イーサリアム(ETH)の国別取引量。日本円での取引は小さい?

イーサリアム(ETH)の国別取引量。日本円での取引は小さい?

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です。国内取引所の大半が取り扱いをしています。しかし、国別の取引量を見ると日本円での取引は小さく、韓国ウォンや米ドルでの取引が多いことがわかります。


イーサリアム(ETH)の国別取引量

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨として知られています。国内取引所の大半が取り扱っていますが、国別の取引量を見ると日本円はほとんどシェアがないことがわかります。最も大きな取引量を誇るのが韓国ウォン(KRW)です。続いてビットコイン(BTC)、米ドル(USD)、人民元(CNY)となっています。

日本円でのイーサリアム取引量

では日本円でのイーサリアム取引量はどのくらいなのでしょうか。何と順位は19位であり、シェアは0.01%にも達しません。カナダドル、オーストラリアドル、香港ドル、インドルピーなどよりも取引量が少なくなっています。

BTC建てで取引されているのでは?

そこで思い付くのがBTC建てで取引されているのではないかという仮説ですが、BTC建てでの取引所ごとの取引量をチェックすると国内の取引所はランクインしていないことがわかります。PoloniexとBittrexがほとんどのシェアを占めています。この2つの取引所は国内の利用者も多いため、日本人が取引している可能性もありますが、ビットコインに比べると圧倒的に少ないことがわかります。国内取引所ではbitFlyerが10位にランクインしており、シェアは1%程です。

イーサリアムは長期保有者が多い?

当然カウントされていない取引所もあるため一概には言えませんが、国内においてイーサリアムは短期売買する投資家が少なく長期保有者が多いのかもしれません。将来的な価格上昇が期待されていることから、多くの投資家が保有してはいますが、ほとんど動かさないケースが多いのではないでしょうか。国内取引所ではイーサリアムのレバレッジ取引ができないことも影響しているかもしれません。

イーサリアムを扱う主な取引所

イーサリアムは国内取引所の大半が扱っています。主要な取引所では、coincheckやbitFlyer、bitbank.ccなどです。coincheckではイーサリアムを含めて国内最多12種類の仮想通貨が取引できます。bitFlyerはイーサリアム含めて5種類、bitbank.ccではイーサリアム含めて6種類となっています。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyerの詳細はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitbank.ccの詳細はこちら

イーサリアムは韓国ウォン、ビットコイン、米ドルの影響が大きい

イーサリアムは韓国ウォン、ビットコイン、米ドルの3通貨で9割近くの取引量を占めています。アルトコインの中ではビットコインでの取引量が少なく、他のアルトコイン程ビットコインの影響を受けないと言えるかもしれません。こうした要素も参考しながらイーサリアム取引をしてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


イーサリアム

関連する投稿


【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

【国内取引所】イーサリアム(ETH)の売買手数料&スプレッド比較

イーサリアム(ETH)はほとんどの国内取引所で取引することができます。ビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨であり、取引量も大きいです。今回はイーサリアムを扱う取引所の売買手数料やスプレッドを比較していきます。


メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

メトロポリスが控えるも上値が重いイーサリアム(ETH)、今後の相場は?

イーサリアムは2017年前半だけで50倍程の価格上昇を記録しました。しかし、最近は上値が重い展開が続いています。10月にはメトロポリスのハードフォークが控えていますが、あまり価格には反映されていません。


KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始

KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始

KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所、クーガー株式会社の3社は、国内で初めて「Enterprise Ethereum (エンタープライズ イーサリアム)」を活用したスマートコントラクトの実証実験を開始することを発表しました。


堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

堅調な価格推移のイーサリアムとライトコイン。現状と今後

2017年8月に入り、数倍に高騰するアルトコインが増える中、堅調な価格推移をしているのがイーサリアムとライトコインです。アルトコインの代表格とも言えるイーサリアムとライトコインの現状や今後を考察してみます。


イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

イーサリアム、9月下旬にアップデート(メトロポリス)へ

以前より2017年夏頃に実施予定と言われていたイーサリアムのアップデート(メトロポリス)が9月下旬に行われることがわかりました。メトロポリスは予定されている大型アップデートの3段階目となり、スマートコントラクトの簡略化などが予定されています。


最新の投稿


アルトコインの短期売買に適した取引所は?

アルトコインの短期売買に適した取引所は?

ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼びます。日本では15種類程のアルトコインを取引することが可能です。ただ、アルトコインの短期売買に適した取引所はそれ程多くなく、取引所ごとの特徴を知ることが重要です。


ヒロセ通商がライオンコインを設立。仮想通貨取引所参入へ

ヒロセ通商がライオンコインを設立。仮想通貨取引所参入へ

FX取引大手のヒロセ通商が、2018年2月上旬にライオンコイン株式会社を設立し、仮想通貨取引事業に参入することを発表しました。事業開始日は決まっていませんが、2019年3月までにサービスを開始する予定です。


【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

【2018年1月17日】暴落した仮想通貨相場。ビットコインは一時100万円割れ

仮想通貨相場は数日前から下落していましたが、昨日30%前後の暴落をし、本日1月17日も30%以上価格を下げています。ビットコインは一時100万円を割り込み、アルトコインも総崩れです。仮想通貨全体の時価総額は50兆円を割り、ピーク時から30兆円以上縮小しています。


三菱東京UFJ銀行、「MUFGコイン」活用のハッカソンを開催

三菱東京UFJ銀行、「MUFGコイン」活用のハッカソンを開催

三菱東京UFJ銀行は、「デジタル通貨で生まれる新たな世界」をテーマとしたハッカソン「Fintech Challenge 2018-Color the world, color your life #MUFGCOIN-」を開催することを決定し、1月15日より一般募集を開始しました。


仮想通貨相場が暴落。中国人民銀行副総裁の発言がきっかけか

仮想通貨相場が暴落。中国人民銀行副総裁の発言がきっかけか

2018年1月16日夕方から、仮想通貨相場が暴落しています。ビットコインは20%程、主要なアルトコインは30%前後下落している状況です。ロイターが報じた中国人民銀行副総裁の仮想通貨の取引所取引や個人・企業が提供する仮想通貨関連サービスを禁止すべきとの見解がきっかけになっているかもしれません。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin