bitFlyer、ぐるなび「ぐるなびPay」へビットコイン決済サービスを提供

bitFlyer、ぐるなび「ぐるなびPay」へビットコイン決済サービスを提供

大手仮想通貨取引所のbitFlyerは、株式会社ぐるなびと連携し、ビットコイン決済サービスを「ぐるなびPay」へ提供開始したことを発表しました。東京都内の飲食店10店舗で試験的に先行導入し、2018年春を目途に全国への展開を目指します。


bitFlyer、ぐるなび「ぐるなびPay」へビットコイン決済サービスを提供

大手仮想通貨取引所のbitFlyerは、株式会社ぐるなびと連携し、ビットコイン決済サービスを「ぐるなびPay」へ提供開始したことを発表しました。東京都内の飲食店10店舗で試験的に先行導入し、2018年春を目途に全国への展開を目指します。ぐるなびとの連携により、多様化する決済手段に対応する利便性の高い決済サービスを飲食店に提供していくとしています。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「ぐるなびPay」とは

「ぐるなびPay」は飲食店情報サイトぐるなびが提供するマルチ決済サービスです。ビットコインに加え、クレジットカード決済やWeChat Pay決済にも対応しています。モバイルPOSシステム「ぐるなびPOS+(ポスタス)」との連携により、注文から決済まで一連のオペレーションでスムーズに利用することが可能となります。また、売り上げ、客単価、注文点数、注文商品を席単位で分析したり売上の管理ができたり、勤怠・シフトの管理ができたりとさまざまな機能を使うことができます。

ビットコイン決済の導入は進むが

さまざまな店舗や企業で導入が進むビットコイン決済ですが、実際の利用となるとハードルが高いのは事実です。まず送金手数料の高騰が挙げられます。価格高騰とともに手数料も高騰しており、少額の買い物では手数料の方が高くなってしまうこともあります。

また、税金の問題もあります。現状の税制だと仮想通貨を使用することで生じた利益が所得税の課税対象となります。使用とは仮想通貨を日本円に売却すること、他の仮想通貨と交換すること、そして決済利用も対象です。これでは日本円で決済した方がお得であり、税金の計算も面倒になることから、決済利用を躊躇する方も多くなるでしょう。

今後の進展に期待

ビットコイン決済に対応する店舗や企業は着実に増加していますが、実際の利用となるとさまざまなハードルがあります。手数料は技術的に解決できる可能性がありますが、税制を変えることはできず、しばらく変わる可能性も低いでしょう。今後ビットコイン決済が利用しやすい環境となることを期待したいです。

関連するキーワード


bitFlyer

関連する投稿


bitFlyer、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を導入予定

bitFlyer、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を導入予定

大手仮想通貨取引所のbitFlyerは、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を1月中を目処に導入します。SFDとは、「Swap For Difference」の略称で Lightning FX に適用されます。


bitFlyer(ビットフライヤー)、1月中に新規アルトコインの取り扱いを開始か

bitFlyer(ビットフライヤー)、1月中に新規アルトコインの取り扱いを開始か

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、1月中に新規アルトコインの取り扱いを開始する可能性があることがわかりました。bitFlyer社代表の加納氏がtwitterで言及しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)の「アルトコイン販売所」を利用するメリットや注意点

bitFlyer(ビットフライヤー)の「アルトコイン販売所」を利用するメリットや注意点

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)には、「アルトコイン販売所」という機能があります。名前の通り、アルトコインを売買できる場所ですが、取引所と何が違うのか、メリットや注意点はあるのかなど、紹介します。


bitFlyerが実店舗の出店を計画。ビットフライヤーカフェをオープンか

bitFlyerが実店舗の出店を計画。ビットフライヤーカフェをオープンか

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが、実店舗の出店を計画していることがわかりました。ビットフライヤーカフェというカフェ形式の店舗で、ビットコインがどんなものであるかや、どうやって買い物ができるかなどを体験できる施設だといいます。


bitFlyer USAがサービスを開始。ニューヨーク州でのライセンスも取得

bitFlyer USAがサービスを開始。ニューヨーク州でのライセンスも取得

国内大手仮想通貨取引所bitFlyerの子会社であるbitFlyer USAが、11月28日よりアメリカでのサービスを開始しました。NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)が制定したBitLicenseも取得し、ニューヨーク州を含めて42州で仮想通貨交換業運営の許可を取得しています。


最新の投稿


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


【2018年1月18日】仮想通貨相場が回復。一時的?再び上昇?

【2018年1月18日】仮想通貨相場が回復。一時的?再び上昇?

1月18日の仮想通貨相場は、昨日までの暴落から一転し急回復しました。ビットコインは一時100万円を割りましたが、140万円台まで回復しています。アルトコインは下落率の大きかった種類ほど回復率も高いのが特徴です。この回復は一時的なのでしょうか、それとも再び上昇に向かうのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin