LISK(LSK)価格が400円に高騰。割安な銘柄に物色か

LISK(LSK)価格が400円に高騰。割安な銘柄に物色か

2017年6月7日、LISK(LSK)価格が300円を突破し一時398円まで高騰しました。前日の終値が230円だったので、1日で2倍近く高騰したことになります。特に2倍になるような材料はないことから、割安な銘柄が物色されている可能性もありそうです。


LISK(LSK)価格が400円に迫る高騰

2017年6月7日、LISK(LSK)価格が300円を突破し一時398円まで高騰しました。前日の終値が230円だったので、1日で2倍近く高騰したことになります。LISKは仮想通貨全体が暴落した5月26日~27日まで高騰を続け220円台を付けていましたが、暴落により一時80円台まで下落しました。そこから急速に価格を戻し、今回の高騰となりました。2017年当初は20円前後だったため、中長期で見ると20倍近く高騰していることになります。

高騰の原因は?

特に価格が2倍になるような材料は出ていません。影響している可能性がありそうなのが、ヨーロッパで開催されたBlockchain Expo 2017です。6月2日にLISKも登壇しました。ただ、30分という短い時間で200円~400円になっていることから、割安な銘柄が物色されている可能性が強いように感じます。

LISKの特徴

LISKはイーサリアムと同様にスマートコントラクトに特徴のある仮想通貨です。大きな違いはサイドチェーンを使用していることです。アプリケーション毎にブロックチェーンを用意し運用できる仕組みです。イーサリアムプラットフォームのDAOで発生したハッキングなどが起きても本体に影響を与えず、アプリケーション側で対応することができます。イーサリアムほど有望なアプリケーションが開発されているわけではないですが、複数のプロジェクトが走っています。LISKはスマートコントラクトの記述にJavascriptを採用しており、WEBエンジニアが開発しやすい環境を整えている点も特徴です。

イーサリアムよりも割安

LISKはイーサリアムと比較されることが多いですが、イーサリアムに比べるとかなり割安と言えます。イーサリアムは現在2.5兆円程の時価総額を誇りますが、LISKは300億円程です。今後イーサリアムのように有望なアプリケーションが開発されていけば、近づいていく可能性はあるでしょう。

LISKはcoincheckで取引可能

LISKを取引できる取引所は、国内だと大手のcoincheckのみです。coincheckではLISKを含めて計12種類の仮想通貨を扱っています。国内取引所ではビットコインとイーサリアムのみを扱うケースが多いので、アルトコイン取引ができる貴重な存在です。

coincheckの詳細はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

LISK(LSK)価格の推移に注目

LISK(LSK)価格は1日で200円台から400円に迫る高騰を見せました。特に材料があるわけではないので、割安な銘柄が物色されている可能性が高そうですが、イーサリアムとの比較で考えると将来性に期待が持てると言えるかもしれません。今後どのような推移をするのか注目です。

関連するキーワード


LISK

関連する投稿


LISK(LSK)がリブランディングを発表。ロゴやホームページを刷新。

LISK(LSK)がリブランディングを発表。ロゴやホームページを刷新。

2月21日、LISK(LSK)がリブランディング・リローンチのイベントを開催しました。リブランディングの内容として、ロゴやホームページの刷新、プロダクト名とアイコンの刷新、Liskの目的の明確化などが発表されました。また、Lisk Coreに関する情報も発表されています。


bitFlyer上場で注目のLISK。2月20日にリブランディング

bitFlyer上場で注目のLISK。2月20日にリブランディング

1月31日、大手仮想通貨取引所のbitFlyerにLISKが上場しました。価格も上昇し、注目度が高まっていますが、2月20日に大きなイベントが控えています。それがリブランディングです。リブランディングとはブランドを再構築する意味で、アントシェアーズからNEOにリブランディングした事例などが有名です。


bitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始

bitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始しました。bitFlyerは1月中に新規アルトコインの取り扱いを開始すると代表の加納氏が発言し、リップルやNEMなどさまざまな仮想通貨が噂になっていました。


LISK(LSK)価格が800円を突破。数日で約4倍に

LISK(LSK)価格が800円を突破。数日で約4倍に

LISK(LSK)価格が高騰しています。200円台だった価格は8月23日に400円台、25日に500円台、26日に600円台となり、27日に800円を超えました。一時869円を記録しています。わずか4日で約4倍となっていますが、要因は何なのでしょうか?


LISK(LSK)価格が200円台に急騰。イーサリアムの関連買いか

LISK(LSK)価格が200円台に急騰。イーサリアムの関連買いか

5月24日、LISK(LSK)価格が200円を突破しました。19日から上昇基調になりましたが、この時点では70円台だったため、わずか数日で3倍の価格が付いたことになります。LISKはイーサリアムと同じスマートコントラクトが特徴の仮想通貨なので、イーサリアムの関連買いの可能性があるかもしれません。


最新の投稿


テックビューロ、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験

テックビューロ、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験

Zaif仮想通貨取引所を運営するテックビューロ株式会社、パーソルキャリア株式会社、日本情報通信株式会社は、ブロックチェーン技術を利用した副業支援アプリケーションの実証実験を、2018年3月~4月に実施したことを発表しました。


Amazon Web Services(AWS)、ブロックチェーンテンプレートをリリース

Amazon Web Services(AWS)、ブロックチェーンテンプレートをリリース

Amazon Web Services(AWS)は、イーサリアムとHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)を使ってブロックチェーンネットワークを構築できるAWS Blockchain Templates(ブロックチェーンテンプレート)をリリースしました。


アクセンチュアなど、海運業界に変革をもたらすブロックチェーンソリューションの実証に成功

アクセンチュアなど、海運業界に変革をもたらすブロックチェーンソリューションの実証に成功

アクセンチュアなど食品・物流関連企業などで構成されるコンソーシアムは、物流業界において、貿易書類のペーパーレス化および年間数億ドルのコスト削減を図ることができるブロックチェーンソリューションの実証に成功したことを発表しました。


【2018年4月24日】仮想通貨相場は連日の上昇。ビットコインは100万円突破

【2018年4月24日】仮想通貨相場は連日の上昇。ビットコインは100万円突破

4月24日の仮想通貨相場は、全体的に上昇しています。先週から基本上昇を続けていて、ビットコインは節目の100万円に回復しました。アルトコインも連日上昇していて、仮想通貨全体の時価総額は45兆円まで回復しています。


仮想通貨ウォレット「Ginco」がビットコインに対応し、本格リリース

仮想通貨ウォレット「Ginco」がビットコインに対応し、本格リリース

株式会社Ginco(本社:東京都渋谷区)は、スマホで安全に、仮想通貨をはじめとするあらゆる価値取引管理を可能とする仮想通貨モバイルウォレット「Ginco」を2018年4月24日(火)に本格リリースしました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で