【リップル】内外為替一元化コンソーシアムに三井住友銀行とゆうちょ銀行が参加

【リップル】内外為替一元化コンソーシアムに三井住友銀行とゆうちょ銀行が参加

SBIホールディングス株式会社とSBI Ripple Asia株式会社がまとめている「内外為替一元化コンソーシアム」に三井住友銀行とゆうちょ銀行が参加することが発表されました。これにより参加金融機関は61行となり、メガバンク3行が揃いました。


内外為替一元化コンソーシアムに三井住友銀行とゆうちょ銀行が参加

SBIホールディングス株式会社とSBI Ripple Asia株式会社がまとめている「内外為替一元化コンソーシアム」に三井住友銀行とゆうちょ銀行が参加することが発表されました。これにより参加金融機関は61行となり、メガバンク3行が揃いました。国内のほとんどの銀行が参加する組織になっています。

内外為替一元化コンソーシアムとは

内外為替一元化コンソーシアムとは、ブロックチェーン・分散台帳技術などの新技術を活用し、内国為替と外国為替を一元化し、24時間リアルタイムでの送金インフラ構築を目指す組織です。具体的には、「RCクラウド」というこのコンソーシアム専用のプラットフォームを米国Rippleの技術基盤の上に構築することを計画しています。RCクラウドは2017年3月に実証実験が完了し、商用利用に向けての検証を進めている段階です。

4月に三菱東京UFJ銀行が参加した際は、リップル価格が高騰

2017年4月末に三菱東京UFJ銀行が内外為替一元化コンソーシアムに参加することが発表されました。その際、リップル価格は高騰を続け一気に1XRP50円を突破しました。日本一の規模を誇り世界的にも巨大な三菱東京UFJ銀行が参加したことは、誰にとってもわかりやすく買いの需要が高まったと想像できます。

今回は?

7月11日にSBIホールディングスから発表されたばかりなので、まだ何とも言えませんが、現時点で価格に反応はありません。仮想通貨が全体的に暴落している影響を受けて、むしろ下落してしまっています。ただ、三井住友銀行が参加したことで日本のメガバンクが揃い、巨大なゆうちょ銀行が参加したことは三菱東京UFJ銀行参加に匹敵するプラスのニュースです。今後これが好材料となり、上昇していくことを期待したいです。

リップルを扱う取引所

リップルはcoincheckとbitbank.ccが扱っています。coincheckはリップル含め12種類の仮想通貨を扱う大手取引所です。bitbank.ccはリップル以外にビットコインとライトコインを扱い、イーサリアムとモナコインも取り扱う予定になっています。また、これから参入する予定のSBIバーチャル・カレンシーズも取り扱う可能性が高いと考えられています。

coincheckの詳細はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

bitbank.ccの詳細はこちら

リップルに与える影響に注目

内外為替一元化コンソーシアムに三井住友銀行とゆうちょ銀行が参加することが発表されました。今のところリップル価格にプラスの動きはないですが、ニュースが浸透することで影響を与える可能性があるかもしれません。

関連するキーワード


リップル

関連する投稿


スペインのサンタンデール銀行、Ripple社の技術を利用した国際送金サービスを開始

スペインのサンタンデール銀行、Ripple社の技術を利用した国際送金サービスを開始

スペインの大手銀行であるサンタンデール銀行は、Ripple社の技術を利用した国際送金サービスを開始することを発表しました。「Santander One Pay FX」と呼ばれるサービスで、スペイン、イギリス、ブラジル、ポーランドのサンタンデール銀行間で提供されます。


テンセントがリップル(XRP)に2,000億円出資と報道

テンセントがリップル(XRP)に2,000億円出資と報道

メッセンジャーアプリ「WeChat」などを展開する中国の巨大IT企業テンセントが、リップル(XRP)に2,000億円出資すると報道がありました。公式発表ではないため、確定した情報ではありませんが、注目すべき話題です。


リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップル(Ripple)、サウジアラビア中央銀行と提携。提携発表が連日

リップルとサウジアラビアの中央銀行が提携したことがわかりました。サウジアラビアの国内銀行がリップルのブロックチェーン技術を使用するための契約で、リップル社のソフトウェアであるxCurrentを利用した取引を可能にします。リップル社は連日提携発表をしており、世界中で利用が進んでいます。


リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

リップル(XRP)が300円に迫る高騰。時価総額でイーサリアムを抜き2位へ

2017年12月30日、リップル(XRP)価格が高騰しています。前日150円~200円で推移していた価格は200円を突破すると、一気に290円台を記録し300円に迫る高騰を見せています。下落する仮想通貨が多い中、一人勝ちの状態です。


リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

リップル(XRP)の取引に適した仮想通貨取引所は?

2017年12月に入りリップル(XRP)価格が高騰しています。20円~30円で推移していた価格は一時99円まで高騰。2017年前半に記録した過去最高価格を大きく更新しました。リップルは国内複数の仮想通貨取引所で取引することができますが、おすすめの取引所はあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。


最新の投稿


NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

NEM(XEM)、1週間で約2倍の価格上昇。価格上昇余地は大きいか

2018年に入り下落トレンドだった仮想通貨相場は、回復の兆しを見せています。アルトコイン中心に相場が上昇していますが、中でも高い回復率となっているのがNEM(XEM)です。価格が1週間で約2倍になりました。ピーク時の価格からすると、まだ上昇余地は大きいと言えるかもしれません。


【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

【2018年4月19日】アルトコインが軒並み上昇

4月19日の仮想通貨相場は、アルトコインを中心に全面高となっています。下落している種類はほぼなく、主要なアルトコインではビットコインキャッシュやDASHなどの上昇が目立ちます。また、Monacoは前日比で約80%、BATは約30%など高騰している種類も多いです。


証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券コンソーシアムが発足。証券会社中心に35社が参加

証券会社を中心とする35社は、業界横断的な基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で「証券コンソーシアム」を発足しました。


三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJ、MUFGコインで買い物の実証実験を開始と報道

三菱UFJフィナンシャルグループがMUFGコインで買い物の実証実験を開始したとロイターが報道しました。丸の内の本社ビル内にあるコンビニエンスストアで今週から実験を開始しており、夕方の一部時間帯でMUFGコインでの支払いに対応するレジを設けているようです。


ニューヨーク州司法長官、13の仮想通貨取引所へ書簡を送付

ニューヨーク州司法長官、13の仮想通貨取引所へ書簡を送付

ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官は、仮想通貨取引所13社に対して書簡を送付し、業務の詳細な情報を求めたことを明らかにしました。日本と同様にアメリカにおいても、規制のレベルを上げ投資家保護などを進めていることが伺えます。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で