bitFlyerの顧客数が60万人を突破。月間取引量は8,000億円に。

bitFlyerの顧客数が60万人を突破。月間取引量は8,000億円に。

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが2017年5月に顧客数60万人を突破したことを発表しました。国内取引所(JPY-BTC)の総月間出来高は1兆円を突破し、bitFlyerはその8割に及ぶ8,000億円を占めています。これを記念して6月13日~26日までキャンペーンも開催されています。


bitFlyerの顧客数が60万人を突破

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが2017年5月に顧客数60万人を突破したことを発表しました。国内取引所(JPY-BTC)の総月間出来高は1兆円を突破し、bitFlyerはその8割に及ぶ8,000億円を占めています。単純に計算すると1人あたり約130万円の投資を行っていることになります。差金決済や先物取引などのレバレッジ取引も含まれていますが、結構大きな金額であることがわかります。

キャンペーンが開催

顧客数60万人突破を記念し、2017年6月13日~26日までキャンペーンが開催されています。bitFlyerに口座開設していない方向けのキャンペーンと既にbitFlyerに口座開設している方向けの2つのキャンペーンです。どちらも取引量ランキングで上位30位に入ることでランキングに応じて現金がプレゼントされます。新規・既存それぞれのランキングとなるため、新規口座開設の方も十分にチャンスのある内容です。キャンペーン期間中にビットコインを取引をするだけで応募が完了し、7月中旬以降、ランキングに入賞した顧客のbitFlyerアカウントに反映されます。

現金は1位が8,000円、2位が7,000円、3位が6,000円、4位が5,000円、5位が4,000円、6位~10位が3,000円、11位~15位が2,000円、16位~20位が1,000円、21位~25位が800円、26位~30位が500円となっています。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerについて

bitFlyerは2014年から仮想通貨取引所を運営しています。メガバンク系のベンチャーキャピタルやリクルート、SBI、第一生命など大手企業のベンチャーキャピタルが多数出資しており、資本金は約41億円と安定した財務基盤があります。また、利用者数から手数料を計算すると、結構な売上も立っていることが想像できます。取引所を利用する上で経営が安定しているかは重要であり、安心感に繋がります。

bitFlyerではビットコインとイーサリアムの取引が可能です。現物取引・FX取引・先物取引ができ、最大レバレッジは15倍まで効かせられます。取引所の他に、簡単に売買できる販売所も用意されており、初めての方でも簡単に取引が可能になっています。

bitFlyerの利用を検討してみては

bitFlyerは顧客数が60万人を突破し、月間出来高においても圧倒的なシェアを誇っています。6月13日~26日までキャンペーンも開催されているので、これを機に利用を検討してみてもいいかもしれません。他にも豊富なキャンペーンが随時開催されており、ビットコインなどをお得に手に入れられる機会が多いのが特徴です。

関連するキーワード


bitFlyer

関連する投稿


bitFlyerが実店舗の出店を計画。ビットフライヤーカフェをオープンか

bitFlyerが実店舗の出店を計画。ビットフライヤーカフェをオープンか

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが、実店舗の出店を計画していることがわかりました。ビットフライヤーカフェというカフェ形式の店舗で、ビットコインがどんなものであるかや、どうやって買い物ができるかなどを体験できる施設だといいます。


bitFlyer USAがサービスを開始。ニューヨーク州でのライセンスも取得

bitFlyer USAがサービスを開始。ニューヨーク州でのライセンスも取得

国内大手仮想通貨取引所bitFlyerの子会社であるbitFlyer USAが、11月28日よりアメリカでのサービスを開始しました。NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)が制定したBitLicenseも取得し、ニューヨーク州を含めて42州で仮想通貨交換業運営の許可を取得しています。


ビジコム、bitFlyerと連携しPOSレジによるビットコイン決済サービスを開始

ビジコム、bitFlyerと連携しPOSレジによるビットコイン決済サービスを開始

流通向けソリューションおよびPOSレジ・POSシステム開発の株式会社ビジコムは、bitFlyerと連携しWindows POSレジ「BCPOS」での仮想通貨ビットコイン決済サービスを2017年11月28日(火)より提供開始することを発表しました。


多摩大学「ICOビジネス研究会」にbitFlyerの加納氏が技術アドバイザーとして参画

多摩大学「ICOビジネス研究会」にbitFlyerの加納氏が技術アドバイザーとして参画

大手仮想通貨取引所bitFlyerの代表取締役である加納氏が、多摩大学ルール形成戦略研究所が創設した「ICO(Initial Coin Offering)ビジネス研究会」に専門的助言をする技術アドバイザーとして参画しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)、アメリカに続き欧州に進出

bitFlyer(ビットフライヤー)、アメリカに続き欧州に進出

仮想通貨取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が、アメリカに続き欧州に進出することが日本経済新聞の報道でわかりました。ルクセンブルクに子会社を設立し、欧州連合(EU)各国でサービスを提供するようです。


最新の投稿


仮想通貨の時価総額が50兆円を突破。上位の顔ぶれに変化も

仮想通貨の時価総額が50兆円を突破。上位の顔ぶれに変化も

仮想通貨全体の時価総額が50兆円を突破しました。2017年初の時価総額は2兆円程でしたので、1年で25倍も拡大したことになります。特に11月からの伸びは凄まじく、1ヶ月で約2.5倍になりました。時価総額ランキング上位の顔ぶれに変化も生じています。


【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第4弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin