マウントゴックスの初公判。債権者への対応は?

マウントゴックスの初公判。債権者への対応は?

世界一のビットコイン取引量を誇る取引所であったマウントゴックスは、2014年に65万ビットコインと28億円を消失したとして破綻しました。代表のマルク・カルプレス被告は業務上横領などの罪に問われており、7月11日に初公判が行われました。


マウントゴックスの破綻について

世界一のビットコイン取引量を誇る取引所であったマウントゴックスは、2014年に65万ビットコインと28億円を消失したとして破綻しました。当初ハッキングを受けて顧客資産が流失したと発表していましたが、ハッキングによって失われたのは一部であり、大部分はカルプレスが横領していた可能性が高いことが発覚し、代表のマルク・カルプレスは業務上横領などの罪で逮捕されています。世界一の取引所だけに衝撃は凄まじく、悪い意味でビットコインを多くの人が知る結果になりました。

マウントゴックスの初公判

マウントゴックス元代表マルク・カルプレス被告の初公判が2017年7月11日に行われました。各紙の報道によると無罪を主張したということです。起訴状では「顧客から預かった現金を自分の口座などに送金して約3億4,100万円を横領。ソフトウエアの開発権取得や高級ベッドの購入費用に充てた」などとされていますが、マルク・カルプレス被告は「支出は収入の範囲内で会計士にも報告していた。まさか問題になるとは思っていなかった」と述べ無罪を主張しました。

債権者への対応は?

朝日新聞が報じたところによると、債権者への配当をビットコインで行うことが検討されているといいます。同社の資産は現金10億円と約20万ビットコインで、破綻時のレートでは約120億円相当でしたが、現在のレートで600億円相当になっているといいます。債権者として届け出ているのは世界で2万人、456億円なので満額配当できる可能性があるようです。しかし、債権者が仮にコインでの配当を希望しても、配当では破綻時のレートで算出した債権額しか受け取れないようで、どのような形で配当が行われるかは微妙なところです。

ビットコインで債権者への配当検討 破綻時より価値5倍:朝日新聞デジタル

http://digital.asahi.com/articles/ASK7B34Q7K7BUTIL00C.html?_requesturl=articles/ASK7B34Q7K7BUTIL00C.html

 2014年に経営破綻(はたん)した仮想通貨ビットコインの取引所「マウント・ゴックス」(東京)を巡り、債権者への配当をコインで行うことが検討されている。同社の資産のうち、コインの価値は破綻時の5倍に急…

マウントゴックス事件の問題点

マウントゴックス事件の問題点は、大きく2つあります。1つは「ハッキングにより流失してしまうオンラインでビットコインを管理していた」こと。2つは「ビットコインと預かり金を簡単に横領できてしまう管理体制」です。顧客から資産を預かる責任ある立場として有り得ないとしか言い様がないですが、当時はルールが整備されていませんでした。4月から施行された改正資金決済法では、こうした点が考慮され取引所の登録制、経営資産と顧客資産の分別管理などが義務付けられています。

今後の公判に注目

マウントゴックス元代表のマルク・カルプレス被告は無罪を主張しています。今後どのような展開を見せるかはわかりませんが、債権者が多くビットコインを悪い意味で象徴する事件のため注目が集まります。こういったケースで満額配当が行われることは少ないですが、近い形になることを期待したいです。

関連するキーワード


Mt.Gox

関連する投稿


ビットコインのマウントゴックス事件を振り返る。問題の論点とは。

ビットコインのマウントゴックス事件を振り返る。問題の論点とは。

ビットコイン最大のニュースと言えば、マウントゴックス事件でしょう。マウントゴックスは世界一のビットコイン取引量を誇る取引所でしたが、2014年に65万ビットコインと28億円を消失したとして破綻しました。マウントゴックス事件の論点を整理すると、4月から施行された改正資金決済法の重要性が理解できます。


ビットコイン(仮想通貨)は詐欺?Mt.Goxの破綻も影響している?

ビットコイン(仮想通貨)は詐欺?Mt.Goxの破綻も影響している?

ビットコインに代表される仮想通貨の取引が活発化してきています。人気が出ると付き物になるのが詐欺です。実際に巧妙な嘘で投資を誘い詐欺被害に合う人も出てきています。こうした詐欺は以ての外ですが、ビットコイン自体の仕組みをあまり理解できておらず、詐欺だと決めているケースもあります。


最新の投稿


1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所

国内には金融庁登録を完了した仮想通貨取引所が15社程あります。取引所それぞれに特色があるわけですが、最もわかりやすい違いが取り扱う仮想通貨の種類です。今回は1社しか取り扱いのない仮想通貨を取引できる取引所を紹介します。


【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

【2018年2月21日】仮想通貨相場下落も、レンジ内で問題はない?

2月21日の仮想通貨相場は全体的に下落しています。ビットコインは5%前後下落して110万円前後、アルトコインは10%~15%程度下落しています。ただ、どの仮想通貨もレンジ内の推移と言え、問題はなさそうに思います。


テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムのICO、8億5000万ドル(900億円)を調達

テレグラムは世界で2億人以上が利用するチャットアプリです。2018年に入って早々、過去最大のICOを計画していることが発表されましたが、既に8億5000万ドル(900億円)を調達したことがわかりました。


仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などのまとめ

女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCMで露出が増えている仮想通貨取引所のZaif。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。そこで、仮想通貨取引所「Zaif」の利用方法や注意点などの情報をまとめました。


イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル、ビットコインを資産とみなし課税へ

イスラエル政府は、ビットコインや他の仮想通貨を税務上、一種の財産として扱うことを確認しました。仮想通貨の利益は20%から25%のキャピタルゲイン税に加え、17%の付加価値税(VAT)を支払う必要があります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で