実現しなかったことは残念ですが、まだチャンスはあると思うので、今後にしたいですね。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

当企画について

 

関連するキーワード


投資日記

関連する投稿


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


【2018年1月18日】仮想通貨相場が回復。一時的?再び上昇?

【2018年1月18日】仮想通貨相場が回復。一時的?再び上昇?

1月18日の仮想通貨相場は、昨日までの暴落から一転し急回復しました。ビットコインは一時100万円を割りましたが、140万円台まで回復しています。アルトコインは下落率の大きかった種類ほど回復率も高いのが特徴です。この回復は一時的なのでしょうか、それとも再び上昇に向かうのでしょうか。


【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

仮想通貨相場は数日前から下落していましたが、昨日30%前後の暴落をし、本日1月17日も30%以上価格を下げています。ビットコインは一時100万円を割り込み、アルトコインも総崩れです。仮想通貨全体の時価総額は50兆円を割り、ピーク時から30兆円以上縮小しています。


【2018年1月16日】仮想通貨相場は全面安

【2018年1月16日】仮想通貨相場は全面安

1月16日の仮想通貨相場は、数種類を除いて全面安となっています。ビットコインは5%程の下落で160万円台、アルトコインは10%前後下落している種類が多いです。高騰を続けていたリップルも一時200円を割るなど下落を続けています。


【2018年1月15日】調整ムードの仮想通貨相場

【2018年1月15日】調整ムードの仮想通貨相場

1月13日~14日の週末は特に大きな動きはなく、週明け1月15日の仮想通貨相場も低調な推移になっています。やや下落している種類が多く、調整ムードといった感じでしょうか。


最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin