イーサリアム価格が急回復。Bitcoin Cash効果?OmiseGOのAirdropにも注目

イーサリアム価格が急回復。Bitcoin Cash効果?OmiseGOのAirdropにも注目

イーサリアム価格が急回復しています。8月5日に2.5万円だった価格は9日に3.5万円を超えました。3.5万円に達したのは6月下旬以来で、高値だった水準に戻ったと言えるでしょう。Bitcoin Cash⇒ビットコイン⇒イーサリアムといった動きが考えられます。


イーサリアム価格が急回復

イーサリアム価格が急回復しています。8月5日に2.5万円だった価格は9日に3.5万円を超えました。3.5万円に達したのは6月下旬以来で、高値だった水準に戻ったと言えるでしょう。7月中旬は2万円以下の価格だったので、短期間で2倍になっています。他のアルトコインも上昇していますが、イーサリアムの回復スピードは早く一歩抜けた印象です。

Bitcoin Cash⇒ビットコイン⇒イーサリアム

主要な取引所のほとんどがBitcoin Cashを付与し送金の対応も始めています。これによりBitcoin Cashを換金する動きが出ています。Bitcoin Cash⇒ビットコインまでの動きが多いように感じますが、Bitcoin Cash⇒ビットコイン⇒イーサリアムの動きも出ていそうです。他のアルトコインにも流れていますが、イーサリアムはビットコインに次ぐ仮想通貨であり、一番多くの資金が流れることは自然です。

ビットコイン高騰による連れ高

ビットコインの高騰による連れ高も考えられます。実際法定通貨建ての取引量も増加しており、Bitcoin Cash⇒ビットコイン⇒イーサリアムの動きだけで高騰しているわけではないでしょう。全体の時価総額も過去最高を更新していることから、資金流入が増加していることが考えられます。

OmiseGOのAirdrop

OmiseGOは最近注目を集めている仮想通貨です。決済プラットフォームであり、複数のブロックチェーン間での取引を可能にします。OmiseGOのOMGトークンは、5%がAutomatic AirDropと設定されています。このOMGトークンAirDropが近々分配される予定のようです。詳細は近日公表するようですが、分配先としては直近のブロックで最低ETH保有を0.1ETHとするアドレスに分配される予定です。

AirDropといえばByteballが有名です。毎月行われています。保有するByteballやビットコインに応じてByteballが配布されるイベントです。結構な注目を集めており価格が動くことも多いため、OmiseGOのAirDropでイーサリアム需要が高まるかもしれません。

イーサリアム価格に注目

イーサリアム価格は6月以来の高値水準に回復しました。全体的に相場が上昇しており、アルトコインに資金が流れてきている印象があります。直近ではOmiseGOのAirdropが結構な注目を集めると予想でき、イーサリアム需要が高まるかもしれません。

イーサリアムを取引できる主な取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連するキーワード


イーサリアム

関連する投稿


イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

以前より2017年夏頃に実施予定と言われていたイーサリアムのアップデート(メトロポリス)が9月下旬に行われることがわかりました。メトロポリスは予定されている大型アップデートの3段階目となり、スマートコントラクトの簡略化などが予定されています。


イーサリアム企業連合(EEA)に複数の法律事務所が参加

イーサリアム企業連合(EEA)に複数の法律事務所が参加

世界中の名立たる大企業が参加するEnterprise Ethereum Alliance(EEA/イーサリアム企業連合)に複数の法律事務所と学術機関が参加することがわかりました。仮想通貨は法的な面での整備が追いついていない状況だけに、今回の参加には意義がありそうです。


イーサリアム(ETH)の国別取引量。日本円での取引は小さい?

イーサリアム(ETH)の国別取引量。日本円での取引は小さい?

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。国内取引所の大半が取り扱いをしています。しかし、国別の取引量を見ると日本円での取引は小さく、韓国ウォンや米ドルでの取引が多いことがわかります。


時価総額2位のイーサリアム。最も安く購入できる取引所は?

時価総額2位のイーサリアム。最も安く購入できる取引所は?

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。国内取引所でも大抵取引することができます。今回はイーサリアムを扱う取引所の購入価格を比較してみたいと思います。


UNICEF(ユニセフ)がイーサリアム活用へ向け実験

UNICEF(ユニセフ)がイーサリアム活用へ向け実験

UNICEF(ユニセフ)関連のUNICEF Venturesは、仮想通貨イーサリアムのスマートコントラクトを活用し、資金移動に関する実験を行うことを発表しました。寄付においては、自身の寄付金がどのように使われているのか不透明な部分がありますが、全ての活動を見ることができるようになり、透明性の高い運用が期待できます。


最新の投稿


【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

8月23日は昨日に引き続きリップル(XRP)価格が高騰しています。価格は約2ヶ月ぶりに30円台にのりました。他の仮想通貨も全体的に上昇していて、ビットコインやBitcoin Cashも価格を戻しています。


NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

2017年8月に入りビットコイン価格が高騰しています。20万円台だった価格は一気に50万円を捉えるところまできています。ビットコインの問題に影響され暴落していたアルトコインの相場も良くなっており、数倍~数十倍の伸びを記録する種類も出てきています。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin