リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップルとサウジアラビアの中央銀行が提携したことがわかりました。サウジアラビアの国内銀行がリップルのブロックチェーン技術を使用するための契約で、リップル社のソフトウェアであるxCurrentを利用した取引を可能にします。リップル社は連日提携発表をしており、世界中で利用が進んでいます。


リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携

リップルとサウジアラビアの中央銀行が提携したことがわかりました。サウジアラビアの国内銀行がリップルのブロックチェーン技術を使用するための契約で、リップル社のソフトウェアであるxCurrentを利用した取引を可能にします。xCurrentは、国際決済を即時に行うことができるもので、送受金をリアルタイムで確認することができます。

連日の提携発表

リップル社は最近、連日のように提携発表をしています。世界最大級の送金企業であるWestern Unionとは、ブロックチェーンベースの支払い実験をしていることが伝えられ、UAEの大手取引所であるUAE Exchangeとも提携しています。こうした発表にXRP価格もやや反応しており、価格回復を牽引している仮想通貨の一つになっています。

リップルとXRPの違い

リップルはこうした提携の話題が多いですが、システムとしてのリップルと仮想通貨としてのXRPは混合されがちです。「リップル」というと仮想通貨のXRPをイメージするかと思いますが、「リップル」は会社の名前でもありシステムの名前でもあります。

リップルのシステムはRipple Netと呼ばれ、「xCurrent」「xRapid」「xVia」「ripplenet」という4つのプロダクトで成り立っています。現在、金融機関などを中心に利用が進んでいるのはxCurrentになります。ただ、xCurrentの利用=XRPの利用ではありません。XRPが利用されるのはxRapidになります。当然xCurrentの利用が進めば、XRPにもプラスになると思いますが、イコールではない点は覚えておいた方がいいでしょう。

XRPの活用も進む

世界最大級の送金企業であるMoneyGramなどが代表的な存在ですが、XRPを試用する企業も出てきています。リップル社は2018年に大手送金企業3社がXRPを試用する予定であることを発表しており、相場にも良い影響を与えるかもしれません。

リップル(Ripple)の展開に注目

リップル(Ripple)社は金融機関を中心に、既に世界100社以上と提携関係にあります。今後もこの動きは加速していきそうです。そして投資家の注目はXRPが利用されるかに移りつつある印象があり、提携発表などの際はリップルとXRPを区別して確認するのがいいでしょう。

XRPを扱う主な取引所

関連するキーワード


リップル

関連する投稿


リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

2017年12月30日、リップル(XRP)価格が高騰しています。前日150円~200円で推移していた価格は200円を突破すると、一気に290円台を記録し300円に迫る高騰を見せています。下落する仮想通貨が多い中、一人勝ちの状態です。


リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

2017年12月に入りリップル(XRP)価格が高騰しています。20円~30円で推移していた価格は一時99円まで高騰。2017年前半に記録した過去最高価格を大きく更新しました。リップルは国内複数の仮想通貨取引所で取引することができますが、おすすめの取引所はあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

GMOコイン、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始

仮想通貨取引所のGMOコインは、11月29日よりリップル(XRP)の取扱いを開始します。これによりGMOコインでは、5種類の仮想通貨が取引できるようになります(その他はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)。リップルの取扱開始を記念したキャンペーンも実施予定です。


Ripple(リップル)、シンガポール・インド・UAE間での国際送金を開始

Ripple(リップル)、シンガポール・インド・UAE間での国際送金を開始

Ripple(リップル)社はスタンダード・チャータード銀行(シンガポール)、アクシス銀行(インド)、RAKBANK(UAE)の3行がRippleNetを利用した国際送金を開始したと発表しました。


最新の投稿


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が、2月16日より女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCM「ビットコインするならZaif 〜ハピネス篇〜」(15秒)を開始しました。仮想通貨取引所のテレビCMはbitFlyerやDMM Bitcoinなどに続き4社目となります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で