【速報】マネックスとコインチェックが共同記者会見。2ヶ月以内の業登録とサービス全面再開を目標

【速報】マネックスとコインチェックが共同記者会見。2ヶ月以内の業登録とサービス全面再開を目標

2018年4月6日16時から、マネックスとコインチェックが共同記者会見を実施しました。会見では2ヶ月以内に仮想通貨交換業の登録とサービス全面再開を目指すことが発表されました。


マネックスとコインチェックが共同記者会見

2018年4月6日16時から、マネックスとコインチェックが共同記者会見を実施しました。会見では、コインチェックが持つブロックチェーン技術や仮想通貨に関する知見と、マネックスグループの金融業に関する知見を融合することで、新たな展開を加速していくという抱負が述べられました。以下、会見に関する主な内容を抜粋して紹介します。

2ヶ月以内の業登録とサービス全面再開を目標

今後、マネックスとコインチェックは2ヶ月以内の業登録とサービス全面再開を目標に進めていきます。マネックスグループCEOの松本氏は、現状の経営管理態勢及び内部管理態勢の改善具合から見て、2ヶ月以内は可能ではないかという見解を述べています。

サービス全面再開は業登録完了後

金融庁の判断も大きいですが、サービス全面再開は仮想通貨交換業の登録完了後になる見通しです。

コインチェックの名前は残る

マネックスはコインチェックのブランド価値や顧客基盤を評価しており、引き続き「コインチェック」という名称でサービスを行っていくと述べています。

DASHなどの匿名仮想通貨の取り扱い

コインチェックは国内他社で取り扱いのない、DASH・Monero・Zcashの匿名性の高い仮想通貨を取り扱っています。今後の取り扱いに関しては、引き続きマネーロンダリングの観点などから総合的に判断を行うようです。

マネックス以外にも複数企業が買収に名乗り

具体的な名前は公表されていませんが、マネックス以外にも複数企業が買収候補先としてあり、マネックスが選ばれた形になります。

マネックスクリプトバンクは登録申請を取り下げ

マネックスグループではマネックスクリプトバンクを設立し、仮想通貨交換業の登録を目指していましたが、今回の買収により申請を取り下げるようです。マネックス証券においても登録を目指していますが、こちらに関しては引き続き申請活動を続ける選択肢もあると発表されています。

関連するキーワード


coincheck

関連する投稿


コインチェック、匿名性の高い仮想通貨の取り扱い中止へ

コインチェック、匿名性の高い仮想通貨の取り扱い中止へ

コインチェックを買収したマネックスグループの松本大社長は、日本経済新聞とのインタビューの中で、匿名性の高い仮想通貨(DASH、Monero、Zcash)の取り扱いを中止する考えを明らかにしました。


コインチェック、マネックスグループの完全子会社化及び新経営体制を発表

コインチェック、マネックスグループの完全子会社化及び新経営体制を発表

仮想通貨取引所のコインチェックは顧客保護の観点から、適正かつ確実な業務運営の確保を目的とし、マネックスグループ株式会社の完全子会社となり、同社の全面的な支援を受けて新経営体制を構築することを発表しました。


コインチェック、LISK(LSK)とFactom(FCT)の出金、売却再開

コインチェック、LISK(LSK)とFactom(FCT)の出金、売却再開

コインチェックがLISK(LSK)とFactom(FCT)の出金、売却を3月22日より再開しました。補償が完了したNEM、前回出金と売却が再開されたビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、XRP(リップル)、ライトコイン、ビットコインキャッシュに加え、9種類の仮想通貨の対応が完了したことになります。


コインチェック、業務改善命令に対する業務改善計画書を提出

コインチェック、業務改善命令に対する業務改善計画書を提出

仮想通貨取引所のコインチェックは、2018年3月8日に金融庁より受けた業務改善命令に対する業務改善計画書を提出したことを発表しました。1日も早く全てのサービスの再開を行うことができるよう、システムの安全性の確認を進めていくとしています。


コインチェック、匿名仮想通貨を取り扱い中止と報道

コインチェック、匿名仮想通貨を取り扱い中止と報道

コインチェックが匿名性の高い仮想通貨の取り扱い廃止を検討していると時事通信が報道しました。匿名性の高い仮想通貨とは、送金先を追跡できないタイプの仮想通貨で、DASH、Monero、Zcashが該当します。


最新の投稿


【2018年4月25日】主要なアルトコインはやや下落。ビットコインは1万ドル手前

【2018年4月25日】主要なアルトコインはやや下落。ビットコインは1万ドル手前

4月25日の仮想通貨相場は、全体的に見ると昨日と大きな変化はありません。ビットコインは数パーセント上昇し105万円前後、アルトコインは主要な種類は下落しているものの、30%以上上昇している種類もあり、全体の時価総額に変化はありません。


テックビューロ、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験

テックビューロ、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験

Zaif仮想通貨取引所を運営するテックビューロ株式会社、パーソルキャリア株式会社、日本情報通信株式会社は、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験を、2018年3月~4月に実施したことを発表しました。


Amazon Web Services(AWS)、ブロックチェーンテンプレートをリリース

Amazon Web Services(AWS)、ブロックチェーンテンプレートをリリース

Amazon Web Services(AWS)は、イーサリアムとHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)を使ってブロックチェーンネットワークを構築できるAWS Blockchain Templates(ブロックチェーンテンプレート)をリリースしました。


アクセンチュアなど、海運業界に変革をもたらすブロックチェーンソリューションの実証に成功

アクセンチュアなど、海運業界に変革をもたらすブロックチェーンソリューションの実証に成功

アクセンチュアなど食品・物流関連企業などで構成されるコンソーシアムは、物流業界において、貿易書類のペーパーレス化および年間数億ドルのコスト削減を図ることができるブロックチェーンソリューションの実証に成功したことを発表しました。


【2018年4月24日】仮想通貨相場は連日の上昇。ビットコインは100万円突破

【2018年4月24日】仮想通貨相場は連日の上昇。ビットコインは100万円突破

4月24日の仮想通貨相場は、全体的に上昇しています。先週から基本上昇を続けていて、ビットコインは節目の100万円に回復しました。アルトコインも連日上昇していて、仮想通貨全体の時価総額は45兆円まで回復しています。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で