【2018年1月11日】仮想通貨相場は全体的に下落。原因は?

【2018年1月11日】仮想通貨相場は全体的に下落。原因は?

1月11日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコイン、アルトコインともに10%くらいの下落です。高騰を続けていたイーサリアムも下落していて、久しぶりの全面安といった感じです。


1月11日の状況

1月11日の仮想通貨相場は、全体的に下落しています。ビットコイン、アルトコインともに10%くらいの下落です。高騰を続けていたイーサリアムも下落していて、久しぶりの全面安といった感じです。Augurが気を吐いていますが、時価総額上位100位以内で上昇しているのは僅か7種類となっています。

資産状況

資産は207万円くらいです。相場下落により昨日より30万くらい減りました。ピーク時からは100万円近く減っています。リップルの下落が大きいですが、まだ結構な含み益がある状態ですし売ることは考えていません。

仮想通貨相場下落の原因は?

韓国、仮想通貨の取引禁止法案を準備 脱税容疑で取引所捜索

https://jp.reuters.com/article/south-korea-cryptocurrency-ban-idJPKBN1F00BH

韓国の朴相基(パク・サンギ)法相は11日、仮想通貨の取引所取引を禁止する法案を法務省が準備していることを明らかにした。これとは別に、警察・税務当局が今週、複数の国内大手取引所を脱税の疑いで捜索したことも明らかになった。

仮想通貨下落の原因として考えられるのが、上記の報道です。韓国の朴相基(パク・サンギ)法相が仮想通貨の取引所取引を禁止する法案を法務省が準備していることを明らかにしたようです。韓国は仮想通貨取引が過熱気味で政府が引き締めに動いています。準備段階なのでどうなるかわかりませんが、相場にとっては間違いなくマイナス要因です。

中国ではマイニング禁止?

China Quietly Orders Closing of Bitcoin Mining Operations

https://www.wsj.com/articles/china-quietly-orders-closing-of-bitcoin-mining-operations-1515594021

Chinese authorities ordered the closing of operations that create a large share of the world’s supply of bitcoin, tightening a clampdown that has already shuttered exchanges for the trading of cryptocurrencies in China.

これは取材元が不明ですし、真相はわかりませんが、ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、中国当局はマイニング事業者に停止を求める通達を出したようです。このニュースも下落の要因になっていると思います。マイニングは徐々に中国からのシフトが進んでいるとはいえ、これが本当なら影響は大きそうです。

また次回

1月11日の仮想通貨相場は全体的に下落しました。韓国と中国からネガティブなニュースが立て続けに飛び込んできて影響を受けたのだと思います。ただ、韓国が本当に仮想通貨取引を禁止するかは疑問ですし、中国発のネガティブなニュースは昨年も散々ありました。悪いニュースは必ずあるものなので、こういう時は大人しくしているのが一番かなと思います。ではまた次回、楽しみにしていてください。

使っている取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

当企画について

 

関連するキーワード


投資日記

関連する投稿


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


【2018年1月18日】仮想通貨相場が回復。一時的?再び上昇?

【2018年1月18日】仮想通貨相場が回復。一時的?再び上昇?

1月18日の仮想通貨相場は、昨日までの暴落から一転し急回復しました。ビットコインは一時100万円を割りましたが、140万円台まで回復しています。アルトコインは下落率の大きかった種類ほど回復率も高いのが特徴です。この回復は一時的なのでしょうか、それとも再び上昇に向かうのでしょうか。


【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

仮想通貨相場は数日前から下落していましたが、昨日30%前後の暴落をし、本日1月17日も30%以上価格を下げています。ビットコインは一時100万円を割り込み、アルトコインも総崩れです。仮想通貨全体の時価総額は50兆円を割り、ピーク時から30兆円以上縮小しています。


【2018年1月16日】仮想通貨相場は全面安

【2018年1月16日】仮想通貨相場は全面安

1月16日の仮想通貨相場は、数種類を除いて全面安となっています。ビットコインは5%程の下落で160万円台、アルトコインは10%前後下落している種類が多いです。高騰を続けていたリップルも一時200円を割るなど下落を続けています。


【2018年1月15日】調整ムードの仮想通貨相場

【2018年1月15日】調整ムードの仮想通貨相場

1月13日~14日の週末は特に大きな動きはなく、週明け1月15日の仮想通貨相場も低調な推移になっています。やや下落している種類が多く、調整ムードといった感じでしょうか。


最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin