イーサリアムクラシックとは?イーサリアムとの違いは?

イーサリアムクラシックとは?イーサリアムとの違いは?

名前からも早々できますが、イーサリアムクラシックはイーサリアムから派生した仮想通貨です。イーサリアムはビットコインに次ぐ仮想通貨として時価総額2位を長くキープしていますが、サイバー攻撃などに遭う機会も多く安全性の確保が求められてきました。そこで誕生したのがイーサリアムクラシックなのです。


イーサリアムの特徴

イーサリアムクラシックを紹介する前にイーサリアムとは何かを説明します。イーサリアムクラシックはイーサリアムとは別物になりますが、ベースは引き継いでいるため、まずはイーサリアムを理解する必要があります。イーサリアムはアルトコインの代表的存在で、時価総額でビットコインに次ぐ2位を長くキープしています。ビットコインの1/10くらいの規模です。

イーサリアムはビットコインよりも機能性に優れています。特徴として覚えておくべきなのがスマートコントラクトです。スマートコントラクトは取引で行われる契約を自動的にブロックチェーン上に残すことをいいます。中央管理者を介さずに契約内容を自動執行できるのです。つまり、通貨としてだけではなく証券や債券としての機能を持たせることができます。

イーサリアムクラシックが誕生した背景

イーサリアムは紹介したようにスマートコントラクトという優れた機能を持つ仮想通貨です。そのため、将来性などが非常に評価されており多くの技術者や投資家が協力しています。しかし、高い価値を持っていることから、サイバー攻撃に遭うことも多くセキュリティが課題になっていました。50億円以上のハッキング被害が出たのは有名です。そこで行われたのがハードフォークという仕様変更です。

ハードフォークとは

ハードフォークは互換性のないアップデートのことをいいます。イーサリアムではハードフォークを行うにあたりコミュニティが分裂しました。仮想通貨のブロックチェーン技術は中央管理者を介さないことが支持を集める大きな理由ですが、行おうとしていたハードフォークはそうした理念に反することになります。そこで仕様変更に賛成できないコミュニティから誕生したのがイーサリアムクラシックなのです。

イーサリアムクラシックとイーサリアムの違い

イーサリアムクラシックはイーサリアムと機能面で大きな違いはありません。違いとして挙げられるのはイーサリアムよりも安全性を重視している点です。後は派生した通貨ならではの問題を抱えています。イーサリアムは潤沢な資金があり多くの技術者を抱えていますが、派生したイーサリアムクラシックは関わる技術者が少なく資金的にも潤沢ではありません。仮想通貨自体の信頼性は高いですが、関わる人や金が少ないというわけです。これは一般企業で言えば経営状態に不安がある状況といえ、投資にはリスクがあると言わざる負えないでしょう。

イーサリアムクラシックの相場や扱う取引所

イーサリアムクラシックは時価総額でいうと5位~10位くらいの規模です。大体イーサリアムの1/5~1/6くらいになっています。イーサリアムクラシックは100円前後で推移してきましたが、最近は200円台で推移しています。イーサリアム以上になることはないと思いますが、上位のポジションは維持していきそうな仮想通貨です。日本でイーサリアムクラシックを売買できるのはcoincheckです。

※5月31日更新
イーサリアムクラシックの価格は5月に高騰し、一時2,900円台を記録しました。現在は2,000円前後で推移しています。

※6月30日更新
6月のイーサリアムクラシック価格は激しい変動がありましたが、2,000円~2,500円前後で推移していました。

※7月31日更新
7月は中国の三大取引所に上場し高騰を見せたものの、7月末現在は1,500円前後で推移しています。

※9月30日更新
8月は一時2,500円台まで高騰したものの、9月は他の仮想通貨同様に下落。9月末現在は1,500円前後で推移しています。

coincheckの口座開設はこちら↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

イーサリアムクラシックとイーサリアムの相場に注目

イーサリアムクラシックはイーサリアムから派生した仮想通貨です。ほとんど同じ特徴を持っていますが、技術者や資金面での違いがあります。イーサリアムクラシックの価格はイーサリアムに影響を受けることが多いです。例えばイーサリアムにネガティブなニュースがあるとイーサリアムクラシックが買われることがありますし、両方下がるケースもあります。両者の関係を観察していくと意外な相関が見られるかもしれません。

関連する投稿


イーサリアムクラシック(ETC)が高騰。ビットコインキャッシュ(BCH)は20万円突破

イーサリアムクラシック(ETC)が高騰。ビットコインキャッシュ(BCH)は20万円突破

イーサリアムクラシック(ETC)価格が高騰しています。1,600円~1,700円だった価格は11月11日に2,000円を突破すると2,300円台まで上昇しました。11月13日から開催されるカンファレンスへの期待が高まっているのかもしれません。また、ビットコインキャッシュ(BCH)は20万円を突破しました。


【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

イーサリアム(ETH)はほとんどの国内取引所で取引することができます。ビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨であり、取引量も大きいです。今回はイーサリアムを扱う取引所の売買手数料やスプレッドを比較していきます。


メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

イーサリアムは2017年前半だけで50倍程の価格上昇を記録しました。しかし、最近は上値が重い展開が続いています。10月にはメトロポリスのハードフォークが控えていますが、あまり価格には反映されていません。


KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始

KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始

KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所、クーガー株式会社の3社は、国内で初めて「Enterprise Ethereum (エンタープライズ イーサリアム)」を活用したスマートコントラクトの実証実験を開始することを発表しました。


堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

2017年8月に入り、数倍に高騰するアルトコインが増える中、堅調な価格推移をしているのがイーサリアムとライトコインです。アルトコインの代表格とも言えるイーサリアムとライトコインの現状や今後を考察してみます。


最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin