仮想通貨のホワイトリストとは?リスト入りしないと取り扱えない?

仮想通貨のホワイトリストとは?リスト入りしないと取り扱えない?

2017年4月から改正資金決済法が施行されました。半年間の猶予がありますが、取引所は登録制になり、登録事業者以外は仮想通貨交換業を行うことができなくなります。そして扱える仮想通貨にも規制が入ります。業界団体は登録事業者が扱うに相応しい仮想通貨のリスト「ホワイトリスト」を公表することになっています。


2017年4月、改正資金決済法が施行

2017年4月から、改正資金決済法(仮想通貨法)が施行されました。半年間の猶予がありますが、取引所は登録制になり、登録事業者以外は仮想通貨交換業を行うことができなくなります。取引所には監査や顧客資産の分別管理が義務付けられることになり、利用者が安心して利用できる仕組みが整いつつあると言えます。そして、扱える仮想通貨にも規制が入ります。業界団体は登録事業者が扱うに相応しい仮想通貨のリスト「ホワイトリスト」を公表することが求められ、ホワイトリストに記載のない仮想通貨は原則として扱うことが難しくなります。

ホワイトリストの目的

改正資金決済法は利用者保護を目的とした法律です。ホワイトリストも利用者を守るための仕組みになります。仮想通貨は1,000種類以上あり、中には詐欺が疑われる通貨も存在します。金融庁がこうした通貨を全てチェックするのは難しいため、業界団体がある程度絞り込んで上で精査していく方針のようです。つまり、現在売買できている仮想通貨もホワイトリスト入りしなければ、扱えなくなる可能性が出てきます。この結果予想されるのが、ホワイトリスト入りした仮想通貨の価値向上です。日本は仮想通貨投資が増えているため、海外からもホワイトリストに注目が集まっています。おそらくリスト入りした通貨は買われる可能性が高いのではないでしょうか。

ビットコインとイーサリアムは確実か

ビットコインはホワイトリスト入りが確実と言えます。仮想通貨投資で圧倒的なシェアを誇るビットコインが入らなければ意味がないため、外れることは絶対にないと言えるでしょう。イーサリアムもリスト入りが濃厚です。時価総額2位の仮想通貨であり、既に国内のほとんどの取引所で取り扱いがあります。イーサリアムが入らなければ、他のアルトコインは厳しいことになるので、まず外れることはないでしょう。

他の仮想通貨はどうなるか

問題となるのはビットコインとイーサリアム以外の仮想通貨です。可能性が高そうなのがリップル、ライトコイン、NEM。どちらとも言えないのがイーサリアムクラシック、Factom、LISK、Augurなど。可能性が低そうなのがDASH、Monero、Zcashなどです。関係者からのヒアリングや仮想通貨の特徴からの予想になるため、あくまで参考程度にしてください。DASH、Monero、Zcashは匿名性の高さが特徴ですが、方針として匿名性の高い通貨は微妙な状況のようです。

仮想通貨のホワイトリストに注目

法律の施行により、仮想通貨のホワイトリスト作成が求められ、原則としてリストにない仮想通貨は扱うことが難しくなります。ただ、リストに入っていない仮想通貨が違法というわけではなく、あくまでも国内の取引所で扱える可能性が低くなるだけです。個人で売買したり保有したりする分には問題ありません。ホワイトリストは一つの基準として考えるのがいいでしょう。

関連するキーワード


仮想通貨法

関連する投稿


改正資金決済法(仮想通貨法)におけるホワイトリストについて

改正資金決済法(仮想通貨法)におけるホワイトリストについて

2017年4月より改正資金決済法、通称仮想通貨法が施行されています。この法律は仮想通貨投資における利用者保護を目的としています。いわゆる詐欺コイン対策も盛り込まれており、業界団体は登録事業者が扱える仮想通貨のリストを提出する必要があります。これは俗にホワイトリストと呼ばれています。


仮想通貨の定義とは。法律で決まっている?

仮想通貨の定義とは。法律で決まっている?

仮想通貨は2017年4月1日から施行された改正資金決済法により、定義付けがされました。これまではモノとして見なされていましたが、消費税の非課税も決まり、決済手段の一つとして認められた形になります。


金融庁が仮想通貨の利用者向けリーフレットを公開。法律や監督官庁を知ろう。

金融庁が仮想通貨の利用者向けリーフレットを公開。法律や監督官庁を知ろう。

2017年4月から施行された改正資金決済法(通称:仮想通貨法)により、金融庁が仮想通貨取引所の監督官庁となりました。4月3日には金融庁から利用者向けリーフレットが公開され、仮想通貨に対する制度が整ってきたと言えるでしょう。仮想通貨の法律や監督官庁の役割などを紹介します。


ビットコインの法律「仮想通貨法(改正資金決済法)」を解説。

ビットコインの法律「仮想通貨法(改正資金決済法)」を解説。

2016年5月25日に改正資金決済法が成立しました。通称「仮想通貨法」と言われる法律で、仮想通貨の扱いや取引所の登録制、監督官庁などが決まりました。法律は2017年春には施行予定で仮想通貨は新たな段階に突入します。この記事では、仮想通貨法の概要やポイントを紹介します。


最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin