Poloniex(ポロニエックス)にOmiseGOが上場。0x、Civicと新規上場が続く

Poloniex(ポロニエックス)にOmiseGOが上場。0x、Civicと新規上場が続く

9月12日、世界最大級のアルトコイン取引所であるPoloniex(ポロニエックス)にOmiseGOが上場しました。Poloniexでは、しばらく新規上場がありませんでしたが、最近になり0x、Civicと注目の仮想通貨の新規上場が続いています。


Poloniex(ポロニエックス)にOmiseGOが上場

9月12日、世界最大級のアルトコイン取引所であるPoloniex(ポロニエックス)にOmiseGOが上場しました。このニュースを受けて、OmiseGOの価格は20%程高騰しています。OmiseGOは2017年7月に上場したばかりですが、既に30倍以上の価格上昇を記録しています。

中国のYunbiでは上場廃止

中国人民銀行によるICO禁止の影響で、中国の取引所であるYunbiでOmiseGOは上場廃止になりました。しかし、今回のPoloniex上場はそれを打ち消すようなインパクトです。その他数多くの仮想通貨が中国で上場廃止になっていますが、NEOがBitfinexに上場するなど有力な仮想通貨は新たな展開を見せています。

Poloniexに0x、Civic、OmiseGoと新規上場が続く

Poloniexでは、しばらく新規上場がありませんでしたが、最近になり0x、Civic、OmiseGOと注目の仮想通貨の新規上場が続いています。アメリカでは7月末にSEC(米国証券取引委員会)がTheDAOに関するレポートを公表しました。The DAOは金融商品であり規制対象になる可能性があるという内容です。

その後Poloniexは上場ポリシーについての発表を行いました。上場している仮想通貨の見直しを行い、証券に該当する可能性のあるものは上場廃止の可能性もあるといった内容です。証券と見なされる仮想通貨の定義がどうなるか微妙ですが、少なくとも最近上場したOmiseGoなどの仮想通貨においては問題ないと判断されているのでしょう。

ICO実施プロジェクトには、上場戦略が求められる

ICOに関する規制は各国で強化されています。取引所の審査も厳しくなるでしょうし、上場するための戦略がICO実施時点で求められるかもしれません。プロジェクトの内容はもちろん、政治力、マーケティング力など総合的な力が必要になってくると感じます。ただ、これはトークンを購入する側にとってもプラスであり、一段階洗練された市場になっていくのではないでしょうか。

関連するキーワード


Poloniex OmiseGo 0x Civic

関連する投稿


仮想通貨「Civic(CVC)」とは。個人認証システム

仮想通貨「Civic(CVC)」とは。個人認証システム

Civicは一言で言えば、ブロックチェーンを使った個人認証システムです。現在、さまざまなサービスを利用するにあたり、本人確認をしたりIDとパスワードを入力したりする必要がありますが、そうした状況を改善しあらゆる個人認証に適用されることを目指しています。


仮想通貨「0x(ゼロエックス/ZRX)」とは。分散型取引所?

仮想通貨「0x(ゼロエックス/ZRX)」とは。分散型取引所?

0x(ゼロエックス/ZRX)は一言で言えば分散型取引所のプロジェクトです。分散型取引所はDEX(Decentralized Exchange)と呼ばれるものですが、0xはイーサリアムトークン(ERC20)を手数料なしで交換できる点が最大の特徴です。


仮想通貨「OmiseGo(OMG)」とは。価格が高騰中

仮想通貨「OmiseGo(OMG)」とは。価格が高騰中

OmiseGo(OMG)はイーサリアムベースのウォレットアプリケーションです。OmiseGoを展開するOmiseは2013年に設立、タイ・バンコクに拠点を置き東南アジア向けの決済プラットフォームを開発する会社です。日本人起業家長谷川潤氏がCEOを務めています。


PoloniexとBitfinexが米ワシントン州での業務を停止へ

PoloniexとBitfinexが米ワシントン州での業務を停止へ

海外の大手仮想通貨取引所であるPoloniexとBitfinexが米ワシントン州での業務を停止することがわかりました。新しい法律が施行されたことによる処置で、今後営業を再開するには免許を取得する必要があります。アメリカは州によって法律も規制も異なるため、それぞれ対応が必要です。


仮想通貨取引所「Poloniex(ポロニエックス)」とは。口座開設や入金方法。

仮想通貨取引所「Poloniex(ポロニエックス)」とは。口座開設や入金方法。

Poloniex(ポロニエックス)は世界有数の取引量を誇る海外の取引所ですが、国内の利用者が多いことで知られています。理由は扱う仮想通貨の多さです。100種類近いアルトコインを扱っています。Poloniexの概要や口座開設、入金方法を紹介します。


最新の投稿


SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

SOMPOホールディングス、ブロックチェーン企業ビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結

日本の大手保険グループであるSOMPOホールディングスは、世界有数のブロックチェーン技術提供企業であるビットフューリーと戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。


デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

デジタルガレージ、Blockstream社と戦略事業提携

株式会社デジタルガレージは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社(本社:カナダ・モントリオール)との日本における事業連携に関して正式契約を締結しました。両社の戦略的な技術連携をより強化することを通じて、日本市場をブロックチェーン技術で世界をリードするマーケットに育てることを目的にしています。


【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

【2017年11月21日】ビットコイン93万円台まで上昇。アルトコインも総じて上昇

11月21日の仮想通貨相場は、ビットコイン価格が93万円台まで上昇しました。また過去最高価格の更新です。アルトコインも総じて5%~10%くらい上昇していて好調な相場になっています。


ICOに参加する基準とは

ICOに参加する基準とは

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を使った資金調達方法がICOです。実施する企業やプロジェクトは独自トークンを発行して世界中の人から仮想通貨でトークンを購入してもらいます。さまざまなICOが行われているわけですが、参加する基準はあるのでしょうか。


【仮想通貨の一覧】チェックする方法や分類方法

【仮想通貨の一覧】チェックする方法や分類方法

2017年11月現在、仮想通貨は1,300種類ほど存在しています。全ての内容を理解することは不可能に近く、投資をする際はある程度絞り込んでから詳細を調べていく必要があります。今回は仮想通貨の一覧をチェックする方法や分類方法を紹介します。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin