bitFlyerの顧客数が60万人を突破。月間取引量は8,000億円に。

bitFlyerの顧客数が60万人を突破。月間取引量は8,000億円に。

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが2017年5月に顧客数60万人を突破したことを発表しました。国内取引所(JPY-BTC)の総月間出来高は1兆円を突破し、bitFlyerはその8割に及ぶ8,000億円を占めています。これを記念して6月13日~26日までキャンペーンも開催されています。


bitFlyerの顧客数が60万人を突破

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが2017年5月に顧客数60万人を突破したことを発表しました。国内取引所(JPY-BTC)の総月間出来高は1兆円を突破し、bitFlyerはその8割に及ぶ8,000億円を占めています。単純に計算すると1人あたり約130万円の投資を行っていることになります。差金決済や先物取引などのレバレッジ取引も含まれていますが、結構大きな金額であることがわかります。

キャンペーンが開催

顧客数60万人突破を記念し、2017年6月13日~26日までキャンペーンが開催されています。bitFlyerに口座開設していない方向けのキャンペーンと既にbitFlyerに口座開設している方向けの2つのキャンペーンです。どちらも取引量ランキングで上位30位に入ることでランキングに応じて現金がプレゼントされます。新規・既存それぞれのランキングとなるため、新規口座開設の方も十分にチャンスのある内容です。キャンペーン期間中にビットコインを取引をするだけで応募が完了し、7月中旬以降、ランキングに入賞した顧客のbitFlyerアカウントに反映されます。

現金は1位が8,000円、2位が7,000円、3位が6,000円、4位が5,000円、5位が4,000円、6位~10位が3,000円、11位~15位が2,000円、16位~20位が1,000円、21位~25位が800円、26位~30位が500円となっています。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerについて

bitFlyerは2014年から仮想通貨取引所を運営しています。メガバンク系のベンチャーキャピタルやリクルート、SBI、第一生命など大手企業のベンチャーキャピタルが多数出資しており、資本金は約41億円と安定した財務基盤があります。また、利用者数から手数料を計算すると、結構な売上も立っていることが想像できます。取引所を利用する上で経営が安定しているかは重要であり、安心感に繋がります。

bitFlyerではビットコインとイーサリアムの取引が可能です。現物取引・FX取引・先物取引ができ、最大レバレッジは15倍まで効かせられます。取引所の他に、簡単に売買できる販売所も用意されており、初めての方でも簡単に取引が可能になっています。

bitFlyerの利用を検討してみては

bitFlyerは顧客数が60万人を突破し、月間出来高においても圧倒的なシェアを誇っています。6月13日~26日までキャンペーンも開催されているので、これを機に利用を検討してみてもいいかもしれません。他にも豊富なキャンペーンが随時開催されており、ビットコインなどをお得に手に入れられる機会が多いのが特徴です。

関連するキーワード


bitFlyer

関連する投稿


bitFlyer(ビットフライヤー)がアメリカ進出へ

bitFlyer(ビットフライヤー)がアメリカ進出へ

国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)が、アメリカ進出することをcoindeskが報じました。既に米国34の州から認可を得ており、アメリカでのオフィスはサンフランシスコに構えます。アメリカでも主要な取引所として利用されるかもしれません。


bitFlyerのアプリがアップデート。年間チャートやBitcoin Cashの売買が可能に。

bitFlyerのアプリがアップデート。年間チャートやBitcoin Cashの売買が可能に。

bitFlyerのアプリがアップデートされました。チャートに年間チャートが加わり、アルトコイン販売所でBitcoin Cashの売買が可能になった他、iOSではウィジェット追加もできるようになりました。bitFlyerのアプリについて紹介します。


bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

bitFlyerでBitcoin Cash(BCH)を売買する方法は2通り。

大手取引所のbitFlyerではビットコインからハードフォークして誕生したBitcoin Cash(BCH)を取り扱っています。アルトコイン販売所とbitFlyer Lightningの2通りの売買方法があり、それぞれの特徴ややり方を紹介します。


bitFlyerが仮想通貨送付時に暗証番号入力を必須化

bitFlyerが仮想通貨送付時に暗証番号入力を必須化

bitFlyerが仮想通貨送付時に暗証番号入力を必須化しました。セキュリティ対策の一環で仮想通貨を送金する際には、4桁の暗証番号が必要になります。これにより不正ログインされて送金されてしまうリスクを更に軽減することができます。


bitFlyer(ビットフライヤー)でイーサリアムクラシック(ETC)の取引が開始

bitFlyer(ビットフライヤー)でイーサリアムクラシック(ETC)の取引が開始

7月26日、bitFlyer(ビットフライヤー)でイーサリアムクラシック(ETC)の取引が開始されました。7月12日に取り扱われる可能性が高いとお伝えしましたが、正式に売買ができるようになりました。bitFlyerはビットコイン、イーサリアム、ライトコインと合わせて4種類の仮想通貨が取引できることになります。


最新の投稿


【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

8月23日は昨日に引き続きリップル(XRP)価格が高騰しています。価格は約2ヶ月ぶりに30円台にのりました。他の仮想通貨も全体的に上昇していて、ビットコインやBitcoin Cashも価格を戻しています。


NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

2017年8月に入りビットコイン価格が高騰しています。20万円台だった価格は一気に50万円を捉えるところまできています。ビットコインの問題に影響され暴落していたアルトコインの相場も良くなっており、数倍~数十倍の伸びを記録する種類も出てきています。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin