イーサリアムを利用したICOが急増。投資には慎重な判断を。

イーサリアムを利用したICOが急増。投資には慎重な判断を。

イーサリアムを利用したICOが急増しています。わずか数分で数十億円集めてしまうプロジェクトもあり、バブルのような状況です。投資手段としてイーサリアムが使われることが多く、イーサリアムの需要が高まり価格上昇しています。ただ、ICOへの投資は慎重な判断が必要です。


イーサリアムを利用したICOが急増

イーサリアムを利用したICOが急増しています。ICOとはイニシャル・コイン・オファリングの略です。企業やプロジェクトがトークンを発行し資金調達を行うプロセスのことで、株式におけるIPOのようなものです。わずか数分で数十億円集めてしまうプロジェクトもあり、バブルのような様相を呈しています。

主なICO案件

イーサリアムを利用したICOは毎日のようにありますが、ここ最近最も話題になったのがStatus(ステータス)です。Statusはイーサリアム上に構築されたモバイルメッセージングプラットフォームになります。日本でいうLINEや中国のWeChatなどを分散型で実現するプロジェクトです。Statusに投資をするにはイーサリアムが必要で、送金が集中したためイーサリアムのネットワーク混雑が発生しました。他にも1分経たず36億円を集めたBAT、3時間で167億円を集めたBancorなど数多くのICO案件が話題になりました。

ICOによりイーサリアム価格は高騰

ICOによるイーサリアム需要が高まっている結果、価格は高騰しています。イーサリアムの場合は他にも好材料が多いのでICOだけが要因ではないですが、影響は大きいでしょう。5月に1万円を突破すると、6月には一時48,000円台を記録しました。わずか1ヶ月で5倍程の高騰となっています。

ICOのリスク

ICOに投資をするのは、取引所に上場する仮想通貨に投資するよりも格段にリスクが高いです。そもそも上場すると確約されていませんし、上場後に価格が上がるとも限りません。上場するかわからないベンチャーに投資するようなものです。ベンチャー投資の場合、ベンチャーキャピタルがきちんと事業や経営陣を評価し投資するプロセスを経るわけですが、ICOはWEBサイトとホワイトペーパーくらいしか確認できるものがありません。中には詐欺的なプロジェクトもあります。成功した場合のリターンは大きいですが、超ハイリスクハイリターンな投資です。

ICOの意義

リスクが高いICOですが、誰でも有望なプロジェクトに投資参加できるようになった点は大きいです。ベンチャーキャピタルしかできなかったことが、個人単位でできるようになりました。

ICO投資には慎重な判断を

ICOはリターンが大きいですが、確約されたものではなく紙くずになってしまうリスクも大きいです。しっかり調べて0円になってもいい金額を投資しましょう。大金を投資するのは危険です。また、ICOに投資するよりもイーサリアムを保有していた方がリターンを得られる可能性もあります。ICOは当たったらラッキーくらいに思っておくのがいいです。

イーサリアムを扱う取引所

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

イーサリアムはcoincheckやbitFlyer、BITPoint、Quoineなどが扱っています。coincheckやbitFlyerは簡単に売買できる販売所があり、初めての方でもわかりやすいです。

関連するキーワード


イーサリアム

関連する投稿


イーサリアムのゲームアプリが人気。CryptoKitties、CryptoCountries...

イーサリアムのゲームアプリが人気。CryptoKitties、CryptoCountries...

イーサリアムのブロックチェーン上で展開される分散型アプリ(Dapp)は数多くありますが、昨年末あたりから「ゲーム」が話題になっています。仮想子猫を育成・売買するCryptoKittiesが代表的な存在ですが、他にもたくさんのゲームが登場しています。


【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

イーサリアム(ETH)はほとんどの国内取引所で取引することができます。ビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨であり、取引量も大きいです。今回はイーサリアムを扱う取引所の売買手数料やスプレッドを比較していきます。


メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

イーサリアムは2017年前半だけで50倍程の価格上昇を記録しました。しかし、最近は上値が重い展開が続いています。10月にはメトロポリスのハードフォークが控えていますが、あまり価格には反映されていません。


KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始

KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始

KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所、クーガー株式会社の3社は、国内で初めて「Enterprise Ethereum (エンタープライズ イーサリアム)」を活用したスマートコントラクトの実証実験を開始することを発表しました。


堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

2017年8月に入り、数倍に高騰するアルトコインが増える中、堅調な価格推移をしているのがイーサリアムとライトコインです。アルトコインの代表格とも言えるイーサリアムとライトコインの現状や今後を考察してみます。


最新の投稿


セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズがブロックチェーンを活用した宅配ボックスのテスト運用を開始

セゾン情報システムズは、パルコが運営するWEB上で店頭の商品が取り置き・購入できるサービス「カエルパルコ」を利用する一般消費者向けに、ブロックチェーン技術を活用した宅配ボックスのテスト運用を4月23日から開始すると発表しました。


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で