仮想通貨「ネム(NEM)/XEM」に注目。PoIという新たな仕組み。

仮想通貨「ネム(NEM)/XEM」に注目。PoIという新たな仕組み。

仮想通貨の種類は700種類以上あります。ネム(NEM)は時価総額トップ10に入る人気の仮想通貨ですが、開発者の中に日本人がいることや取引所Zaifが運営するブロックチェーン構築プラットフォームmijinがネムの技術をもとにしている点などから日本でも注目度が高いです。PoIという新たな仕組みが特徴になります。


仮想通貨「ネム(NEM)」の概要

ネム(NEM)は2015年に公開された仮想通貨です。New Economy Movementの略称で新しい経済圏の創出を目標にスタートしたプロジェクトになります。時価総額トップ10に入る人気の仮想通貨ですが、開発者の中に日本人がいることや取引所Zaifが運営するブロックチェーン構築プラットフォームmijinがネムの技術をもとにしている点などから日本でも結構有名になっています。

通貨単位はNEMではなく「XEM」と表記されます。総発行量は8,999,999,999XEMです。既に発行されていて約1,500人の投資家に分配されています。つまりビットコインにある採掘という概念がありません。マイニングは誰がどのように行っているのか疑問が出てきますが、ネムの特徴と合わせて次項から紹介します。

ネム(NEM)の特徴

ネムは採掘という概念がないと紹介しました。しかし、マイニングをして報酬がもらえないとなると参加者は限られそうな気がします。実はネムはXEMを報酬として支払うのではなく、ユーザーが取引した際の手数料をマイニングした人に与えています。ビットコインのマイニングは資金力がモノを言う世界になっていますが、ネムの場合特定のグループなどに偏ることがないようあるアルゴリズムが採用されています。それがPoIです。

PoIについて

PoIはProof of Importanceの略称です。日本語に訳すと「重要性の証明」になります。PoIは残高・取引回数・取引量などから総合的に判断されスコアリング化されています。つまりネムをたくさん利用している人が恩恵を受けられる仕組みです。ビットコインのマイニングが高い計算能力を持つ人を優先するのに対し、ネムはネットワーク内での重要度が高い人を優先しているのです。ネムにおいてマイニングはハーベスティング(収穫)と呼ばれています。

セキュリティの高さ

ネムはセキュリティの高さも特徴です。EigenTrust++という評価システムを導入しており、ユーザーの質を評価します。そもそも悪意のあるユーザーが参加しづらくなっている側面もありますし、ハーベスティング(収穫)による報酬も低くなるのです。

独自トークンの発行

ネムの最後の特徴が独自トークンが発行できることです。ネームスペースとモザイクと呼ばれるものです。トークンは難しいので通貨やポイントと理解してください。ネームスペースを取得するとモザイクが利用できるようになります。

ネムの相場や扱う取引所

ネムは注目度の高い仮想通貨ですが、非常に安く購入できます。1XEM1円以下の相場で推移しています。ここ最近は1.5円前後で推移している状況です。テックビューロが展開するmijinの注目度も高いので、今後上がっていく可能性のある仮想通貨と言えるでしょう。日本で扱っている取引所はZaifです。Zaifはネム以外にモナコインも扱っています。

Zaifの口座開設はこちら↓

ネム(NEM)は他の仮想通貨にない特徴がある

ネムの最大の特徴はPoIというアルゴリズムです。特定のお金持ちに偏ることなく、ネムネットワーク内の重要度に応じてハーベスティング(収穫)の報酬を受けられます。この仕組みは非常に評価されており、理念に賛同している人も多いです。ネムは日本の取引所でも扱っていますし、まだ購入しやすい価格なので、将来性を見越して購入しておくのもいいかもしれません。

関連するキーワード


NEM

関連する投稿


ネム(NEM)/XEM価格が5円台に突入。扱う取引所も増加。

ネム(NEM)/XEM価格が5円台に突入。扱う取引所も増加。

4月18日にネム(NEM)/XEM価格が急騰していることを紹介しましたが、26日に1XEMあたり5円台を突破し、勢いが収まる気配がありません。以前はZaifのみの取り扱いでしたが、coincheckも取扱を開始し、さらに売買しやすい環境となっています。


ネム(NEM)/XEM価格が急騰中。2017年で約8倍に

ネム(NEM)/XEM価格が急騰中。2017年で約8倍に

ネム(NEM)はProof of Importance(PoI)という仕組みを採用している仮想通貨です。単位はXEMと表記されます。現在価格が急騰中で、4月18日に1XEM3円を突破しました。2017年は1XEM0.4円からのスタートだったので、7倍~8倍に急騰しています。


【仮想通貨の種類】注目したい10選

【仮想通貨の種類】注目したい10選

仮想通貨は700種類以上あると言われていますが、とても全てを把握するのは困難です。取引量や時価総額などを見て有望な仮想通貨を絞り込むことが重要になります。数ある仮想通貨の中で、ビットコインラボ編集部が注目する10選を紹介します。


最新の投稿


ビットコインが値動きする要因とは。6つの事柄に注目。

ビットコインが値動きする要因とは。6つの事柄に注目。

ビットコインはさまざまな要因で値動きをします。ビットコイン自体の出来事により値動きするのはもちろんですが、国際情勢や為替の影響も受けます。今回はビットコインの値動きに影響を与える6つの事柄について紹介します。


【bitFlyer×積水ハウス】不動産情報管理にブロックチェーン活用

【bitFlyer×積水ハウス】不動産情報管理にブロックチェーン活用

bitFlyerと積水ハウスは共同事業として、ブロックチェーン技術を利用した不動産情報管理システムの構築を開始することを発表しました。bitFlyerが開発した次世代ブロックチェーンである「miyabi」のスマートコントラクトの仕組みによって構築されます。


仮想通貨交換所とは?取引所と違いはある?

仮想通貨交換所とは?取引所と違いはある?

仮想通貨交換所は仮想通貨取引所と同義です。一般的には取引所と呼ばれますが、法律的には仮想通貨交換業者と呼ばれます。2017年4月から仮想通貨交換業を行うには、金融庁への登録が必要になり、登録業者以外は仮想通貨交換業をできなくなりました。


bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は高い?発生する手数料のまとめ。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は高い?発生する手数料のまとめ。

ビットコインを売買したり利用したりするためには、取引所に口座開設が必要です。口座開設をするにあたり、最も気になるのが手数料ではないでしょうか。国内最大手の取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)は、どのくらいの手数料が発生するのでしょうか?


【東京オリンピック】ビットコインの普及や価格はどうなる?

【東京オリンピック】ビットコインの普及や価格はどうなる?

2020年の東京オリンピックまで早いもので後3年になりました。オリンピックは国の一大イベントで海外から多くの方が来日されます。そこで政府が力を入れているのがインバウンド需要増大ですが、キャッシュレス化の推進は大きなキーワードになっています。ビットコインの普及や価格について考えます。