bitFlyerの顧客数が60万人を突破。月間取引量は8,000億円に。

bitFlyerの顧客数が60万人を突破。月間取引量は8,000億円に。

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが2017年5月に顧客数60万人を突破したことを発表しました。国内取引所(JPY-BTC)の総月間出来高は1兆円を突破し、bitFlyerはその8割に及ぶ8,000億円を占めています。これを記念して6月13日~26日までキャンペーンも開催されています。


bitFlyerの顧客数が60万人を突破

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが2017年5月に顧客数60万人を突破したことを発表しました。国内取引所(JPY-BTC)の総月間出来高は1兆円を突破し、bitFlyerはその8割に及ぶ8,000億円を占めています。単純に計算すると1人あたり約130万円の投資を行っていることになります。差金決済や先物取引などのレバレッジ取引も含まれていますが、結構大きな金額であることがわかります。

キャンペーンが開催

顧客数60万人突破を記念し、2017年6月13日~26日までキャンペーンが開催されています。bitFlyerに口座開設していない方向けのキャンペーンと既にbitFlyerに口座開設している方向けの2つのキャンペーンです。どちらも取引量ランキングで上位30位に入ることでランキングに応じて現金がプレゼントされます。新規・既存それぞれのランキングとなるため、新規口座開設の方も十分にチャンスのある内容です。キャンペーン期間中にビットコインを取引をするだけで応募が完了し、7月中旬以降、ランキングに入賞した顧客のbitFlyerアカウントに反映されます。

現金は1位が8,000円、2位が7,000円、3位が6,000円、4位が5,000円、5位が4,000円、6位~10位が3,000円、11位~15位が2,000円、16位~20位が1,000円、21位~25位が800円、26位~30位が500円となっています。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerについて

bitFlyerは2014年から仮想通貨取引所を運営しています。メガバンク系のベンチャーキャピタルやリクルート、SBI、第一生命など大手企業のベンチャーキャピタルが多数出資しており、資本金は約41億円と安定した財務基盤があります。また、利用者数から手数料を計算すると、結構な売上も立っていることが想像できます。取引所を利用する上で経営が安定しているかは重要であり、安心感に繋がります。

bitFlyerではビットコインとイーサリアムの取引が可能です。現物取引・FX取引・先物取引ができ、最大レバレッジは15倍まで効かせられます。取引所の他に、簡単に売買できる販売所も用意されており、初めての方でも簡単に取引が可能になっています。

bitFlyerの利用を検討してみては

bitFlyerは顧客数が60万人を突破し、月間出来高においても圧倒的なシェアを誇っています。6月13日~26日までキャンペーンも開催されているので、これを機に利用を検討してみてもいいかもしれません。他にも豊富なキャンペーンが随時開催されており、ビットコインなどをお得に手に入れられる機会が多いのが特徴です。

関連するキーワード


bitFlyer

関連する投稿


bitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行

bitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がVISA加盟店で使えるプリペイドカードを発行しました。バンドルカードで有名な株式会社カンムと提携し提供します。ビットコインを円建てチャージでき、VISA加盟店で利用することができます。


bitFlyer(ビットフライヤー)がモナコイン(MONA)の取扱いを開始。Zaifはイーサリアムの取扱いを開始

bitFlyer(ビットフライヤー)がモナコイン(MONA)の取扱いを開始。Zaifはイーサリアムの取扱いを開始

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、新たにモナコイン(MONA)の取扱いを開始しました。bitFlyerでは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、Bitcoin Cashに続いて6種類目の仮想通貨取扱いとなります。


おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所は?注目したい5社。

おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所は?注目したい5社。

ビットコイン(仮想通貨)取引所は国内に15社程あります。取引所ごとに特色がああるので、自分に合う取引所を見つけることが重要です。今回は中でもおすすめできる5社の特徴や評判などを紹介します。


bitFlyerが全国銀行協会の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」パートナーベンダーに選定

bitFlyerが全国銀行協会の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」パートナーベンダーに選定

大手仮想通貨取引所のbitFlyerは、一般社団法人全国銀行協会(全銀協)の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」の実証実験環境を提供するパートナーベンダーとして選定されたことを発表しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)、取引量1.5兆円突破を記念しキャンペーンを開催

bitFlyer(ビットフライヤー)、取引量1.5兆円突破を記念しキャンペーンを開催

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、2017年8月のビットコイン取引量が1.5兆円を突破したことを記念し、キャンペーンを開催しています。期間は2017年9月6日(水)13:00~2017年9月19日(火)23:59までです。


最新の投稿


QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

QUOINEX(コインエクスチェンジ)、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始

仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)は、LIQUID(リキッド)のICOを11/6に開始します。発行されるトークンはQASH(キャッシュ)。1QASH=0.001ETHで販売され、オファー数量は500,000,000QASHとなっています。


【ビットコイン取引】日本円での取引割合が65%超に。

【ビットコイン取引】日本円での取引割合が65%超に。

ビットコインは円、ドル、ユーロなどさまざまな通貨で取引することができますが、最も大きな割合を占めるのが日本円です。2017年までは中国の人民元が9割以上を占めていましたが、規制により取引量が減少。日本円の存在感が際立ち始めています。


ビットコインゴールド(BTG)、海外取引所の対応

ビットコインゴールド(BTG)、海外取引所の対応

10月25日にビットコインゴールド(BTG)のハードフォークが予定されています。国内取引所は対応についての発表が既にされていますが、主要な海外取引所はどのように対応するのでしょうか?


【2017年10月23日】ビットコインは70万円に迫り、アルトコインは低迷

【2017年10月23日】ビットコインは70万円に迫り、アルトコインは低迷

10月23日の仮想通貨相場はビットコインが好調です。予想通り、土日で高騰し70万円に迫りました。取引所によっては70万円を超えました。23日は68万円台で推移しています。アルトコインはビットコイン集中のため微妙ですが、仕込み時と考えることもできるかもしれません。


注目を集めるモナコイン、最もお得に購入できる取引所は?

注目を集めるモナコイン、最もお得に購入できる取引所は?

モナコインは10月中旬に価格が7倍以上に高騰し、大きな注目を集めました。モナコインは日本発の仮想通貨として知られ、複数の国内取引所が取り扱っています。各社の手数料などを比較して紹介します。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin