Wikileaks(ウィキリークス)がZcashの受け入れを開始。

Wikileaks(ウィキリークス)がZcashの受け入れを開始。

匿名により政府、企業などに関する機密情報を公開するウェブサイトであるWikileaks(ウィキリークス)が、Zcashの寄付受け入れに対応したとcoindeskが報じました。ビットコイン、ライトコインに次ぐ支払いオプションになります。


Wikileaks(ウィキリークス)がZcashの受け入れを開始

Gil C / Shutterstock.com

匿名により政府、企業などに関する機密情報を公開するウェブサイトであるWikileaks(ウィキリークス)が、Zcashの寄付受け入れに対応したとcoindeskが報じました。Wikileaksは投稿者の情報はもちろん、寄付する人の情報に関しても身元がわからないよう仮想通貨による受け入れ態勢を取っていました。これまではビットコインとライトコインに対応していましたが、今回匿名性の高さに特徴のあるZcashに対応しています。

Wikileaks(ウィキリークス)について

Wikileaksはジュリアン・アサンジ氏が2006年に設立しました。運営委員会を中心に1,000人以上のボランティアが組織を支えています。1,200万以上もの文書が情報源から届けられているようです。サイトの特性上、投稿者個人の身元がわからないよう工夫がされています。多数の支持を集める一方、情報操作と危惧する声もあります。そして情報が流出してしまう政府や企業にとっては頭の痛い存在です。実際、政治問題に発展しFBIが情報源の捜査に乗り出すこともありました。

需要のある匿名性の高い仮想通貨

ビットコインやライトコインなどの仮想通貨は取引情報が公開されています。アドレスと個人情報を結び付けることはできないため匿名性が高いと言われていますが、アドレス間の送金の流れは全て追うことができ、事件性があれば個人情報を持つ取引所に情報開示させるといったことができます。しかし、Zcashなどの仮想通貨は暗号化されており取引の流れを追うことができません。Zcashの他にもDASHやMoneroなどが同じような特徴を持っています。今回はWikileaksでしたが、ダークマーケットなどでも決済手段として利用されています。何とも言えませんが、確実な需要があるのは事実です。

Zcashを取引できる取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Zcashは国内大手取引所のcoincheckで取引できます。国内ではcoincheckでしか扱っていません。coincheckではDASHやMoneroも取引することが可能です。全部で12種類の仮想通貨を扱っています。

Zcash含め匿名性の高い仮想通貨に注目

Zcash、DASH、Moneroなどはこうした決済採用に関するニュースが意外と多いです。匿名性の高さという特徴を活かしてさまざまな分野で需要があります。JPモルガンがZcashと提携したことは大きなニュースになりましたが、匿名性が必要な金融機関においても高い需要があると言えるでしょう。

関連するキーワード


Zcash

関連する投稿


匿名性の高い仮想通貨の行方。DASH、Zcash、Moneroなど

匿名性の高い仮想通貨の行方。DASH、Zcash、Moneroなど

仮想通貨は1,000種類以上あると言われ、それぞれ特徴を持っています。DASH、Zcash、Moneroなどは時価総額上位に位置する仮想通貨で、匿名性の高さに特徴があります。ビットコインにはない優れた特徴になりますが、ダークマーケットで決済手段として採用されているといった一面もあります。


Zcash(ZEC)価格が5万円を突破。AlphaBayの導入も影響か?

Zcash(ZEC)価格が5万円を突破。AlphaBayの導入も影響か?

6月14日、Zcash(ZEC)価格が4万円を突破し、一時大台の5万円まで高騰しました。5月末にJPモルガンとの連携を受け高騰しましたが、その時のピーク価格を超えました。循環物色による価格上昇の可能性もありますし、AlphaBayがZCashによる決済受付を開始すると発表したことも影響しているかもしれません。


JPモルガンとの連携を受け、Zcash(ZEC)価格が急騰。

JPモルガンとの連携を受け、Zcash(ZEC)価格が急騰。

2017年5月22日~24日までの間、ニューヨークで仮想通貨のカンファレンスが開催されています。主要な仮想通貨の関係者が登壇し、プレゼンが行われるということで非常に注目を集めています。この中で世界最大の銀行であるJPモルガンがZcashとの連携を発表し、Zcash価格が急騰しています。


Zcash(ZEC)の価格推移。緩やかな上昇傾向。

Zcash(ZEC)の価格推移。緩やかな上昇傾向。

Zcash(ジーキャッシュ)は2016年に公開された仮想通貨です。通貨単位はZECと表記します。ZcashはDASHやMoneroと同様に匿名性の高さが特徴になります。価格は2017年に入り緩やかな上昇傾向になっており、約2倍に成長しています。


仮想通貨「Zcash(ジーキャッシュ)」とは。匿名性に強み。

仮想通貨「Zcash(ジーキャッシュ)」とは。匿名性に強み。

Zcash(ジーキャッシュ)は2016年に公開された仮想通貨です。匿名性に特徴のある仮想通貨として注目を集めています。匿名性といえばDASHやMoneroが有名で価格が高騰していますが、Zcashも公開後高騰して一時1ZEC(Zcash)の価格が1BTCを超える状態が続きました。


最新の投稿


【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

8月23日は昨日に引き続きリップル(XRP)価格が高騰しています。価格は約2ヶ月ぶりに30円台にのりました。他の仮想通貨も全体的に上昇していて、ビットコインやBitcoin Cashも価格を戻しています。


NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

2017年8月に入りビットコイン価格が高騰しています。20万円台だった価格は一気に50万円を捉えるところまできています。ビットコインの問題に影響され暴落していたアルトコインの相場も良くなっており、数倍~数十倍の伸びを記録する種類も出てきています。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin