フラー株式会社「App Ape Award 2017」のノミネートアプリを選出。コインチェックアプリも選出

フラー株式会社「App Ape Award 2017」のノミネートアプリを選出。コインチェックアプリも選出

スマホアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を手掛けるフラー株式会社は、この1年間で著しい成長を遂げたスマホアプリを表彰する「App Ape Award 2017」のノミネートアプリを選出しました。coincheck(コインチェック)のビットコインウォレットも選出されています。


フラー株式会社「App Ape Award 2017」のノミネートアプリを選出

スマホアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を手掛けるフラー株式会社は、この1年間で著しい成長を遂げたスマホアプリを表彰する「App Ape Award 2017」のノミネートアプリを選出しました。App Apeのデータをもとに、2017年を代表する83アプリを選出。内訳はアプリ部門40アプリ、ゲーム部門43アプリとなっています。App Ape Awardは、2016年11月からの1年間で月間アクティブユーザーの伸びが著しかったアプリを部門別にノミネート。最も人気のアプリを決める「アプリオブザイヤー」を当日のユーザー投票と事前のSNS投票で選出します。

コインチェックのアプリが選出

Coincheck ビットコインウォレットを App Store で

https://itunes.apple.com/jp/app/coincheck-%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88/id957130004?mt=8

「Coincheck ビットコインウォレット」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Coincheck ビットコインウォレットをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

仮想通貨関連のアプリとしては、取引所を展開するcoincheck(コインチェック)のビットコインウォレットアプリが選出されました。フィンテックのジャンルではAEON WALLET、Yahoo!ファイナンス、家計簿マネーフォワード、dカードアプリとあわせ5つが選出されているだけなので、コインチェックアプリがどれだけ使われているかがわかります。

コインチェックアプリの特徴

コインチェックのアプリは、仮想通貨の売買、資産管理、送金、決済などの機能が付いています。コインチェックに口座開設後、アプリをインストールしてログインすることで全ての機能を使うことが可能です。コインチェックは国内最多13種類の仮想通貨を取り扱っており、アルトコインの取引をする場合は欠かせない存在になっていますが、アプリの使いやすさも人気を集めている理由です。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

他取引所のアプリ対応にも期待

パソコンからスマホへの大きなシフトが起き、スマホ対応はもちろん、アプリ対応も必須の時代になってきています。ただ、アプリ対応している仮想通貨取引所は意外に少ないため、コインチェック以外の取引所でもさまざまな特徴を持ったアプリが登場することを期待したいです。

関連するキーワード


アプリ

関連する投稿


仮想通貨取引所のアプリ。ダウンロードランキング上位に

仮想通貨取引所のアプリ。ダウンロードランキング上位に

仮想通貨取引所のスマートフォンアプリがApp StoreやGoogle Playのダウンロードランキングにおいて上位にランクインしています。特に目立つのはcoincheck(コインチェック)で、テレビCMの影響力の大きさが伺えます。


仮想通貨取引所のウォレットアプリを比較

仮想通貨取引所のウォレットアプリを比較

国内には15社程の仮想通貨取引所がありますが、仮想通貨の売買だけでなく、ウォレットアプリを提供している取引所もあります。ウォレットアプリを提供する取引所ごとの特徴や機能などを比較して紹介します。


GMOコインのアプリ。豊富な情報を見ながら仮想通貨FXができる

GMOコインのアプリ。豊富な情報を見ながら仮想通貨FXができる

仮想通貨取引所のGMOコインは、「ビットレ君」という仮想通貨FX専用アプリを提供しています。仮想通貨取引所はアプリの提供をしていますが、レバレッジ取引はできないことが多く、GMOコインのアプリは珍しい存在です。


coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデートされました。元々シンプルな画面と使いやすさから好評を集めていましたが、ローソク足とBTC建チャートも加わり、さらに便利になりました。


Zaifのアプリの評判は?ビットコインとトークンの送受信、取引所が利用可能。

Zaifのアプリの評判は?ビットコインとトークンの送受信、取引所が利用可能。

大手取引所のZaifではアプリも展開しています。アプリでは、ビットコインやトークンの送受信や売買が可能な他、取引所であるZaif Exchangeを利用することができます。Zaifアプリの機能や評判を中心に紹介します。


最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で