おすすめの仮想通貨は自分で決める。人を頼るリスク

おすすめの仮想通貨は自分で決める。人を頼るリスク

仮想通貨は1,000種類以上あります。国内取引所だけでも13種類扱っており、どれに投資するかの判断は難しいものです。おすすめの仮想通貨が紹介されていることも多いですが、他人の意見や情報だけで購入を決めることは危険です。自分で考えた上で決めることが重要になります。


おすすめの仮想通貨はたくさんある

仮想通貨は1,000種類以上あります。中でも時価総額が高く有名な仮想通貨がビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、NEM、DASH、IOTAなどです。仮想通貨といえばビットコインではありますが、ビットコイン以外の仮想通貨はビットコインよりも取引スピードに優れていたり、ビットコインにはない機能を搭載していたりと、基本ビットコインよりも優れた特徴を持っています。一部中身がなく詐欺的な仮想通貨も存在しますが、有望なプロジェクトが多くおすすめの仮想通貨は多いと言えるでしょう。

他人の意見や情報だけで判断しない

私は仕事上、仮想通貨投資を始める知人からおすすめの仮想通貨について聞かれることがあります。もちろん特徴などは伝えますが、おすすめだから購入した方がいいと言うことはありません。お互い不幸になる可能性があるからです。仮におすすめの仮想通貨を教えたとして、いつまで保有し続けるのでしょうか。売るタイミングはどうするのでしょうか。なぜ伸びるのか、どこまで伸びる可能性があるのか、伸びないリスクはないのかなどを考えられていなければ、下落すれば売ってしまって損をすることも考えられますし、上昇しても中途半端なタイミングで売ってしまうかもしれません。

自分で考えて投資する

金融商品へ投資する場合、いかなる結果になろうとも投資の責任は投資家が負うという原則があります。投資家はリスクやコスト、金融商品の特性などを十分に理解したうえで投資する必要があるのです。当然、金融機関は投資家への不適当な勧誘を行わないことや、投資家の知識や投資経験に見合った販売・勧誘をすることが求められますが。つまり、損をしても他人のせいにすることはできません。仮に損をしても納得できるのであればいいですが、やはり自分で決めていない後悔は残るでしょう。

仮想通貨は難しい

仮想通貨を理解するには技術的な素養が必要であり、細かい部分まで理解している方は少ないです。私も投資する上で細部まで理解する必要はないと思います。ですが、どんな利用用途があるのか、どんな課題を解決できるのか、需要はあるのか、他の仮想通貨と差別化はできているのかなどはしっかり理解した上で投資をした方がいいです。そして投資スタンスも決めておきましょう。短期なのか長期なのか、短期であれば損切りの基準や利確の基準、長期であればゴールを決める必要があります。

おすすめの仮想通貨は自分で決めよう

さまざまな意見や情報を仕入れることは重要ですが、最終的には自分で考えて投資判断をしてください。投資した後どのように行動すればいいのかわからなくなりますし、後悔が残ると思います。特に仮想通貨はボラティリティが大きいため、自分で判断していないと不安ですし、損をする行動を取ってしまう可能性が高くなります。

主要な仮想通貨取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheckは国内最多12種類の仮想通貨を取引できる大手取引所です。スマホアプリでの取引もできます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerは5種類の仮想通貨を取引できる大手取引所です。スマホアプリでの取引もできます。

最新の投稿


【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

8月23日は昨日に引き続きリップル(XRP)価格が高騰しています。価格は約2ヶ月ぶりに30円台にのりました。他の仮想通貨も全体的に上昇していて、ビットコインやBitcoin Cashも価格を戻しています。


NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

2017年8月に入りビットコイン価格が高騰しています。20万円台だった価格は一気に50万円を捉えるところまできています。ビットコインの問題に影響され暴落していたアルトコインの相場も良くなっており、数倍~数十倍の伸びを記録する種類も出てきています。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin