coincheck(コインチェック)がFintech事業者への投資を開始

coincheck(コインチェック)がFintech事業者への投資を開始

仮想通貨取引所coincheckを運営するコインチェック株式会社は、Fintech事業を開発・運営する法人・個人を対象に、投資育成を通じて支援する「Coincheck investment program」を開始したことを発表しました。1件当たり最大5,000万円程度を目安に投資を行うようです。


coincheck(コインチェック)がFintech事業者への投資を開始

仮想通貨取引所coincheckを運営するコインチェック株式会社は、Fintech事業を開発・運営する法人・個人を対象に、投資育成を通じて支援する「Coincheck investment program」を開始したことを発表しました。ブロックチェーン、仮想通貨サービス、ICO検討者、Fintech関連サービスなどが主な投資対象となるようです。1件当たり最大5,000万円程度を目安に投資を行います。資金における支援はもちろん、coincheck事業を通じて得たリソースを基に開発・人材・事業運営・関連法規制など「事業者だからこそできる、事業者目線での支援」を行うとしています。

「Coincheck investment program」開始の背景

ブロックチェーン事業や仮想通貨事業の事業領域は、技術と金融と法律の交差点に位置する領域であり、それぞれの専門性が非常に高いです。事業を開始しようとしても多大な学習コストが参入障壁となり、ブロックチェーン事業や仮想通貨事業が生まれにくい状況にあります。コインチェックは「Coincheck investment program」を通じて、ブロックチェーン、仮想通貨市場の事業者に対して出資、融資、事業買収などの資金面の支援を行うとともに、コインチェックが約3年間蓄積してきたブロックチェーン、仮想通貨に関する開発、技術、法律ノウハウを提供し、ブロックチェーン・仮想通貨市場の拡大を進めていく計画のようです。

当事者の出資に期待

coincheckのようなFintech事業者が直接投資を行うことで、市場の更なる拡大が期待できます。やはり当事者ならではの専門性やノウハウがありますし、ベンチャーキャピタルが出資よりも事業者はメリットを感じるのではないでしょうか。coincheckの顧客網を活かすことで、新サービスや製品を市場に浸透させやすくもなります。coincheck自身も出資した事業者が成長することで恩恵を受けられます。

coincheckについて

coincheckは国内大手の仮想通貨取引所です。国内最多12種類の仮想通貨を扱っており、6種類はcoincheckでしか取引できない種類になります。その他レバレッジ取引や貸仮想通貨など、多様なサービスで支持を集めています。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連するキーワード


coincheck

関連する投稿


coincheck(コインチェック)、出川哲朗さんを起用したCMを開始

coincheck(コインチェック)、出川哲朗さんを起用したCMを開始

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、タレントの出川哲朗さんを起用した新CM「兄さん知らないんだ」篇を12月8日(金)よりWEBにて公開しました。12月13日(水)よりテレビにてオンエアも開始予定です。


coincheck(コインチェック)、新規株主としてWiL Fund I, L.P.及びWiL Fund II, L.P.が参画

coincheck(コインチェック)、新規株主としてWiL Fund I, L.P.及びWiL Fund II, L.P.が参画

大手仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)を運営するコインチェック株式会社は、新規株主としてWiL Fund I, L.P.及びWiL Fund II, L.P.が参画したことを発表しました。また、同ファンドの共同創業者兼General Partnerである西條晋一氏はアドバイザーに就任します。


仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」とは。魅力、特徴、評判などを解説

coincheck(コインチェック)は国内の仮想通貨取引所で利用者数が多いことで知られています。最大の魅力や特徴が、数多くの仮想通貨を取り扱っていることです。coincheckの魅力、特徴、評判などを紹介します。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


coincheck(コインチェック)がSegWit2x(B2X)への対応を発表

coincheck(コインチェック)がSegWit2x(B2X)への対応を発表

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が11月中旬に予定されるSegWit2x(B2X)の分岐に対する対応を発表しました。対応の詳細を紹介します。


最新の投稿


仮想通貨の時価総額が50兆円を突破。上位の顔ぶれに変化も

仮想通貨の時価総額が50兆円を突破。上位の顔ぶれに変化も

仮想通貨全体の時価総額が50兆円を突破しました。2017年初の時価総額は2兆円程でしたので、1年で25倍も拡大したことになります。特に11月からの伸びは凄まじく、1ヶ月で約2.5倍になりました。時価総額ランキング上位の顔ぶれに変化も生じています。


【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第4弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin