テンセントがリップル(XRP)に2,000億円出資と報道

テンセントがリップル(XRP)に2,000億円出資と報道

メッセンジャーアプリ「WeChat」などを展開する中国の巨大IT企業テンセントが、リップル(XRP)に2,000億円出資すると報道がありました。公式発表ではないため、確定した情報ではありませんが、注目すべき話題です。


テンセントがリップル(XRP)に2,000億円出資と報道

Stefano Zaccaria / Shutterstock.com

メッセンジャーアプリ「WeChat」などを展開する中国の巨大IT企業テンセントが、リップル(XRP)に2,000億円出資すると報道がありました。公式発表ではないため、確定した情報ではありませんが、注目すべき話題です。

報道によると、テンセントは今後12か月の間に2,000億円でXRPを購入、7月初旬に最初の1,000億円分を購入する予定といいます。リップル技術をWechatに統合し、アリババやAmazonにモバイル決済分野で対抗することが狙いのようです。

Scoop: chinese giant Tencent ready to invest 2 billion dollars on Ripple technology - Ripple XRP News Tech

https://ripplenews.tech/2018/03/14/scoop-chinese-giant-tencent-ready-invest-2-billion-dollars-ripple-technology/

 Tencent, the $500bn Chinese tech firm is ready to invest on Ripple technology Hong Kong – Tencent, the chinese tech giant that bought stakes in Snapchat, Tesla, Spotify and owns popular message app Wechat is ready to invest on Ripple technology. Ripple, at the moment we’re writing, is closing several deals with banks, according to […]

WeChatについて

WeChatは中国版のLINEといえるサービスです。約6億人の中国人が利用しており、圧倒的なユーザー数を誇っています。そして、Wechatに付随する決済サービスとして展開されているのが、Wechat Payです。LINE Payをイメージするとわかりやすいと思います。中国のモバイル決済といえばアリペイが有名ですが、Wechat Payは後発ながらアリペイと肩を並べるまで成長しています。アリペイが普段使い、Wechat Payはイベント時などで使われることが多いようです。

公式発表に注目

今回のニュースは報道ベースであり、まだ公式発表はありません。事実であれば近いうちに公式発表があると思われます。現在、仮想通貨相場は下落が続いていますが、こうしたビッグニュースによりどれほど市場が反応するか注目が集まりそうです。

【PR】安定した収入を得ながら資産形成ができる「アパート経営」のすすめ

https://bitcoinlab.jp/articles/1205

仮想通貨投資はハイリスク・ハイリターンと言われますが、投資は仮想通貨以外にもさまざまな種類があります。「アパート経営」は仮想通貨とは真逆。比較的ローリスクで、“ロングリターン”が可能な投資方法として注目を集めています。

関連するキーワード


リップル

関連する投稿


スペインのサンタンデール銀行、Ripple社の技術を利用した国際送金サービスを開始

スペインのサンタンデール銀行、Ripple社の技術を利用した国際送金サービスを開始

スペインの大手銀行であるサンタンデール銀行は、Ripple社の技術を利用した国際送金サービスを開始することを発表しました。「Santander One Pay FX」と呼ばれるサービスで、スペイン、イギリス、ブラジル、ポーランドのサンタンデール銀行間で提供されます。


リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップルとサウジアラビアの中央銀行が提携したことがわかりました。サウジアラビアの国内銀行がリップルのブロックチェーン技術を使用するための契約で、リップル社のソフトウェアであるxCurrentを利用した取引を可能にします。リップル社は連日提携発表をしており、世界中で利用が進んでいます。


リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

2017年12月30日、リップル(XRP)価格が高騰しています。前日150円~200円で推移していた価格は200円を突破すると、一気に290円台を記録し300円に迫る高騰を見せています。下落する仮想通貨が多い中、一人勝ちの状態です。


リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

2017年12月に入りリップル(XRP)価格が高騰しています。20円~30円で推移していた価格は一時99円まで高騰。2017年前半に記録した過去最高価格を大きく更新しました。リップルは国内複数の仮想通貨取引所で取引することができますが、おすすめの取引所はあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

GMOコインがリップルの取引を開始。キャンペーン中のスプレッドは0.3円

11月29日より、GMOコインがリップル(XRP)の取り扱いを開始しました。リップル取り扱いを記念して「スプレッド大縮小キャンペーン」も開催されています。通常スプレッドは1円ですが、キャンペーン中のスプレッドは0.3円となります。


最新の投稿


テックビューロ、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験

テックビューロ、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験

Zaif仮想通貨取引所を運営するテックビューロ株式会社、パーソルキャリア株式会社、日本情報通信株式会社は、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験を、2018年3月~4月に実施したことを発表しました。


Amazon Web Services(AWS)、ブロックチェーンテンプレートをリリース

Amazon Web Services(AWS)、ブロックチェーンテンプレートをリリース

Amazon Web Services(AWS)は、イーサリアムとHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)を使ってブロックチェーンネットワークを構築できるAWS Blockchain Templates(ブロックチェーンテンプレート)をリリースしました。


アクセンチュアなど、海運業界に変革をもたらすブロックチェーンソリューションの実証に成功

アクセンチュアなど、海運業界に変革をもたらすブロックチェーンソリューションの実証に成功

アクセンチュアなど食品・物流関連企業などで構成されるコンソーシアムは、物流業界において、貿易書類のペーパーレス化および年間数億ドルのコスト削減を図ることができるブロックチェーンソリューションの実証に成功したことを発表しました。


【2018年4月24日】仮想通貨相場は連日の上昇。ビットコインは100万円突破

【2018年4月24日】仮想通貨相場は連日の上昇。ビットコインは100万円突破

4月24日の仮想通貨相場は、全体的に上昇しています。先週から基本上昇を続けていて、ビットコインは節目の100万円に回復しました。アルトコインも連日上昇していて、仮想通貨全体の時価総額は45兆円まで回復しています。


仮想通貨ウォレット「Ginco」がビットコインに対応し、本格リリース

仮想通貨ウォレット「Ginco」がビットコインに対応し、本格リリース

株式会社Ginco(本社:東京都渋谷区)は、スマホで安全に、仮想通貨をはじめとするあらゆる価値取引管理を可能とする仮想通貨モバイルウォレット「Ginco」を2018年4月24日(火)に本格リリースしました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で