米コダックが「コダックコイン」のICOと仮想通貨マイニング開始を発表

米コダックが「コダックコイン」のICOと仮想通貨マイニング開始を発表

写真用品メーカーとして有名な米コダックが、「コダックコイン」のICOと仮想通貨マイニング開始を発表しました。コダックは2012年に破綻しましたが、法人向け商業印刷を柱にして再建し、2013年にニューヨーク証券取引所に再上場しています。


米コダックが「コダックコイン」のICOと仮想通貨マイニング開始を発表

Cineberg / Shutterstock.com

写真用品メーカーとして有名な米コダックが、「コダックコイン」のICOと仮想通貨マイニング開始を発表しました。コダックコインはコダックワンという写真家の作品の保存や権利関係の処理、販売を手がけるサービスの決済通貨として利用することができます。また、仮想通貨マイニングに関してはコダックが持つ発電施設の余剰電力を使用して行われるようです。

株価は急騰

この発表を受け、コダックの株価は100%以上高騰しました。先日もある企業が社名に「ブロックチェーン」を入れたことで株価が急騰しましたが、仮想通貨やブロックチェーン関連の期待の高さが伺えます。単なる流行りのようにも感じますが、コダックの分野はブロックチェーンや仮想通貨と相性が良く、可能性を秘めた内容だと言えるでしょう。

ICOは2018年1月31日から

Lenscap Photography / Shutterstock.com

コダックコインのICOは1月31日から開始されます。SEC(アメリカ証券取引委員会)の認可を得ており、アメリカで承認を受けた投資家のみ参加できるものになるといいます。これだけ有名な大手企業が仮想通貨を発行してICOをするケースは珍しいです。

日本でも大手企業による仮想通貨発行やICOが見られそう

2018年は日本でも大手企業による仮想通貨発行やICOが見られるかもしれません。実際、ブロックチェーンと相性が良く、独自の経済圏を築けるような分野は多数あり、既に検討している企業もあるのではないでしょうか。ICOは今年も数が増えると思いますが、規制強化や上場後の価値の希薄化などにより、中身が伴った内容になっていくことが考えられそうです。

仮想通貨取引所の比較はこちら

 

最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で