海外の主要なビットコイン(仮想通貨)取引所一覧。

海外の主要なビットコイン(仮想通貨)取引所一覧。

国内には12社程のビットコイン(仮想通貨)取引所がありますが、海外にもたくさんの取引所があります。国内よりも扱う仮想通貨の種類が多いなど利点があり、価格差を利用したアービトラージ取引なども可能です。今回は海外の主要なビットコイン(仮想通貨)取引所を紹介します。


海外の主要なビットコイン(仮想通貨)取引所

Poloniex(ポロニエックス)

Poloniexは国内での利用者も多い海外取引所です。世界最大のアルトコイン取引所になります。扱う仮想通貨は100種類近くあり、まだ有名でない仮想通貨の売買も可能です。販売所ではなく全ての仮想通貨をユーザー間で売買できるため、国内よりも割安な点がメリットです。流動性が高く取引もしやすい環境になっています。

coinbase(コインベース)

coinbaseはアメリカの取引所で、欧州にも展開しています。米国50州のうち半数近くから認可を受けており、信頼の置ける規制された取引所と言えます。三菱UFJが出資したことでも話題になりました。ただ、アメリカの口座の登録が必須なので、日本から利用するのは難しくなっています。

Bitfinex(ビットフィネックス)

Bitfinexは香港の取引所です。米ドルでの取引高世界一を誇ります。ビットコインの他、イーサリアム、ライトコイン、テザーなどの取引が可能です。

Kraken(クラーケン)

Krakenはアメリカの取引所です。日本語対応している珍しい海外取引所になります。ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ドージコイン、ステラなどの取引が可能ですが、日本円ではビットコインとイーサリアムのみの対応です。

OKcoin、Huobi、BTCC

OKcoin、Huobi、BTCCは中国の三大取引所です。最近は規制により以前ほど活発な取引はされていませんが、世界的に影響力の大きな取引所になります。

海外の取引所を利用する際の注意点

海外取引所を利用する際に最も注意すべきは入金です。日本円に対応している取引所は少ないので、一旦海外通貨に交換してから入金する必要があります。ただ、手間と時間がかかりおすすめはできません。便利なのがビットコインを海外取引所の口座に送金し取引を始めることです。ビットコインの送金は最短10分程度でできます。一旦ビットコインを対応している法定通貨に交換してもいいですし、ビットコイン建てで取引しても構いません。この方法ならすぐに取引が開始できます。

本人確認やサポートなど

海外の取引所を利用する際も本人確認は必須になります。各社によって違いはありますが、パスポートがあると便利です。サポートは基本英語になります。トラブルが発生しても英語で伝えなければならないので、利用のハードルは高いです。また、各社によってサポート体制には差があります。

海外取引所を利用する際は十分な注意を

海外取引所は豊富なアルトコインを扱っていたり取引高が多かったりとメリットがある一方、情報量が少ないため利用には十分な注意が必要です。Poloniex(ポロニエックス)などは国内利用者が多く分からない点も調べやすいですが、こうした取引所は稀で大手取引所でも情報は限定的です。

国内の有名取引所

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

coincheckはPoloniex程ではないですが、国内最多12種類もの仮想通貨を扱っています。また、7月31日(月)まで取引金額に応じて最大5,000円分がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

最新の投稿


NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

2017年8月に入りビットコイン価格が高騰しています。20万円台だった価格は一気に50万円を捉えるところまできています。ビットコインの問題に影響され暴落していたアルトコインの相場も良くなっており、数倍~数十倍の伸びを記録する種類も出てきています。


眼鏡専門店のオンデーズがビットコイン決済を導入

眼鏡専門店のオンデーズがビットコイン決済を導入

眼鏡専門店のオンデーズが9月からビットコイン決済を導入すると日本経済新聞が報道しました。オンラインショップとインバウンド需要が多い秋葉原や池袋、大阪など4店舗で先行導入するようです。2018年度中に国内の全120店に広げる計画だといいます。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin