仮想通貨「Steem(スチーム)」を解説。コンテンツへの投票で報酬が貰える?

仮想通貨「Steem(スチーム)」を解説。コンテンツへの投票で報酬が貰える?

Steem(スチーム)は仮想通貨の一種で、時価総額トップ10に入ることもある人気のアルトコインです。他の仮想通貨と同様に取引所で取引することもできますが、SNSの「steemit」に登録してコンテンツに対して行動することによりSteemが受け取れる特徴を持っています。


仮想通貨Steem(スチーム)の概要

Steem(スチーム)は2016年にベータ版をリリースしました。まだ歴史の浅い仮想通貨ですが、人気は高く時価総額でトップ10に入ることもあります。Steemを理解するにはブロックチェーンを用いたSNSプラットフォームであるSteemitを知る必要があります。SteemitはSNSでコンテンツを投稿したりコンテンツに対して反応したりできます。そしてその行動に対する報酬として仮想通貨のSteemが受け取れるのです。わかりやすく言えば、faceboookに近況をアップしたり友達の投稿にいいねやコメントをしたりすることで、仮想通貨がもらえるということです。他の仮想通貨と同様に取引所で取引することもできますが、この仕組みが最大の特徴になっています。

Steemitには3つの仮想通貨がある

実はSteemitには3つの仮想通貨が存在します。この3つはそれぞれ役割が異なりますが連動しており、Steemの取引をする際には覚えておきたい知識です。

1、Steem

SteemはSteemit内でベースとなる仮想通貨です。Steemは他の仮想通貨と同様に市場に流通していて取引所で売買できます。

2、Steem Power(SP)

Steem Power(SP)はsteemitを利用するために必要な仮想通貨です。Steemit利用による報酬の50%はSteem Powerによって支払われます。SteemをSteem Powerに交換するのは簡単ですが、逆の場合は104分の1ずつしか行うことができません。

3、Steem Dollars(SMD)

Steemit利用による残りの50%の報酬はSteem Dollars(SMD)によって支払われます。Steem Dollarsは1ドル分のSteemに価格が固定されており、Steemに変換することが可能です。つまりSteem DollarsをSteemに変換して売却することで現実の報酬を得ることができます。

Steemは価値が落ち、他の2つは利子が付く

Steemitにおける3つの仮想通貨の特徴を紹介しましたが、Steemは価値が落ちていき、Steem PowerとSteem Dollarsは利子が付くという特徴もあります。Steemの価値が落ちるのは供給量が定期的に増えていくためです。こうした仕組みにしているのは、Steemit内での流通量を増やし短期的な売買を抑制する狙いがあります。

Steemitで報酬を受け取る方法

Steemitで報酬を得るためには、コンテンツを作成するか、コンテンツに対して投票するかの2パターンあります。コンテンツ作成の場合は、どんなコンテンツでもいいわけではなく他ユーザーから投票された場合のみです。コンテンツに対して投票の場合は、Steem Powerによって投票の価値を変更できるようになっており、投稿の投票量や投票までの時間によって報酬が決まります。

Steemの相場や扱う取引所

Steemは2016年の夏に価格が上昇し時価総額で3位に付けたこともあります。その時は約200円まで上昇しました。ただ最近は時価総額でいうと15位前後に付けていることが多く、価格は10円~30円くらいで推移しています。日本ではSteemを扱う取引所はなく、購入するには海外の取引所を使う必要があります。

※6月30日更新
Steemは5月以降価格が高騰しました。5月に100円を突破すると、6月には280円円台まで上昇しました。6月末現在は200円前後の推移となっています。

SteemはSteemitを使って手に入れるのがおすすめ

Steemに限った話ではないですが、仮想通貨の投資はリスクを伴うものです。Steemの場合はSteemitを利用することで報酬が手に入るので、ノーリスクで仮想通貨を始められます。実際に現金にするには制約がありますが、まずはSteemitを使ってSteemの可能性を見極めるところから始めてみるのがいいでしょう。

関連するキーワード


Steem

最新の投稿


【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

8月23日は昨日に引き続きリップル(XRP)価格が高騰しています。価格は約2ヶ月ぶりに30円台にのりました。他の仮想通貨も全体的に上昇していて、ビットコインやBitcoin Cashも価格を戻しています。


NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

2017年8月に入りビットコイン価格が高騰しています。20万円台だった価格は一気に50万円を捉えるところまできています。ビットコインの問題に影響され暴落していたアルトコインの相場も良くなっており、数倍~数十倍の伸びを記録する種類も出てきています。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin