bitFlyerの顧客数が60万人を突破。月間取引量は8,000億円に。

bitFlyerの顧客数が60万人を突破。月間取引量は8,000億円に。

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが2017年5月に顧客数60万人を突破したことを発表しました。国内取引所(JPY-BTC)の総月間出来高は1兆円を突破し、bitFlyerはその8割に及ぶ8,000億円を占めています。これを記念して6月13日~26日までキャンペーンも開催されています。


bitFlyerの顧客数が60万人を突破

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが2017年5月に顧客数60万人を突破したことを発表しました。国内取引所(JPY-BTC)の総月間出来高は1兆円を突破し、bitFlyerはその8割に及ぶ8,000億円を占めています。単純に計算すると1人あたり約130万円の投資を行っていることになります。差金決済や先物取引などのレバレッジ取引も含まれていますが、結構大きな金額であることがわかります。

キャンペーンが開催

顧客数60万人突破を記念し、2017年6月13日~26日までキャンペーンが開催されています。bitFlyerに口座開設していない方向けのキャンペーンと既にbitFlyerに口座開設している方向けの2つのキャンペーンです。どちらも取引量ランキングで上位30位に入ることでランキングに応じて現金がプレゼントされます。新規・既存それぞれのランキングとなるため、新規口座開設の方も十分にチャンスのある内容です。キャンペーン期間中にビットコインを取引をするだけで応募が完了し、7月中旬以降、ランキングに入賞した顧客のbitFlyerアカウントに反映されます。

現金は1位が8,000円、2位が7,000円、3位が6,000円、4位が5,000円、5位が4,000円、6位~10位が3,000円、11位~15位が2,000円、16位~20位が1,000円、21位~25位が800円、26位~30位が500円となっています。

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerについて

bitFlyerは2014年から仮想通貨取引所を運営しています。メガバンク系のベンチャーキャピタルやリクルート、SBI、第一生命など大手企業のベンチャーキャピタルが多数出資しており、資本金は約41億円と安定した財務基盤があります。また、利用者数から手数料を計算すると、結構な売上も立っていることが想像できます。取引所を利用する上で経営が安定しているかは重要であり、安心感に繋がります。

bitFlyerではビットコインとイーサリアムの取引が可能です。現物取引・FX取引・先物取引ができ、最大レバレッジは15倍まで効かせられます。取引所の他に、簡単に売買できる販売所も用意されており、初めての方でも簡単に取引が可能になっています。

bitFlyerの利用を検討してみては

bitFlyerは顧客数が60万人を突破し、月間出来高においても圧倒的なシェアを誇っています。6月13日~26日までキャンペーンも開催されているので、これを機に利用を検討してみてもいいかもしれません。他にも豊富なキャンペーンが随時開催されており、ビットコインなどをお得に手に入れられる機会が多いのが特徴です。

関連するキーワード


bitFlyer

関連する投稿


bitFlyer、「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始

bitFlyer、「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始

大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社と共同で、プライベート・ブロックチェーン「miyabi」を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始しました。


bitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始

bitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がLISK(LSK)の取り扱いを開始しました。bitFlyerは1月中に新規アルトコインの取り扱いを開始すると代表の加納氏が発言し、リップルやNEMなどさまざまな仮想通貨が噂になっていました。


bitFlyer(ビットフライヤー)が欧州進出。1月23日より仮想通貨交換業を開始

bitFlyer(ビットフライヤー)が欧州進出。1月23日より仮想通貨交換業を開始

国内仮想通貨取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が、1月23日より欧州で仮想通貨交換業を開始しました。子会社のbitFlyer EUROPE S.A.は、ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)の指導のもとPayment Institution Licenseを取得。米国事業開始に続く海外進出となります。


「スクウェア・エニックス×bitFlyer」ビットコインをお得にもらおう

「スクウェア・エニックス×bitFlyer」ビットコインをお得にもらおう

大手仮想通貨取引所bitFlyerでスクウェア・エニックスとコラボした特別優待キャンペーンが開催されています。bitFlyerの「ビットコインをもらう」を経由して 「スクウェア・エニックス e-STORE」で買い物をすると、買い上げ金額の5%のビットコインがもらえる内容です。


bitFlyer、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を導入予定

bitFlyer、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を導入予定

大手仮想通貨取引所のbitFlyerは、Lightning 現物とLightning FXの価格乖離の縮小を目的とした「SFD」を1月中を目処に導入します。SFDとは、「Swap For Difference」の略称で Lightning FX に適用されます。


最新の投稿


日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指している日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が4月に統合すると日本経済新聞が報道しました。


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で