coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート。ローソク足・BTC建チャート追加

coincheck(コインチェック)のアプリがアップデートされました。元々シンプルな画面と使いやすさから好評を集めていましたが、ローソク足とBTC建チャートも加わり、さらに便利になりました。


coincheck(コインチェック)のアプリがアップデート

coincheckのアプリがアップデートされました。これまでは線チャートと日本円建てのチャートしか表示できませんでしたが、新たにローソク足とBTC建てチャートが加わりました。チャート画面上部の価格表示をタップすると、チャートの種類と日本円建て・BTC建てのどちらかが選べるようになっています。また、時間軸は5分・15分・1時間・4時間・1日から選ぶことが可能です。

coincheckのアプリについて

coincheckのアプリはWEBで提供している機能のほとんどを使用することができます。チャートの確認、仮想通貨の売買、総資産の表示、仮想通貨・日本円の入出金、決済などが可能です。画面もスマホに最適化されており、ストレスがありません。仮想通貨取引所は国内に10社以上ありますが、ここまでアプリが充実している取引所はなく、パソコンがない方にとっては取引しやすい環境と言えるでしょう。

coincheckの特徴

coincheckはビットコインの取引量で国内1位・2位を争う大手の取引所です。最大の特徴は取引できる仮想通貨の種類が多いことです。ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、ライトコイン、NEM、DASH、Monero、Zcash、Augur、LISK、Factomと国内最多12種類の仮想通貨を取引できます。DASH、Monero、Zcash、Augur、LISK、Factomは国内ではcoincheckでしか取引できません。

その他、仮想通貨を貸し出すことで金利を得られる「貸仮想通貨サービス」などもあります。期間も選べるため、長期保有を決めている方は運用手段の一つとして利用を検討してもいいかもしれません。また、決済サービスのcoincheck paymentにおいては高いシェアを誇っています。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheck利用者はアプリも活用してみては

アプリはiOS・Androidともに対応しており、それぞれ無料でダウンロード可能です。利用料などもかからないので、coincheck利用者は活用してみてはいかがでしょうか。チャートの確認だけでも便利ですし、相場に動きに素早く反応することができると思います。決済もQRコードを読み取って送金するだけなので簡単です。対応している店舗も増えており、便利に活用することができると思います。

関連するキーワード


coincheck アプリ

関連する投稿


フラー株式会社「App Ape Award 2017」のノミネートアプリを選出。コインチェックアプリも選出

フラー株式会社「App Ape Award 2017」のノミネートアプリを選出。コインチェックアプリも選出

スマホアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を手掛けるフラー株式会社は、この1年間で著しい成長を遂げたスマホアプリを表彰する「App Ape Award 2017」のノミネートアプリを選出しました。coincheck(コインチェック)のビットコインウォレットも選出されています。


coincheckとbitbank.ccのアルトコイン取引の違い

coincheckとbitbank.ccのアルトコイン取引の違い

coincheckとbitbank.ccは種類豊富なアルトコインを取引できることで知られています。coincheckは12種類、bitbank.ccは5種類のアルトコイン取引が可能です。ただ、2社のアルトコイン取引は決定的な違いがあります。


coincheck(コインチェック)銘柄。2017年で最も高騰した仮想通貨は?

coincheck(コインチェック)銘柄。2017年で最も高騰した仮想通貨は?

coincheck(コインチェック)は国内最多13種類の仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所です。2017年は主要な仮想通貨が軒並み高騰していますが、coincheck銘柄で最も高騰した種類は何なのでしょうか?


仮想通貨取引所のアプリ。ダウンロードランキング上位に

仮想通貨取引所のアプリ。ダウンロードランキング上位に

仮想通貨取引所のスマートフォンアプリがApp StoreやGoogle Playのダウンロードランキングにおいて上位にランクインしています。特に目立つのはcoincheck(コインチェック)で、テレビCMの影響力の大きさが伺えます。


テレビCMで話題。コインチェックの利用方法を徹底解説

テレビCMで話題。コインチェックの利用方法を徹底解説

コインチェックは日本の仮想通貨取引所です。12月からタレントの出川哲朗さんを起用したテレビCMの放映を開始し話題を集めています。今回はコインチェックでの仮想通貨取引方法など、利用方法を解説します。


最新の投稿


ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

ビットコイン価格暴落の要因にもなる「強制ロスカット連鎖」とは

強制ロスカットとは、レバレッジ取引において自動的にポジションを決済する仕組みです。証拠金を預けてレバレッジを効かせた取引を行う場合、大きな損失を被る可能性があるため、このような制度が用意されています。そして、強制ロスカットが連鎖することは価格暴落の要因にもなります。


【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

【2018年1月19日】仮想通貨相場はやや回復。週末の動きに注目

1月19日の仮想通貨相場は、昨日に引き続き回復しています。全体的に大きく回復しているわけではありませんが、リップルなど20%くらい戻している種類も存在します。週末にどのような動きを見せるかに注目です。


仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

仮想通貨の「購入タイミング」を分散する重要性

投資の基本ともいえる分散投資。複数の銘柄に分散して投資することを言いますが、購入タイミングを分散して投資することも重要です。特に仮想通貨の場合は、銘柄ごとに大きなトレンドの差はなく、購入タイミングが利益を出せるか出せないかのポイントになります。


【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.8)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第7弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBI、AI・ブロックチェーン分野を投資対象とした 「SBI AI & Blockchain」を設立

SBIホールディングス株式会社の子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社は、AIおよびブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業への投資を目的とした「SBI AI & Blockchainファンド」を新たに設立したことを発表しました。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin