仮想通貨取引所への最低入金額は?設定されている?

仮想通貨取引所への最低入金額は?設定されている?

仮想通貨を取引するには取引所に口座開設後、日本円を入金する必要があります。株式投資などではまとまった金額が必要になりますが、仮想通貨は1円単位から取引できるため、最低入金額などは設定されていません。まずは少額でリスクを抑えて投資することができます。


仮想通貨取引所について

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を取引するには、取引所を利用する必要があります。取引所は2017年4月に施行された改正資金決済法により金融庁の登録制となり、登録業者以外が業務を行うことは禁止されています。取引所は口座開設をすることで利用が可能になります。口座開設は全てオンラインで完結し、基本情報の入力や本人確認書類の提出が必要です。無事、口座開設が終われば日本円を入金して仮想通貨の取引を始めることができます。

仮想通貨取引所への最低入金額は?

国内には10程の仮想通貨取引所がありますが、基本最低入金額などは設定されていません。1,000円単位での入金もできます。入金は銀行口座からの振込やペイジー、コンビニなど選べるようになっています。多くの取引所がSBI住信ネット銀行を入金先の一つとしているため、SBI住信ネット銀行の口座を持っていると入金手数料がかからず便利です。銀行の営業時間にも左右されますが、通常当日~1日程で取引所の口座に入金額が反映されます。

仮想通貨は1円単位で売買できる

取引所によって最低購入金額や売却金額が設定されている場合もありますが、基本1円単位で取引できるのが仮想通貨の魅力です。株式のようにまとまった資金がなくても始めることができます。仮想通貨はボラティリティ(価格変動)が大きいですが、毎日一定の少額を投資していくことでボラティリティを吸収してリスクを抑えることも可能です。

主な仮想通貨取引所

coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheckは国内最多12種類の仮想通貨を取引できる大手取引所です。coincheckでしか取引できない仮想通貨も6種類あります。アプリも充実しており、初心者の方でも使いやすい取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerはビットコインの取引量が国内ナンバーワンです。ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、イーサリアムクラシックの取引ができます。ビットコインをもらえる豊富なキャンペーンも魅力です。

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.ccはビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコインの取引ができます。全て板方式での取引ができ、豊富なチャート分析も可能です。

Zaif(ザイフ)

Zaifはビットコイン、NEM、モナコインの取引ができます。ビットコインとモナコインの取引手数料がマイナス0.01%に設定されており、取引すると手数料が受け取れるのが特徴です。

仮想通貨投資は少額から始められる

仮想通貨取引所への最低入金額などは設定されておらず、仮想通貨投資は少額から始められます。仮想通貨投資に不安がある場合は、まず少額から始めてみることも選択肢の一つです。ただ、当然損失を出してしまう可能性もあるので、投資判断は慎重に行ってください。

関連するキーワード


入金

関連する投稿


coincheck(コインチェック)のクイック入金が再開。りそな銀行の口座も利用可能に。

coincheck(コインチェック)のクイック入金が再開。りそな銀行の口座も利用可能に。

停止していたcoincheckのクイック入金が再開されました。クイック入金はペイジー決済により24時間365日パソコンや携帯電話、ATMから入金が可能な仕組みです。また、クイック入金とは別ですが、coincheckの振込先口座にりそな銀行も加わり便利になりました。


ビットコイン(仮想通貨)を購入するまでに必要なものや手順のまとめ。

ビットコイン(仮想通貨)を購入するまでに必要なものや手順のまとめ。

ビットコインなどの仮想通貨を購入するためには、取引所への口座開設が必要になります。口座開設には本人確認書類などが必要です。今回はビットコイン(仮想通貨)を購入するまでに必要なものや手順をまとめて紹介します。


仮想通貨取引所は、住信SBIネット銀行を使うとお得で便利。

仮想通貨取引所は、住信SBIネット銀行を使うとお得で便利。

ビットコインなどの仮想通貨を購入するためには、まず取引所口座に入金する必要があります。銀行口座から振り込むことが一般的であり、ほとんどの銀行口座から入金が可能ですが、住信SBIネット銀行を使うとお得で便利なことが多いです。


ビットコイン取引所のクイック入金とは。各社の内容を比較。

ビットコイン取引所のクイック入金とは。各社の内容を比較。

取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入するには日本円の入金が必要です。通常、銀行口座から入金を行いますが、銀行の営業時間に左右されるデメリットがあります。ビットコインは24時間365日取引が可能で相場は常に変動するため素早い対応が必要です。そこで各社はクイック入金というサービスを実施しています。


最新の投稿


アルトコインの短期売買に適した取引所は?

アルトコインの短期売買に適した取引所は?

ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼びます。日本では15種類程のアルトコインを取引することが可能です。ただ、アルトコインの短期売買に適した取引所はそれ程多くなく、取引所ごとの特徴を知ることが重要です。


ヒロセ通商がライオンコインを設立。仮想通貨取引所参入へ

ヒロセ通商がライオンコインを設立。仮想通貨取引所参入へ

FX取引大手のヒロセ通商が、2018年2月上旬にライオンコイン株式会社を設立し、仮想通貨取引事業に参入することを発表しました。事業開始日は決まっていませんが、2019年3月までにサービスを開始する予定です。


【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

仮想通貨相場は数日前から下落していましたが、昨日30%前後の暴落をし、本日1月17日も30%以上価格を下げています。ビットコインは一時100万円を割り込み、アルトコインも総崩れです。仮想通貨全体の時価総額は50兆円を割り、ピーク時から30兆円以上縮小しています。


三菱東京UFJ銀行、「MUFGコイン」活用のハッカソンを開催

三菱東京UFJ銀行、「MUFGコイン」活用のハッカソンを開催

三菱東京UFJ銀行は、「デジタル通貨で生まれる新たな世界」をテーマとしたハッカソン「Fintech Challenge 2018-Color the world, color your life #MUFGCOIN-」を開催することを決定し、1月15日より一般募集を開始しました。


仮想通貨相場が暴落。中国人民銀行副総裁の発言がきっかけか

仮想通貨相場が暴落。中国人民銀行副総裁の発言がきっかけか

2018年1月16日夕方から、仮想通貨相場が暴落しています。ビットコインは20%程、主要なアルトコインは30%前後下落している状況です。ロイターが報じた中国人民銀行副総裁の仮想通貨の取引所取引や個人・企業が提供する仮想通貨関連サービスを禁止すべきとの見解がきっかけになっているかもしれません。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin