AnyPay(エニーペイ)が国内最大級のICOConferenceを開催

AnyPay(エニーペイ)が国内最大級のICOConferenceを開催

AnyPay株式会社は、2017年10月5日(木)に仮想通貨による資金調達方法であるICO(Initial Coin Offering)に関するカンファレンス「ICO Conference powered by AnyPay」を開催することを発表しました。


AnyPay(エニーペイ)が国内最大級のICOConferenceを開催

AnyPay株式会社は、2017年10月5日(木)に仮想通貨による資金調達方法であるICO(Initial Coin Offering)に関するカンファレンス「ICO Conference powered by AnyPay」を開催することを発表しました。

プログラム

・ICO概況、国内外の事例紹介
  AnyPay株式会社 ICO 事業推進担当 山田悠太郎

・ICOの法的整理、今後の見解
  創法律事務所 弁護士 斎藤創

・仮想通貨の歴史、今後の展望
  株式会社bitFlyer 代表取締役 加納裕三
  AnyPay株式会社 代表取締役 木村新司

・ICOについて考える。ICOが今、注目される理由。
  株式会社メタップス 代表取締役 佐藤 航陽
  株式会社gumi 代表取締役社長 國光宏尚
  株式会社VALU 代表取締役 小川晃平
  AnyPay株式会社 代表取締役 木村新司

・ICOコンサルティング事業の紹介・展望
  AnyPay株式会社 代表取締役 木村新司

・今後実施のICO事例紹介

開催概要

・開催日時:2017年10月5日(木) 14:00~17:50(受付開始 13時30分)
・会場  :虎ノ門ヒルズフォーラム
〒105-6305 東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階
・参加費 :5,000円(税込)
・主催 :AnyPay株式会社
・対象 :投資家の方、ベンチャーキャピタル、ICO実施に興味のある企業の方

ICO Conference powered by AnyPay

https://ico-conference.anypay.jp/

ICO Conference powered by AnyPay 2017.10.5(木)@虎ノ門ヒルズ 国内最大級のICOConference開催を決定!各セッションでは仮想通貨、FinTech領域への造詣の深い方が登壇します。

AnyPayについて

AnyPayは、オンライン決済サービス「AnyPay(エニーペイ)」やわりかんアプリ「paymo(ペイモ)」を展開している会社です。アトランティス、Gunosyを立ち上げ成功に導いてきたシリアルアントレプレナーである木村新司氏が代表を務めています。

AnyPayは8月末にICOコンサルティング事業へ参入することを発表し話題を集めました。社内のプロフェッショナル(戦略コンサルティングファーム、投資銀行出身者等)に加え、社外の有識者や取引所等、国内外のパートナーも含めた金融・仮想通貨に造詣の深いチームでICO固有で必要なサポート(法律/会計観点からのスキーム検討、トークン発行・組成、国内外へのPR・マーケティング)をワンストップで提供する内容です。

今回のカンファレンスは、ICOコンサルティング事業を開始したことをきっかけに、ICOに関して理解を深めるために実施されるようです。

ICOへの理解を深めるきっかけに

今回のカンファレンスは抽選制となりますが、ICOに関心がある投資家は応募してみてはいかがでしょうか。弁護士による法的面からの話など、さまざまな視点からICOへの理解を深めるきっかけになると思います。

関連するキーワード


ICO

関連する投稿


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」がプレセールを開始

コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」がプレセールを開始

コスプレイヤープラットフォーム「AMPLE!」を運営する株式会社AMPLE(本社:東京都港区)は、2017年11月15日12:00〜11月30日11:59の期間中、AMPLE!コイン(ACO)のプレセールを開始します。12月5日からスタートするトークンセール時の約2/3の価格でACOを購入することができます。


金融庁がICO(Initial Coin Offering)に関する注意喚起

金融庁がICO(Initial Coin Offering)に関する注意喚起

ICO(Initial Coin Offering)に関しては各国の規制当局が詐欺などの注意喚起を行っていますが、日本の金融庁からも10月27日に注意喚起が出されました。規制に関する内容にも触れられています。


ICO参加は長期的な視点も重要

ICO参加は長期的な視点も重要

ICOはInitial coin offeringの略で、実施する企業やプロジェクトが独自トークンを発行して世界中の人からビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で出資をしてもらう仕組みです。ICOは上場後すぐに売り抜けることを考えがちですが、今後は長期的視点も重要になってくるでしょう。


COMSAトークンのICO。調達額100億円規模に

COMSAトークンのICO。調達額100億円規模に

COMSAトークンのICO(トークンセール)は10月2日~11月6日まで開催されています。10月27日現在、調達額は約8,700万ドル相当に達し、100億円規模になりました。ICO史上トップ10に入る調達規模であり、注目度の高さが伺えます。


最新の投稿


SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

日本の大手保険グループであるSOMPOホールディングスは、世界有数のブロックチェーン技術提供企業であるビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。


coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

coincheck(コインチェック)が二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

大手仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)が、二段階認証設定で30,000Satoshi(0.0003BTC)をプレゼントするキャンペーンを開催しています。二段階認証はセキュリティ上必須とも言えるので、この機会に設定してみてはいかがでしょうか。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin