coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデートされました。元々シンプルな画面と使いやすさから好評を集めていましたが、ローソク足とBTC建チャートも加わり、さらに便利になりました。


coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート

coincheckのアプリがアップデートされました。これまでは線チャートと日本円建てのチャートしか表示できませんでしたが、新たにローソク足とBTC建てチャートが加わりました。チャート画面上部の価格表示をタップすると、チャートの種類と日本円建て・BTC建てのどちらかが選べるようになっています。また、時間軸は5分・15分・1時間・4時間・1日から選ぶことが可能です。

coincheckのアプリについて

coincheckのアプリはWEBで提供している機能のほとんどを使用することができます。チャートの確認、仮想通貨の売買、総資産の表示、仮想通貨・日本円の入出金、決済などが可能です。画面もスマホに最適化されており、ストレスがありません。仮想通貨取引所は国内に10社以上ありますが、ここまでアプリが充実している取引所はなく、パソコンがない方にとっては取引しやすい環境と言えるでしょう。

coincheckの特徴

coincheckはビットコインの取引量で国内1位・2位を争う大手の取引所です。最大の特徴は取引できる仮想通貨の種類が多いことです。ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、ライトコイン、NEM、DASH、Monero、Zcash、Augur、LISK、Factomと国内最多12種類の仮想通貨を取引できます。DASH、Monero、Zcash、Augur、LISK、Factomは国内ではcoincheckでしか取引できません。

その他、仮想通貨を貸し出すことで金利を得られる「貸仮想通貨サービス」などもあります。期間も選べるため、長期保有を決めている方は運用手段の一つとして利用を検討してもいいかもしれません。また、決済サービスのcoincheck paymentにおいては高いシェアを誇っています。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheck利用者はアプリも活用してみては

アプリはiOS・Androidともに対応しており、それぞれ無料でダウンロード可能です。利用料などもかからないので、coincheck利用者は活用してみてはいかがでしょうか。チャートの確認だけでも便利ですし、相場に動きに素早く反応することができると思います。決済もQRコードを読み取って送金するだけなので簡単です。対応している店舗も増えており、便利に活用することができると思います。

関連するキーワード


coincheck アプリ

関連する投稿


coincheck(コインチェック)がBitcoin Cashの取引を開始。13種類目の仮想通貨

coincheck(コインチェック)がBitcoin Cashの取引を開始。13種類目の仮想通貨

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)でBitcoin Cashの取引が開始されました。これによりcoincheckでは13種類の仮想通貨が取引できるようになりました。国内では、主要な仮想通貨取引所がBitcoin Cashの取り扱いをしています。


coincheck(コインチェック)がFintech事業者への投資を開始

coincheck(コインチェック)がFintech事業者への投資を開始

仮想通貨取引所coincheckを運営するコインチェック株式会社は、Fintech事業を開発・運営する法人・個人を対象に、投資育成を通じて支援する「Coincheck investment program」を開始したことを発表しました。1件当たり最大5,000万円程度を目安に投資を行うようです。


coincheckとZaifでもBitcoin Cashへの対応が開始。価格の変化は?

coincheckとZaifでもBitcoin Cashへの対応が開始。価格の変化は?

coincheckでBitcoin Cashの送金対応が始まり、Zaifで取引が開始されました。これにより国内主要取引所はBitcoin Cashへの対応をほぼ終えたことになります。Bitcoin Cashの価格は予想通り下落しましたが、ビットコインの価格は上がっており、少し大方の予想とは違う結果となりました。


coincheckがSTORYS.JPを事業譲渡。経営リソースをcoincheckに集中

coincheckがSTORYS.JPを事業譲渡。経営リソースをcoincheckに集中

2017年7月31日、仮想通貨取引所coincheckを運営するコインチェック株式会社は、STORYS.JPを1010株式会社へ事業譲渡したことを発表しました。経営リソースをcoincheckの事業に集中させることが目的のようです。


新規口座開設者にお得な仮想通貨取引所のキャンペーン

新規口座開設者にお得な仮想通貨取引所のキャンペーン

仮想通貨取引所では豊富なキャンペーンを展開しています。取引高に応じたキャンペーンが多いですが、中には新規口座開設者もお得に利用できる内容があります。今回はそんなキャンペーンを展開している取引所や内容を紹介します。


最新の投稿


【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

8月23日は昨日に引き続きリップル(XRP)価格が高騰しています。価格は約2ヶ月ぶりに30円台にのりました。他の仮想通貨も全体的に上昇していて、ビットコインやBitcoin Cashも価格を戻しています。


NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

2017年8月に入りビットコイン価格が高騰しています。20万円台だった価格は一気に50万円を捉えるところまできています。ビットコインの問題に影響され暴落していたアルトコインの相場も良くなっており、数倍~数十倍の伸びを記録する種類も出てきています。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin