イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始

イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始

今秋オープンする決済方法に暗号通貨イーサリアムを採用した独自のクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」を運営するbacoor株式会社は、「REAL BOOST」の受援者募集を開始したことを発表しました。受援者とは「REAL BOOST」を用いて支援を受ける人のことです。


イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始

今秋オープンする決済方法に暗号通貨イーサリアムを採用した独自のクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」を運営するbacoor株式会社は、「REAL BOOST」の受援者募集を開始したことを発表しました。受援者とは「REAL BOOST」を用いて支援を受ける人のことで、イーサリアムを送ってもらうことで資金を調達できます。

「REAL BOOST」公式サイト

「REAL BOOST」の仕組み

「REAL BOOST」はイーサリアムを決済に用いたクラウドファンディングサイトです。受援者は、イーサリアムを送ってもらうことで資金を調達できます。そして、bacoor株式会社がイーサリアムのブロックチェーン技術を用いて受援者の通貨(トークン)を作成し、支援のお返しにトークンを渡します。支援者は、支援したお返しで得たトークンを用いて、そのトークンの発行者である受援者のデジタルコンテンツを購入することができます。受援者はコンテンツを発信することでより多くの資金を調達できる可能性があり、アイデア次第で自分のトークンの使い道を拡張することも可能です。

「REAL BOOST」で支援を受けるためには、bacoor株式会社の審査を通過する必要があり、審査に通過した受援者が自分のトークンをREAL BOOSTにて発行することが可能になる流れです。なお各受援者のトークンはbacoor株式会社がリリースしたスマートフォン向けアプリケーション「HB Wallet」を用いて、スマートフォンから管理することができます。

「HB Wallet」アプリ公式サイト

従来のクラウドファンディングサイトとの違い

従来のクラウドファンディングサイトの多くは、法定通貨を用いた決済方法が主流であり、国際送金にかかるコスト等の問題から国境を超えた支援を活発に行うことは現実的ではありません。また、プロジェクト立案者が支援金を受け取るタイミングはプロジェクトの期日終了時が一般的であり、プロジェクト実行中に支援金を使用することは困難です。

「REAL BOOST」は日本語・英語・中国語対応を予定しており、国内外を問わず受援者を募集する予定です。また、イーサリアムを使っているため、受援者は支援金をほぼリアルタイムに受け取ることができます。

仮想通貨を使ったサービスが活性化

最近は仮想通貨を使ったサービスが登場し始めています。仮想通貨のボーダーレスな点や送金スピードの早さ、少額での支援が可能などの特徴を活かしており、こうしたサービスがこれから更に出てくるかもしれません。

関連するキーワード


イーサリアム

関連する投稿


【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

イーサリアム(ETH)はほとんどの国内取引所で取引することができます。ビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨であり、取引量も大きいです。今回はイーサリアムを扱う取引所の売買手数料やスプレッドを比較していきます。


メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

イーサリアムは2017年前半だけで50倍程の価格上昇を記録しました。しかし、最近は上値が重い展開が続いています。10月にはメトロポリスのハードフォークが控えていますが、あまり価格には反映されていません。


KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始

KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始

KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所、クーガー株式会社の3社は、国内で初めて「Enterprise Ethereum (エンタープライズ イーサリアム)」を活用したスマートコントラクトの実証実験を開始することを発表しました。


堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

2017年8月に入り、数倍に高騰するアルトコインが増える中、堅調な価格推移をしているのがイーサリアムとライトコインです。アルトコインの代表格とも言えるイーサリアムとライトコインの現状や今後を考察してみます。


イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

以前より2017年夏頃に実施予定と言われていたイーサリアムのアップデート(メトロポリス)が9月下旬に行われることがわかりました。メトロポリスは予定されている大型アップデートの3段階目となり、スマートコントラクトの簡略化などが予定されています。


最新の投稿


仮想通貨の時価総額が50兆円を突破。上位の顔ぶれに変化も

仮想通貨の時価総額が50兆円を突破。上位の顔ぶれに変化も

仮想通貨全体の時価総額が50兆円を突破しました。2017年初の時価総額は2兆円程でしたので、1年で25倍も拡大したことになります。特に11月からの伸びは凄まじく、1ヶ月で約2.5倍になりました。時価総額ランキング上位の顔ぶれに変化も生じています。


【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

【連載企画(Vol.4)】仮想通貨の集中投資と分散投資。どちらが優れているのか実践

仮想通貨の集中投資と分散投資に関する連載の第4弾です。coincheckで取り扱う13種類の仮想通貨に3,000円ずつ分散投資、1種類を選び39,000円(分散投資の3,000円×13種類分)集中投資をしています。今週の状況を紹介します。


セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

セゾン情報システムズ、ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨を利用開始

株式会社セゾン情報システムズは、ブロックチェーン技術を活用した独自の社内仮想通貨およびこれを利用するスマートフォンアプリを開発し、2017年12月11日より社内での試験運用を開始したことを発表しました。


【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

【2017年12月13日】リップルが50円台まで高騰。ライトコインは3.5万円突破

12月13日の仮想通貨相場はリップルとライトコインが高騰しています。リップルは一時50円を突破して過去最高水準の高値になっています。ライトコインは連日高騰が続いていて3万円を突破し、3.5万円台まで価格を伸ばしています。


ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

ビットコイン、大量保有者による売りを警戒すべきか

2017年12月、ビットコイン価格が200万円を突破しました。2017年当初の価格が約10万円、2016年当初の価格が約5万円だったことを考えると、どれだけ高騰しているかわかるでしょう。これだけ高騰すると警戒が必要になるのが、大量保有者による売りです。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin