金融庁、登録済み仮想通貨交換業者の立ち入り検査に着手

金融庁、登録済み仮想通貨交換業者の立ち入り検査に着手

金融庁は登録済み仮想通貨交換業者に対し、改正資金決済法に基づく立ち入り検査に着手する方針を固めたと日本経済新聞が報道しました。みなし業者への検査が終わり、登録事業者に着手する方針です。


金融庁、登録済み仮想通貨交換業者の立ち入り検査に着手

StreetVJ / Shutterstock.com

金融庁は登録済み仮想通貨交換業者に対し、改正資金決済法に基づく立ち入り検査に着手する方針を固めたと日本経済新聞が報道しました。3月末までに登録申請中のみなし業者16社の検査は完了しており、今度は登録業者にも監視の網を広げる方針のようです。不備が見つかれば業務改善命令などの行政処分を出されることになります。

仮想通貨、複数の登録業者に週内立ち入り 金融庁(写真=ロイター)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2912887007042018MM8000/

 金融庁は週内に、仮想通貨交換業の登録業者を対象に、改正資金決済法に基づく立ち入り検査に着手する方針を固めた。複数の大手会社を中心に資産の分別管理や企業統治の状況などを調べる。不備が見つかれば業務改善

ZaifとGMOコインは検査済み

コインチェックの不正流出事件を受けて、金融庁は登録事業者に対してセキュリティー対策などの報告を求めていましたが、ZaifとGMOコインは報告内容に不備があり、優先して検査していました。結果として業務改善命令が下されています。今回立ち入り検査を実施する残りの登録事業者は、報告内容に不備があったわけではないものの、実際に検査をし利用者保護の体制や監査機能、企業統治などを確認するようです。

登録事業者への検査後、新規登録申請の審査へ

報道によると、登録事業者への検査を優先し、多くの企業が待ち状態になっている新規登録申請の審査はその後実施するようです。この検査が終われば、利用者が安心して利用できる体制が整い、新規参入が増加することで、市場活性化も期待できそうです。

最新の投稿


【2018年4月25日】主要なアルトコインはやや下落。ビットコインは1万ドル手前

【2018年4月25日】主要なアルトコインはやや下落。ビットコインは1万ドル手前

4月25日の仮想通貨相場は、全体的に見ると昨日と大きな変化はありません。ビットコインは数パーセント上昇し105万円前後、アルトコインは主要な種類は下落しているものの、30%以上上昇している種類もあり、全体の時価総額に変化はありません。


テックビューロ、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験

テックビューロ、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験

Zaif仮想通貨取引所を運営するテックビューロ株式会社、パーソルキャリア株式会社、日本情報通信株式会社は、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験を、2018年3月~4月に実施したことを発表しました。


Amazon Web Services(AWS)、ブロックチェーンテンプレートをリリース

Amazon Web Services(AWS)、ブロックチェーンテンプレートをリリース

Amazon Web Services(AWS)は、イーサリアムとHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)を使ってブロックチェーンネットワークを構築できるAWS Blockchain Templates(ブロックチェーンテンプレート)をリリースしました。


アクセンチュアなど、海運業界に変革をもたらすブロックチェーンソリューションの実証に成功

アクセンチュアなど、海運業界に変革をもたらすブロックチェーンソリューションの実証に成功

アクセンチュアなど食品・物流関連企業などで構成されるコンソーシアムは、物流業界において、貿易書類のペーパーレス化および年間数億ドルのコスト削減を図ることができるブロックチェーンソリューションの実証に成功したことを発表しました。


【2018年4月24日】仮想通貨相場は連日の上昇。ビットコインは100万円突破

【2018年4月24日】仮想通貨相場は連日の上昇。ビットコインは100万円突破

4月24日の仮想通貨相場は、全体的に上昇しています。先週から基本上昇を続けていて、ビットコインは節目の100万円に回復しました。アルトコインも連日上昇していて、仮想通貨全体の時価総額は45兆円まで回復しています。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で