イーサリアム価格が急回復。Bitcoin Cash効果?OmiseGOのAirdropにも注目

イーサリアム価格が急回復。Bitcoin Cash効果?OmiseGOのAirdropにも注目

イーサリアム価格が急回復しています。8月5日に2.5万円だった価格は9日に3.5万円を超えました。3.5万円に達したのは6月下旬以来で、高値だった水準に戻ったと言えるでしょう。Bitcoin Cash⇒ビットコイン⇒イーサリアムといった動きが考えられます。


イーサリアム価格が急回復

イーサリアム価格が急回復しています。8月5日に2.5万円だった価格は9日に3.5万円を超えました。3.5万円に達したのは6月下旬以来で、高値だった水準に戻ったと言えるでしょう。7月中旬は2万円以下の価格だったので、短期間で2倍になっています。他のアルトコインも上昇していますが、イーサリアムの回復スピードは早く一歩抜けた印象です。

Bitcoin Cash⇒ビットコイン⇒イーサリアム

主要な取引所のほとんどがBitcoin Cashを付与し送金の対応も始めています。これによりBitcoin Cashを換金する動きが出ています。Bitcoin Cash⇒ビットコインまでの動きが多いように感じますが、Bitcoin Cash⇒ビットコイン⇒イーサリアムの動きも出ていそうです。他のアルトコインにも流れていますが、イーサリアムはビットコインに次ぐ仮想通貨であり、一番多くの資金が流れることは自然です。

ビットコイン高騰による連れ高

ビットコインの高騰による連れ高も考えられます。実際法定通貨建ての取引量も増加しており、Bitcoin Cash⇒ビットコイン⇒イーサリアムの動きだけで高騰しているわけではないでしょう。全体の時価総額も過去最高を更新していることから、資金流入が増加していることが考えられます。

OmiseGOのAirdrop

OmiseGOは最近注目を集めている仮想通貨です。決済プラットフォームであり、複数のブロックチェーン間での取引を可能にします。OmiseGOのOMGトークンは、5%がAutomatic AirDropと設定されています。このOMGトークンAirDropが近々分配される予定のようです。詳細は近日公表するようですが、分配先としては直近のブロックで最低ETH保有を0.1ETHとするアドレスに分配される予定です。

AirDropといえばByteballが有名です。毎月行われています。保有するByteballやビットコインに応じてByteballが配布されるイベントです。結構な注目を集めており価格が動くことも多いため、OmiseGOのAirDropでイーサリアム需要が高まるかもしれません。

イーサリアム価格に注目

イーサリアム価格は6月以来の高値水準に回復しました。全体的に相場が上昇しており、アルトコインに資金が流れてきている印象があります。直近ではOmiseGOのAirdropが結構な注目を集めると予想でき、イーサリアム需要が高まるかもしれません。

イーサリアムを取引できる主な取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


イーサリアム

関連する投稿


【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

イーサリアム(ETH)はほとんどの国内取引所で取引することができます。ビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨であり、取引量も大きいです。今回はイーサリアムを扱う取引所の売買手数料やスプレッドを比較していきます。


メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

イーサリアムは2017年前半だけで50倍程の価格上昇を記録しました。しかし、最近は上値が重い展開が続いています。10月にはメトロポリスのハードフォークが控えていますが、あまり価格には反映されていません。


KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始

KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始

KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所、クーガー株式会社の3社は、国内で初めて「Enterprise Ethereum (エンタープライズ イーサリアム)」を活用したスマートコントラクトの実証実験を開始することを発表しました。


堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

2017年8月に入り、数倍に高騰するアルトコインが増える中、堅調な価格推移をしているのがイーサリアムとライトコインです。アルトコインの代表格とも言えるイーサリアムとライトコインの現状や今後を考察してみます。


イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

以前より2017年夏頃に実施予定と言われていたイーサリアムのアップデート(メトロポリス)が9月下旬に行われることがわかりました。メトロポリスは予定されている大型アップデートの3段階目となり、スマートコントラクトの簡略化などが予定されています。


最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin