イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始

イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始

今秋オープンする決済方法に暗号通貨イーサリアムを採用した独自のクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」を運営するbacoor株式会社は、「REAL BOOST」の受援者募集を開始したことを発表しました。受援者とは「REAL BOOST」を用いて支援を受ける人のことです。


イーサリアムを用いたクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」が受援者募集を開始

今秋オープンする決済方法に暗号通貨イーサリアムを採用した独自のクラウドファンディングサイト「REAL BOOST」を運営するbacoor株式会社は、「REAL BOOST」の受援者募集を開始したことを発表しました。受援者とは「REAL BOOST」を用いて支援を受ける人のことで、イーサリアムを送ってもらうことで資金を調達できます。

「REAL BOOST」公式サイト

「REAL BOOST」の仕組み

「REAL BOOST」はイーサリアムを決済に用いたクラウドファンディングサイトです。受援者は、イーサリアムを送ってもらうことで資金を調達できます。そして、bacoor株式会社がイーサリアムのブロックチェーン技術を用いて受援者の通貨(トークン)を作成し、支援のお返しにトークンを渡します。支援者は、支援したお返しで得たトークンを用いて、そのトークンの発行者である受援者のデジタルコンテンツを購入することができます。受援者はコンテンツを発信することでより多くの資金を調達できる可能性があり、アイデア次第で自分のトークンの使い道を拡張することも可能です。

「REAL BOOST」で支援を受けるためには、bacoor株式会社の審査を通過する必要があり、審査に通過した受援者が自分のトークンをREAL BOOSTにて発行することが可能になる流れです。なお各受援者のトークンはbacoor株式会社がリリースしたスマートフォン向けアプリケーション「HB Wallet」を用いて、スマートフォンから管理することができます。

「HB Wallet」アプリ公式サイト

従来のクラウドファンディングサイトとの違い

従来のクラウドファンディングサイトの多くは、法定通貨を用いた決済方法が主流であり、国際送金にかかるコスト等の問題から国境を超えた支援を活発に行うことは現実的ではありません。また、プロジェクト立案者が支援金を受け取るタイミングはプロジェクトの期日終了時が一般的であり、プロジェクト実行中に支援金を使用することは困難です。

「REAL BOOST」は日本語・英語・中国語対応を予定しており、国内外を問わず受援者を募集する予定です。また、イーサリアムを使っているため、受援者は支援金をほぼリアルタイムに受け取ることができます。

仮想通貨を使ったサービスが活性化

最近は仮想通貨を使ったサービスが登場し始めています。仮想通貨のボーダーレスな点や送金スピードの早さ、少額での支援が可能などの特徴を活かしており、こうしたサービスがこれから更に出てくるかもしれません。

関連するキーワード


イーサリアム

関連する投稿


イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

以前より2017年夏頃に実施予定と言われていたイーサリアムのアップデート(メトロポリス)が9月下旬に行われることがわかりました。メトロポリスは予定されている大型アップデートの3段階目となり、スマートコントラクトの簡略化などが予定されています。


イーサリアム企業連合(EEA)に複数の法律事務所が参加

イーサリアム企業連合(EEA)に複数の法律事務所が参加

世界中の名立たる大企業が参加するEnterprise Ethereum Alliance(EEA/イーサリアム企業連合)に複数の法律事務所と学術機関が参加することがわかりました。仮想通貨は法的な面での整備が追いついていない状況だけに、今回の参加には意義がありそうです。


イーサリアム(ETH)の国別取引量。日本円での取引は小さい?

イーサリアム(ETH)の国別取引量。日本円での取引は小さい?

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。国内取引所の大半が取り扱いをしています。しかし、国別の取引量を見ると日本円での取引は小さく、韓国ウォンや米ドルでの取引が多いことがわかります。


時価総額2位のイーサリアム。最も安く購入できる取引所は?

時価総額2位のイーサリアム。最も安く購入できる取引所は?

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。国内取引所でも大抵取引することができます。今回はイーサリアムを扱う取引所の購入価格を比較してみたいと思います。


UNICEF(ユニセフ)がイーサリアム活用へ向け実験

UNICEF(ユニセフ)がイーサリアム活用へ向け実験

UNICEF(ユニセフ)関連のUNICEF Venturesは、仮想通貨イーサリアムのスマートコントラクトを活用し、資金移動に関する実験を行うことを発表しました。寄付においては、自身の寄付金がどのように使われているのか不透明な部分がありますが、全ての活動を見ることができるようになり、透明性の高い運用が期待できます。


最新の投稿


【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

【2017年8月23日】リップル(XRP)価格が約2ヶ月ぶりに30円台に

8月23日は昨日に引き続きリップル(XRP)価格が高騰しています。価格は約2ヶ月ぶりに30円台にのりました。他の仮想通貨も全体的に上昇していて、ビットコインやBitcoin Cashも価格を戻しています。


NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

NTTデータなど14社がブロックチェーン活用のコンソーシアムを発足

8月15日、NTTデータは「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を8月30日に発足すると発表しました。企業をまたいだ貿易事務にブロックチェーンを適用することで、効率化を目指す試みです。


仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

仮想通貨取引所のチャット機能、最終的には自分で判断を

大手仮想通貨取引所であるbitFlyer、coincheck、Zaifなどはチャット機能があります。チャットはリアルタイムにユーザー同士でコミュニケーションを取ることができる便利な機能ですが、不安を煽るような投稿も散見されるため注意が必要です。


ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)の国別取引量。中国の取引量が多い

ライトコイン(LTC)はビットコインが金なら銀に例えられる仮想通貨です。日本では意外にも人気が今ひとつですが、世界ではビットコイン、イーサリアムに次いで取引量の多い仮想通貨になります。国別で見ると中国の取引量が圧倒的です。


50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

50万円手前のビットコインと競争が激しくなるアルトコイン

2017年8月に入りビットコイン価格が高騰しています。20万円台だった価格は一気に50万円を捉えるところまできています。ビットコインの問題に影響され暴落していたアルトコインの相場も良くなっており、数倍~数十倍の伸びを記録する種類も出てきています。


人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin