仮想通貨の勢力図に変化?NEO、IOTA、Qtum、OmiseGoなどが時価総額上位に

仮想通貨の勢力図に変化?NEO、IOTA、Qtum、OmiseGoなどが時価総額上位に

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、NEM、DASHなどは長く時価総額上位にいる仮想通貨です。トップ10の顔ぶれは徐々に変化していますが、最近急速な変化が出てきています。IOTA、NEO、Qtum、OmiseGoなどの新興仮想通貨が上位に入るようになっています。


仮想通貨の時価総額ランキング

2017年8月14日時点の時価総額上位ランキングです。15位までの顔ぶれを見ると、大分変化があることに気づきます。まず注目なのは、突如現れたBitcoin Cash。一時はリップルを抜き3位まで上昇しました。ご存知の通り、ビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨です。ここまでの価値があるかどうかは微妙ですが、ビットコインの1割程の価格を維持しており、今後も重要な役割を担っていく可能性があります。

NEO、IOTA、Qtum、OmiseGo

そして急速に時価総額を拡大しているのがNEO、IOTA、Qtum、OmiseGoです。NEOはライトコインやNEMを抜いて5位にまで浮上しています。IOTAは上場後すぐに時価総額トップ10に入りました。QtumやOmiseGoの伸びも凄まじいです。時価総額トップ10には必ずランクインしていたMoneroなどが、こうした新興仮想通貨に押されつつあります。

日本でお馴染みの仮想通貨は?

日本ではcoincheckが12種類と最多の仮想通貨を扱っています。少し前までは全て時価総額上位にランクインしていましたが、新しい仮想通貨の登場により順位を下げている種類も多いです。ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、Monero、リップル、NEM、ライトコイン、DASHは15位以内に入っていますが、LISK(26位)、Factom(42位)、Augur(29位)、Zcash(19位)は順位を下げつつあります。

NEO、IOTA、Qtum、OmiseGoの概要

NEOはAntsharesから名前を変えました。中国初のパブリックブロックチェーンプロジェクトであり、中国版イーサリアムと呼ばれている存在です。マイクロソフトやアリババとも提携しており、中国において非常に注目されています。8月1日に800円程だった価格は、14日に5,600円程まで伸びています。僅か半月で7倍の成長です。上場後からは100倍以上になっています。QtumもNEOと同じく中国のブロックチェーン企業が展開しています。こうして見ると中国パワーを感じざる負えません。

IOTAはIOT(モノのインターネット)に導入することを目的に開発された仮想通貨です。上場後いきなり時価総額トップ10に入りました。しばらく横ばいの価格でしたが、8月に入り高騰しています。OmiseGoはイーサリアムベースのウォレットアプリケーションです。NEOと同様に最近高騰を続ける仮想通貨になります。7月中旬に40円台だった価格は8月14日時点で760円台まで高騰しています。

変化の早い仮想通貨市場

NEO、IOTA、Qtum、OmiseGoなどの新興仮想通貨が時価総額上位にランクインしてきています。特にNEOは伸びが凄まじく、ライトコインやNEMを抜き時価総額5位です。今後主要な仮想通貨として扱われていくかもしれません。今後も新しい仮想通貨が次々に生まれ、勢力図は頻繁に変化していきそうです。

最新の投稿


日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合と報道

改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指している日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が4月に統合すると日本経済新聞が報道しました。


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で