LISK(LSK)価格が800円を突破。数日で約4倍に

LISK(LSK)価格が800円を突破。数日で約4倍に

LISK(LSK)価格が高騰しています。200円台だった価格は8月23日に400円台、25日に500円台、26日に600円台となり、27日に800円を超えました。一時869円を記録しています。わずか4日で約4倍となっていますが、要因は何なのでしょうか?


LISK(LSK)価格が800円を突破

LISK(LSK)価格が高騰しています。200円台だった価格は8月23日に400円台、25日に500円台、26日に600円台となり、27日に800円を超えました。一時869円を記録しています。過去最高価格であった500円が攻防ラインになるかとも思いましたが、あっさり更新してしまいました。わずか4日で約4倍となっており、高騰するアルトコインの中でも目立つ存在になっています。

LISK高騰の要因は?

まず考えられるのが、Lisk core 1.0へのアップデートです。9月に実施される予定となっています。同時にブランディングの再構築も行われる予定で、もしかしたらLISKという名称が変更されるかもしれません。名称変更はDASH(旧Darkcoin)やNEO(旧Antshares)など他の仮想通貨でも行われており、一定の成果を上げていることから期待が持てるかもしれません。

そして、インドの取引所に上場したことも大きいでしょう。BitBay Indiaという取引所で、イーサリアム、DASH、ライトコインなど時価総額トップ10に入るアルトコインとともにLISKの取り扱いも開始されています。インドの仮想通貨取引量はそこまで大きくないですが、人口が多くポテンシャルは圧倒的です。

LISKを扱う取引所

LISKは大手取引所のcoincheckで取引できます。国内で扱っているのはcoincheckのみです。coincheckはLISK含め13種類の仮想通貨を取引することができる、国内最多の銘柄を扱う取引所になります。取引所というと難しいイメージがあるかもしれませんが、coincheckはシンプルな画面設計で初心者の方でも簡単に取引することができます。

coincheckの詳細はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2017年5月~6月に近い状況か

8月に入り複数のアルトコインが数倍以上の高騰をしています。比較的新しいアルトコインの高騰が目立っていましたが、最近になり以前より展開する時価総額上位アルトコインの高騰が目立ってきました。ご存知の通り、5月~6月は改正資金決済法の施行などにより仮想通貨投資家が急増し相場が高騰しましたが、8月はそれに近い状況になっている印象です。特段材料がなくても上昇する種類が出てきています。循環物色と言われますが、一巡すると調整局面に入るためリスクも把握した上で投資判断をしてください。

関連するキーワード


LISK

関連する投稿


LISK(LSK)価格が400円に高騰。割安な銘柄に物色か

LISK(LSK)価格が400円に高騰。割安な銘柄に物色か

2017年6月7日、LISK(LSK)価格が300円を突破し一時398円まで高騰しました。前日の終値が230円だったので、1日で2倍近く高騰したことになります。特に2倍になるような材料はないことから、割安な銘柄が物色されている可能性もありそうです。


LISK(LSK)価格が200円台に急騰。イーサリアムの関連買いか

LISK(LSK)価格が200円台に急騰。イーサリアムの関連買いか

5月24日、LISK(LSK)価格が200円を突破しました。19日から上昇基調になりましたが、この時点では70円台だったため、わずか数日で3倍の価格が付いたことになります。LISKはイーサリアムと同じスマートコントラクトが特徴の仮想通貨なので、イーサリアムの関連買いの可能性があるかもしれません。


LISK(リスク)価格が上昇中。イーサリアムよりも優れたスマートコントラクト?

LISK(リスク)価格が上昇中。イーサリアムよりも優れたスマートコントラクト?

LISK(リスク)はイーサリアムと同様にスマートコントラクトを特徴とする仮想通貨です。スマートコントラクトは、取引で行われる契約を自動的にブロックチェーン上に残すことができ将来性が期待されています。LISKはイーサリアムよりも優れた特徴があり、価格上昇が期待できます。


仮想通貨「LISK(リスク)」とは。スマートコントラクトが特徴。

仮想通貨「LISK(リスク)」とは。スマートコントラクトが特徴。

LISK(リスク)はスマートコントラクトを特徴とする仮想通貨です。スマートコントラクトは取引で行われる「契約」を自動的にブロックチェーン上に残すことができます。イーサリアムがこの特徴を持っていることで有名です。ではLISKとイーサリアムは何が違い、LISKにはどのような特徴があるのでしょうか。


最新の投稿


SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

日本の大手保険グループであるSOMPOホールディングスは、世界有数のブロックチェーン技術提供企業であるビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin