メルカリ子会社のメルペイが仮想通貨交換業の登録申請へ

メルカリ子会社のメルペイが仮想通貨交換業の登録申請へ

フリマアプリで有名なメルカリが2017年11月に設立した子会社メルペイを通じて2018年中にも仮想通貨交換業登録を目指すことがITproの報道でわかりました。主要な仮想通貨を決済手段としてフリマアプリ「メルカリ」に導入する方針のようです。


メルカリ子会社のメルペイが仮想通貨交換業の登録申請へ

フリマアプリで有名なメルカリが2017年11月に設立した子会社メルペイを通じて2018年中にも仮想通貨交換業登録を目指すことがITproの報道でわかりました。今後、主要な仮想通貨を決済手段としてフリマアプリ「メルカリ」に導入する方針のようです。

メルペイは金融関連の新規事業を行うために設立されましたが、これまで具体的な事業内容は明らかにされていませんでした。ITproによるとメルペイはメルカリの顧客基盤をベースにまずは国内市場で金融サービスを手掛けていく予定で、決済に加えて、資産運用、融資、保険、与信基盤などを含む総合金融サービスプラットフォームの構築に乗り出すようです。

メルカリ、仮想通貨交換業登録を年内にも

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/011002935/?rt=nocnt

 メルカリが、2017年11月に設立した子会社メルペイを通じて2018年中にも仮想通貨交換業登録を目指すことが日経FinTechの取材で明らかになった。今後、ビットコインをはじめとする主要仮想通貨を決済手段としてフリマアプリ「メルカリ」に組み込む。

メルカリは国内で6000万ダウンロードを誇るフリマアプリ

メルカリは国内で6000万ダウンロードを誇るフリマアプリです。当然ダブりはありますが、単純に考えると国民の2人に1人がダウンロードしている計算になります。海外展開も積極的に進めており、世界での累計ダウンロード数は1億を突破しています。このメルカリで仮想通貨決済ができれば、非常に大きなインパクトになるでしょう。

ICOにも関心

青柳氏は「現在の仮想通貨は投機的な側面が強い」と指摘。一部家電量販店などではビットコインが利用可能になっているものの、いまだ決済で利用可能な店舗は限られている。「(仮想通貨の)社会実装において、先鞭をつけたい」(青柳氏)としており、まずはビットコインなどの主要な仮想通貨をメルカリの決済で使えるようにする。

その上で自社がトークンを発行するICOにも興味を示した。「メルカリとしてのスタンスは決まっていない」(青柳氏)とした上で、「発行体が開発費用調達のためにトークンを発行しているのが現状。社会的なルールが定まった上で、投機的ではなく、社会的便益をもたらす責任あるICOが望ましいと考えている」(青柳氏)とした。

ITproの報道によると、メルペイはICOにも関心を示しているようです。最近ではコダックやTelegramなどのICOが話題になっていますが、大きな基盤を持つ企業のトークン発行はトークンエコノミーの進展において重要な役割を果たすでしょう。

今後の展開に注目

メルペイでは、まず主要な仮想通貨を決済手段としてフリマアプリ「メルカリ」に導入する方針のようですが、今後さまざまな展開が見られそうです。今後の展開に注目しましょう。

最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で