MUFGコインが試験運用を開始。特徴やメリット・デメリットを紹介。

MUFGコインが試験運用を開始。特徴やメリット・デメリットを紹介。

MUFGコインは三菱UFJフィナンシャル・グループが開発を進めている独自の仮想通貨です。2018年中に一般公開を目指していますが、2017年5月1日から試験運用を開始しました。まずは役員約200人が送金など限定的な機能を使うようです。MUFGコインの特徴やメリット・デメリットを紹介します。


MUFGコインが試験運用を開始

Tupungato / Shutterstock.com

MUFGコインが2017年5月1日から試験運用を開始しました。まずは役員約200人が送金など限定的な機能を使うようです。2017年中には行員約3万人が利用できるようにする計画です。2018年中には一般公開を目指しています。今後、行内のコンビニ店舗での利用やATMの開発、地方銀行へのシステム提供も検討されています。

MUFGコインとは

MUFGコインはビットコインなどと同じようにブロックチェーン技術を使った仮想通貨です。しかし、いくつかの点で決定的な違いがあります。まず中央管理者がいることです。ビットコインなどの多くの仮想通貨は中央管理者が存在せず、特定の組織や企業が管理しているわけではありません。MUFGコインは当然、三菱UFJフィナンシャル・グループが管理者になります。

もう一つが1コイン1円と相場が固定されていることです。ビットコインなどの仮想通貨は取引所に上場し、日々相場が変動します。このことからMUFGコインの流通量が増えるのは考えづらく、限定的な使用になることが想像できます。

MUFGコインのメリット

MUFGコインを発行することで三菱UFJフィナンシャル・グループが得られるメリットはコスト削減です。ブロックチェーンの分散型台帳管理技術は、従来のように中央サーバの維持・管理に莫大なコストをかけることなく、安全な管理ができます。MUFGコインによって送金コストの削減を狙っているのではないでしょうか。MUFGコインを一般的な仮想通貨と捉えるよりは、MUFGで使える電子マネーと捉えるのが正しいかもしれません。

仮想通貨全体には大きなメリット

三菱UFJフィナンシャル・グループのような大企業がブロックチェーンを使った独自の仮想通貨を発行することは、仮想通貨全体にとってはプラスになるでしょう。仮想通貨はまだ怪しいといった印象が強く、一般の方が利用するまでには至っていません。MUFGコインによって、広く一般層にも浸透していく効果が期待できます。

MUFGコインのデメリット

デメリットはメリットと表裏一体ですが、中央管理者がいること・相場が固定されていることはデメリットになりえます。中央管理者がいるということは、コントロールができることになります。発行をストップすればMUFGコインは使えなくなります。固定相場はメリットもありますが、流通量が増えることは考えづらくなり、限定的な利用となってしまう気がします。

MUFGコインの動向に注目

MUFGコインは中央管理者が存在する、相場が固定されているなどの点から特殊な仮想通貨であり、主な目的はコスト削減だと考えられます。2017年は行員が利用し、2018年以降から一般公開されますが、まずは行員にどれだけ浸透するかが重要になるでしょう。おそらくある程度強制的な使用を促さない限り、グループ内で普及させるのも大変な作業になると思います。

関連するキーワード


MUFGコイン

最新の投稿


NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

2017年8月に入りビットコイン価格が高騰しています。20万円台だった価格は一気に50万円を捉えるところまできています。ビットコインの問題に影響され暴落していたアルトコインの相場も良くなっており、数倍~数十倍の伸びを記録する種類も出てきています。


眼鏡専門店のオンデーズがビットコイン決済を導入

眼鏡専門店のオンデーズがビットコイン決済を導入

眼鏡専門店のオンデーズが9月からビットコイン決済を導入すると日本経済新聞が報道しました。オンラインショップとインバウンド需要が多い秋葉原や池袋、大阪など4店舗で先行導入するようです。2018年度中に国内の全120店に広げる計画だといいます。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin