Poloniex(ポロニエックス)にOmiseGOが上場。0x、Civicと新規上場が続く

Poloniex(ポロニエックス)にOmiseGOが上場。0x、Civicと新規上場が続く

9月12日、世界最大級のアルトコイン取引所であるPoloniex(ポロニエックス)にOmiseGOが上場しました。Poloniexでは、しばらく新規上場がありませんでしたが、最近になり0x、Civicと注目の仮想通貨の新規上場が続いています。


Poloniex(ポロニエックス)にOmiseGOが上場

9月12日、世界最大級のアルトコイン取引所であるPoloniex(ポロニエックス)にOmiseGOが上場しました。このニュースを受けて、OmiseGOの価格は20%程高騰しています。OmiseGOは2017年7月に上場したばかりですが、既に30倍以上の価格上昇を記録しています。

中国のYunbiでは上場廃止

中国人民銀行によるICO禁止の影響で、中国の取引所であるYunbiでOmiseGOは上場廃止になりました。しかし、今回のPoloniex上場はそれを打ち消すようなインパクトです。その他数多くの仮想通貨が中国で上場廃止になっていますが、NEOがBitfinexに上場するなど有力な仮想通貨は新たな展開を見せています。

Poloniexに0x、Civic、OmiseGoと新規上場が続く

Poloniexでは、しばらく新規上場がありませんでしたが、最近になり0x、Civic、OmiseGOと注目の仮想通貨の新規上場が続いています。アメリカでは7月末にSEC(米国証券取引委員会)がTheDAOに関するレポートを公表しました。The DAOは金融商品であり規制対象になる可能性があるという内容です。

その後Poloniexは上場ポリシーについての発表を行いました。上場している仮想通貨の見直しを行い、証券に該当する可能性のあるものは上場廃止の可能性もあるといった内容です。証券と見なされる仮想通貨の定義がどうなるか微妙ですが、少なくとも最近上場したOmiseGoなどの仮想通貨においては問題ないと判断されているのでしょう。

ICO実施プロジェクトには、上場戦略が求められる

ICOに関する規制は各国で強化されています。取引所の審査も厳しくなるでしょうし、上場するための戦略がICO実施時点で求められるかもしれません。プロジェクトの内容はもちろん、政治力、マーケティング力など総合的な力が必要になってくると感じます。ただ、これはトークンを購入する側にとってもプラスであり、一段階洗練された市場になっていくのではないでしょうか。

関連するキーワード


Poloniex OmiseGo 0x Civic

関連する投稿


仮想通貨「Civic(CVC)」とは。個人認証システム

仮想通貨「Civic(CVC)」とは。個人認証システム

Civicは一言で言えば、ブロックチェーンを使った個人認証システムです。現在、さまざまなサービスを利用するにあたり、本人確認をしたりIDとパスワードを入力したりする必要がありますが、そうした状況を改善しあらゆる個人認証に適用されることを目指しています。


仮想通貨「0x(ゼロエックス/ZRX)」とは。分散型取引所?

仮想通貨「0x(ゼロエックス/ZRX)」とは。分散型取引所?

0x(ゼロエックス/ZRX)は一言で言えば分散型取引所のプロジェクトです。分散型取引所はDEX(Decentralized Exchange)と呼ばれるものですが、0xはイーサリアムトークン(ERC20)を手数料なしで交換できる点が最大の特徴です。


仮想通貨「OmiseGo(OMG)」とは。価格が高騰中

仮想通貨「OmiseGo(OMG)」とは。価格が高騰中

OmiseGo(OMG)はイーサリアムベースのウォレットアプリケーションです。OmiseGoを展開するOmiseは2013年に設立、タイ・バンコクに拠点を置き東南アジア向けの決済プラットフォームを開発する会社です。日本人起業家長谷川潤氏がCEOを務めています。


PoloniexとBitfinexが米ワシントン州での業務を停止へ

PoloniexとBitfinexが米ワシントン州での業務を停止へ

海外の大手仮想通貨取引所であるPoloniexとBitfinexが米ワシントン州での業務を停止することがわかりました。新しい法律が施行されたことによる処置で、今後営業を再開するには免許を取得する必要があります。アメリカは州によって法律も規制も異なるため、それぞれ対応が必要です。


仮想通貨取引所「Poloniex(ポロニエックス)」とは。口座開設や入金方法。

仮想通貨取引所「Poloniex(ポロニエックス)」とは。口座開設や入金方法。

Poloniex(ポロニエックス)は世界有数の取引量を誇る海外の取引所ですが、国内の利用者が多いことで知られています。理由は扱う仮想通貨の多さです。100種類近いアルトコインを扱っています。Poloniexの概要や口座開設、入金方法を紹介します。


最新の投稿


コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

コインベースが発表した「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」とは

世界最大級の仮想通貨取引所であるアメリカのコインベースが、「Coinbase Commerce(コインベース・コマース)」を発表しました。コインベース・コマースを利用すれば、ECサイトは簡単に仮想通貨決済を導入することができます。


Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

Smart Trade、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始

AIによる仮想通貨の投資アルゴリズムなどを提供する株式会社Smart Tradeは、エメラダ株式会社が提供する「エメラダ・エクイティ」を通じて、株式投資型クラウドファンディングによる募集を開始しました。


ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

ライトコインの「LitePay(ライトペイ)」とは

2月13日、ライトコインを使った即時決済アプリ「LitePay(ライトペイ)」が、2月26日にリリースされると発表されました。この発表を受け、ライトコイン価格は上昇しましたが、LitePayとはどのようなものなのでしょうか。


【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

【2018年2月16日】ビットコイン価格が1万ドルに回復。ZAIFトークンが上昇

2月16日の仮想通貨相場は、昨日と大きな変化はありません。上昇している種類も下落している種類もありますが、いずれも小幅な値動きとなっています。ビットコインは昨日100万円台に回復しましたが、ドル価格でも節目の1万ドルに回復しました。


仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が剛力彩芽さんを起用したテレビCMを開始

仮想通貨取引所「Zaif」が、2月16日より女優の剛力彩芽さんを起用したテレビCM「ビットコインするならZaif 〜ハピネス篇〜」(15秒)を開始しました。仮想通貨取引所のテレビCMはbitFlyerやDMM Bitcoinなどに続き4社目となります。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で